シベリア大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5.5億年前のシベリア(左下薄桃)、バルティカ(緑色)、ローレンシア(濃桃)
現在のシベリアのクラトン部分

シベリア大陸(シベリアたいりく)とは、現在のユーラシア大陸のうち、ロシアのシベリア地方を大陸に見立てた言葉で、実際に、シベリア地方の大部分は、原生代初期から地表に存在してきたクラトン(「安定陸塊」「楯状地」とも呼ばれる非常に古い陸上プレート。クラトンが移動によって集成して大陸が形成されたとする)と考えられている。アンガラ大陸の別名があるが、この場合はゴンドワナ大陸に繁茂した植物群との対比で使われ、シベリアに加えてモンゴルから中国北部、朝鮮半島までも含まれる。地下資源が非常に多様で豊富な地域である。

地質時代史[編集]

洪水玄武岩で形成されたプトラナ台地の風景
ノリリスクで産する白金(砒白金鉱)の結晶
カスピ海の東側のガス田地帯にあるダルヴァザ(地獄の門)。事故以来天然ガスが50年近く燃え続けている。
  • 将来仮定されている予測

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「アンガラ植物群」の名は標準化石を産したアンガラ川流域に因む。
  2. ^ 実際、この地域は標高が海面下のカスピ海沿岸低地(最下部は海面下28m)やトゥラン低地カルスト地形にはいくつがあるポリエ(溶食盆地)の1つ、カラギーエ英語版 は 10kmx40kmにもなり、海面下 132m)などとなっている。なお、中国内陸にあるトルファン盆地はさらに低い(海面下154m)が、こちらは造山運動に伴う褶曲で生じた凹地であり成因が違う。

出典[編集]

  1. ^ a b Rogers, J. J. W. (1996). “A history of continents in the past three billion years”. Journal of Geology 104: 91–107, Chicago. Bibcode 1996JG....104...91R. doi:10.1086/629803. JSTOR 30068065. 
  2. ^ JOGMEC『ロシアのシェールオイル開発の現状 -バジェノフ層とドマニク層-』
  3. ^ JOGMEC『石油・天然ガス開発のフロンティア 「東シベリア」を拓く』
  4. ^ ナショナルジオグラフィック『海の研究探検隊 JAMSTEC 第2回 永久凍土が解けて、森が枯れる理由』

参考文献[編集]