シミ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シミ
Lepisma saccharina.jpg
セイヨウシミ Lepisma saccharina
尾部に尾毛と尾糸がはっきり写っている
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: シミ目(総尾目、房尾目)Zygentoma
  • シミ科 Lepismatidae
  • ムカシシミ科 Lepidotrichidae
  • メナシシミ科 Nicoletiidae
  • マインドロニア科 Maindroniidae

シミ目(シミもく、総尾目房尾目Zygentoma)は、昆虫綱の1。「シミ(衣魚、紙魚)」と総称される。人家に生息するものがを食害すると思われていたため「紙魚」と書かれる。英語では「silverfish」という。

かつては、無翅類の1目で現在のイシノミ目、および昆虫でない近縁とされるコムシ目イシノミ目を含むこともあったが、これらは現在ではシミ目より基盤的な系統として分けられている[1][2]

シミ目は原始的な特徴を持った昆虫の1つである。地球に存在する100万種ともいわれる全生物種の約6割を占める昆虫類のうち、シミ目はごくわずかである。これは進化の過程で無翅類が短期間で翅を獲得したためと考えられている[3]

特徴[編集]

シミ目は昆虫としては原始的な無変態であり、卵から孵化した幼虫は成虫とほぼ同じ形で、などの段階を経ずに、そのまま脱皮を繰り返し成虫となる。脱皮によって変化するのは大きさだけで、形態の変化はほとんど見られない。しかも、成虫になっても絶えず成長し続けるので、一生脱皮し続ける。

体はやや偏平で、細長い涙滴形をしている。頭には長い触角が伸びている。胸部から腹部にかけては、滑らかにつながっている。腹部には各体節に1対の腹毛がある。これは腹部体節の付属肢の痕跡と考えられており、この類の原始的特徴と見られる。腹部の末端には一対の尾毛と、一本の尾糸という細長い突起がある。体表面には鱗片が一面に並んでいる。この鱗粉は翅が進化する以前の形態をとどめているといえる(実際に、シミ目の昆虫は総て翅を有していない)。

動きが速く、くねるように走るため「」の字を充てられている。

7-8年生き、昆虫としては比較的寿命が長い。

屋内で紙や乾物を食うのが有名であるが、野外でも樹皮下などに生息するものや、アリの巣に入るものもいる。

書籍古文書などを食害することで知られる[4]。特に糊付けされた紙を好み、本の表紙や掛軸などの表面を舐めるように食害する[4]。ただし、シミ類による食害には表面を浅くかじり取る特徴があり穿孔食害することはない[4]。書籍や古文書、掛軸などの表面に直径1mm程度の虫孔を穿ち、そこからトンネルを掘って食害するのはシバンムシ類による食害の特徴である[4]

直射日光には弱く、死ぬことが多い。そのため負の走光性を持っている。

分類[編集]

  • シミ科 Lepismatidae
    • ヤマトシミ属 Ctenolepisma
      • ヤマトシミ Ctenolepisma villosa:やや褐色、日本在来の室内種
      • セスジシミ Ctenolepisma lineata:茶褐色で光沢に乏しい。名前の通り背に縦線模様がある。
    • セイヨウシミ属 Lepisma
    • Thermobia属
      • マダラシミ Thermobia domestica:近年日本でも、餌として飼育されている
  • ムカシシミ科 Lepidotrichidae
  • メナシシミ科 Nicoletiidae
  • マインドロニア科 Maindroniidae

文化[編集]

シミを扱った文学作品[編集]

紙魚は季語

  • 俳句『逃るなり 紙魚の中にも 親よ子よ』(小林一茶
  • 「ぬし」『御書物同心日記収録』(出久根達郎
  • 「文字食う虫について」『ドラコニア綺譚集収録』(澁澤龍彦

喩え[編集]

書物の紙を食べる虫であることから、本食い虫である学者の世間知らずをあざける言葉として用いられ(青木正次 『雨月物語 下 全訳注』 講談社学術文庫 28刷2000年 p.258)、例として、『雨月物語』「貧福論」には、「紙魚(しぎょ)のいうところもゆえなきにあらず(本食い虫達が言うところにも根拠がないわけではない)」と表現されている。

参照[編集]

  1. ^ Michael W. Gaunt; Michael A. Miles (2002), “An Insect Molecular Clock Dates the Origin of the Insects and Accords with Palaeontological and Biogeographic Landmarks”, Mol Biol Evol 19 (5): 748-761, doi:10.1093/oxfordjournals.molbev.a004133 
  2. ^ Kjer; KARL M.; et al. (2006), “A molecular phylogeny of Hexapoda.”, Arthropod Syst Phylogeny 64 (1): 35-44, http://phthiraptera.info/Publications/47128.pdf 
  3. ^ 昆虫の起源と進化を明らかにする
  4. ^ a b c d 山野 勝次「<昆虫学講座(後編)>文化財の材質からみた主要害虫」『文化財の虫菌害67号(2014年6月)』、 18-25頁。