シモン・ルナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シモン・ルナール
Simon Renard.jpg
シモン・ルナールの肖像(アントニス・モルによる)
職業 皇帝カール5世の大使, スペイン王フェリペ2世の顧問官.
配偶者 Jeanne Lullier

シモン・ルナール:Simon Renard de Bermont, 1513年 - 1573年)は、16世紀に活動した外交官。神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)とその息子スペインフェリペ2世の顧問官であり、カール5世の大使としてフランスイングランドに赴任した。イングランドでは、フェリペ2世とイングランド女王メアリー1世の結婚の交渉にあたった。姓である Renard はフランス語で「狐」を意味する。

生涯[編集]

フランシュ=コンテ地方のヴズールで生まれ、ドル、後にルーヴァンで法律を学んだ。当時、フランシュ=コンテ(ブルゴーニュ伯領)は、スペイン・ハプスブルク家の支配下にあった。

ルーヴァンで共に学んだアントワーヌ・ド・グランヴェルの父(カール5世の大臣)の推薦を得て、枢密院に加わり、主要な政治課題を討議する立場となった。カール5世の大使として1549年にフランス、1553年から1555年に渡ってイングランドに赴任した。イングランド大使としての大きな成果は、フェリペ2世とメアリー1世の結婚である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]