シムテック・S941

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
シムテック S941
ローランド・ラッツェンバーガーが乗るシムテック・S941(サンマリノグランプリにて)
カテゴリー F1
コンストラクター シムテック
デザイナー ニック・ワース
後継 シムテック・S951
主要諸元
エンジン フォード・HB 3,500cc V8
主要成績
チーム MTV・シムテック・フォード
ドライバー オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー
イタリアの旗 アンドレア・モンテルミーニ
フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン
イタリアの旗 ドメニコ・スキャッタレーラ
日本の旗 井上隆智穂
出走時期 1994年
初戦 1994年ブラジルGP
最終戦 1994年オーストラリアGP
テンプレートを表示

シムテック・S941は、ニック・ワースが設計したF1マシンで、1994年シーズンシムテックが使用した。

目次

概要

1994年に新規参戦したシムテックが最初に使用したマシンで、チーム代表でシャーシ・デザイナーでもあるニック・ワースが製作した。

エアロダイナミシストであるワースは空力面で独自のデザインを採用した。フロントサスペンションはロワウィッシュボーンのマウント位置をホイールセンターの高さまで持ち上げ、タイロッドをそれと水平に配置した。ノーズは先端部分のみが垂れ下がるスラントノーズを採用した。

エンジンはフォードHBのステージ6(カスタマー仕様)を搭載し、タイヤはグッドイヤーを装着した。

1994年シーズン

過去にブラバムチームで代表を務めたジャック・ブラバムが共同経営者として参加し、ジャックの次男デビッド・ブラバムをチームのエースドライバー、全日本F3000選手権等日本のレースで活躍したローランド・ラッツェンバーガーをセカンドドライバーとして起用した。

しかし、ラッツェンバーガーは第3戦サンマリノGP予選中で事故死し、第5戦スペインGPからラッツェンバーガーの後任として起用されたアンドレア・モンテルミニも、予選で両足を複雑骨折するなどアクシデントし遭遇した。さらに、新チームにまとわりつく資金難の影響で彼らの後任はジャン=マルク・グーノン、ドメニコ・スキャッタレーラ井上隆智穂と交代が相次いだ。

予選では常に後方集団に埋もれながらも、決勝では安定した走りを見せ、ブラバム、ラッツェンバーガー、グーノン、スキャッタレーラのドライビングで計12回完走を記録した。

スペック

シャーシ

  • シャーシ名:S941
  • ホイールベース:2,880mm
  • トレッド
    • 前:1,700mm
    • 後:1,600mm
  • タイヤ:グッドイヤー

エンジン

  • エンジン名:フォードHB
  • 気筒数・角度:V型8気筒・75度
  • 排気量:3,500cc
  • 燃料:エルフ
  • 潤滑油:エルフ

記録

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
PAC
日本の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1994 31 オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム 12 Ret Ret Ret 10 14 Ret 15 Ret 11 Ret Ret Ret Ret 12 Ret 0 -
32 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー DNQ 11 DNS
イタリアの旗 アンドレア・モンテルミーニ DNQ
フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン 9 16 Ret Ret 11 Ret 15
イタリアの旗 ドメニコ・スキャッタレーラ 19 Ret
日本の旗 井上隆智穂 Ret