シマヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社シマヤ
SHIMAYA Co.,Ltd.
シマヤ本社社屋(山口県周南市)
本社社屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
745-0043
山口県周南市都町1-57
北緯34度3分13.5秒 東経131度48分4.4秒 / 北緯34.053750度 東経131.801222度 / 34.053750; 131.801222座標: 北緯34度3分13.5秒 東経131度48分4.4秒 / 北緯34.053750度 東経131.801222度 / 34.053750; 131.801222
本店所在地 746-0038
山口県周南市福川3丁目8番31号
北緯34度4分24.5秒 東経131度44分13.3秒 / 北緯34.073472度 東経131.737028度 / 34.073472; 131.737028
設立 1950年5月[1]
業種 食料品
事業内容 風味調味料味噌醤油等各種調味料の製造・販売
代表者 代表取締役社長 原田道太
資本金 1億円
売上高 110億8,600万円(2017年度実績)
従業員数 334名(2018年3月末現在)
主要株主 東洋水産株式会社 61.0%
外部リンク http://www.shimaya.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社シマヤ: SHIMAYA Co.,Ltd.)は、山口県周南市に本社を置く、即席だしの素味噌などの各種調味料を製造・販売する企業である。

コーポレート・スローガンは「やさしく、おいしく。」。

概要[編集]

1890年(明治23年)に山口で嶋屋商店として創業される。創業当初から味噌の製造販売業を中心とした醸造業を中心としており、他にも醤油の製造もおこなっていた。

1950年(昭和25年)に株式会社に改組すると、調味料中心のメーカーに転身する。1964年(昭和39年)かつお節粉末とうま味調味料等を調合した粉末風味調味料「シマヤだしの素」を発売。これがロングセラー商品となる。

現在はうま味調味料を用いない天然材料のみを使用した、だしの素や濃縮つゆなどを主力商品としている。また味噌・醤油(ぶちうまいシリーズ)は山口県と広島県島根県鳥取県及び福岡県の一部のみで販売されているが、東京都内にある山口県のアンテナショップでも販売されている他、シマヤの通販サイトでも購入できる。

2011年3月14日、『マルちゃん』ブランドで知られる東洋水産と資本・業務提携を締結した。

企業マスコットキャラクターは「みそらちゃん」。

事業所[編集]

本社
山口県周南市都町1-57
生産本部
山口県周南市新地町7-1
商品開発部
山口県周南市新田2-9-1
大阪事業所(営業本部・大阪支店)
大阪府大阪市淀川区宮原5-1-18 新大阪第27松屋ビル13階
東京支店
東京都港区港南2-13-40 品川TSビル5階
名古屋支店
愛知県名古屋市名東区社台3-230 グランドビル5階
中四国支店
広島県広島市中区舟入町6-2 野原ビル5階
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-10-35 CLUB博多駅東オフィスビル301号
岡山営業所
岡山県岡山市北区今3-9-6 グロースIビル2F
山口営業所
山口県周南市福川3-8-31
沖縄営業所
沖縄県那覇市松山1丁目17番44号 八重洲第3ビル202号

主な商品[編集]

スポンサー活動[編集]

数年前までは、山口県内以外のテレビ局(日本テレビ系や朝日放送世界一周双六ゲーム」の末期前前半筆頭スポンサーをタケダに替わって全国ネット時から担当、関西テレビ制作番組での提供経験はゼロ)でCMが流れていたが、現在は山口放送のテレビ・ラジオCMが中心である(ラジオでも一時期在京局や在阪局のラジオスポットで広告展開をしていた。現在は毎日放送ラジオの『ありがとう浜村淳です土曜日です』のスポンサーを持つのみ。

1970年代から長年にわたり、CM長山藍子を起用していた。その他1991年頃には羽田美智子1997年頃には岩崎ひろみもCMに出演していた。また、山口県など一部地域でのみ販売されている味噌「ぶちうまい」には、地元山口県出身の津田恒美(元広島投手)がCMに出演していた。「津田君どお?」のナレーションに対し、津田が「ぶちうまい」と言う内容で1990年頃まで放送されていた。なお会長の原田亮彦は、津田の出身校である山口県立南陽工業高等学校野球部の後援会長を務めていた。

また、過去に存在した吉本興業の劇場・うめだ花月緞帳のスポンサーとしても知られた[2]

過去の提供番組

脚注[編集]

  1. ^ 創業は1890年(明治23年)嶋屋商店として。
  2. ^ 後身となるなんばグランド花月の緞帳は、シマヤだしの素のライバル商品である味の素の「ほんだし」がスポンサーになっている。