シモナ・アマナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモナ・アマナール Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍  ルーマニア
生年月日 (1979-10-07) 1979年10月7日(38歳)
故郷 コンスタンツァ
種目 女子体操競技
引退 2001
 
獲得メダル
女子 体操競技
オリンピック
1996 アトランタ 種目別跳馬
2000 シドニー 個人総合
2000 シドニー 団体総合
1996 アトランタ 種目別ゆか
1996 アトランタ 個人総合
1996 アトランタ 団体総合
2000 シドニー 種目別ゆか
テンプレートを表示

シモナ・アマナールSimona Amânar, 1979年10月7日 - )は、ルーマニアコンスタンツァ(Constanţa)出身の女子体操選手

人物[編集]

特に跳馬で無類の強さを見せたが、その他の競技においても安定した強さを持っていた。ルーマニアの女子体操選手としてはナディア・コマネチの9個に次ぐ、7個のオリンピックメダルを獲得している。

アマナールは1990年代後半から2000年までルーマニアナショナルチームのキャプテンを務めた。2001年に世界のトップの実力を維持したまま引退、2002年に結婚した。引退時、身長158cm、体重44kg。

また、アマナールは国際大会で「ユルチェンコ2回半ひねり」を成功させた最初の女子選手でこの技は「アマナール」とも呼ばれており、2000年のシドニーオリンピックで発表した。

また同オリンピックで個人総合の金メダルも獲得しているが、これはアマナールのチームメイトのアンドレーア・ラドゥカンドーピング疑惑による資格剥奪にともなう繰り上げ金であり、アマナール自身は金メダルはラドゥカンのものであるとし、ルーマニア帰国後にラドゥカンに返還した。2007年国際体操殿堂入りしている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Simona Amanar - The International Gymnastics Hall of Fame” (英語). 国際体操殿堂. 2017年12月18日閲覧。

関連項目[編集]