シモーナ・ガラッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモーナ・ガラッシ
基本情報
本名 シモーナ・ガラッシ
通称 Romagna Queen
階級 フライ級
身長 165cm
国籍 イタリアの旗 イタリア
誕生日 (1972-06-27) 1972年6月27日(45歳)
出身地 フォルリ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 23
KO勝ち 4
敗け 3
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
イタリアの旗 イタリア
女子 ボクシング
世界選手権
2001 スクラントン フライ級
2002 アンタルヤ フライ級
2005 ポドルスク フライ級
ヨーロッパ選手権
2003 ペーチ フライ級
2004 リッチョーネ フライ級
2005 トンスベルグ フライ級

シモーナ・ガラッシSimona Galassi1972年6月27日 - )は、イタリアの女子プロボクサーフォルリ出身。

来歴[編集]

世界選手権フライ級3連覇を達成、ヨーロッパ選手権フライ級3連覇を果たすなど輝かしい実績を残しプロに転向。

2006年10月8日、ミラノでデビュー戦を行い、2回TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2007年1月9日、ベルガモでナディア・ホックミとEBU女子フライ級王座決定戦を行い、1-1(97-92、95-95、93-96)の判定で引き分けた為プロ3戦目での王座獲得に失敗した。

2007年5月11日、エミリア=ロマーニャ州ベルティノーロでベティーナ・フォルカーとEBU女子フライ級王座決定戦を行い、10回1分18秒TKO勝ちを収めプロ5戦目にして王座獲得に成功した。

2007年12月28日、フォルリでフロアレア・リヘットと対戦し、3-0(3者とも100-90)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2008年3月29日、フォルリWBC女子世界フライ級王者ステファニー・ビアンキーニと対戦し、3-0(98-92、98-91、99-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年7月18日、チヴィタノーヴァ・マルケアイリーン・オルシェウスキーと対戦し、3-0(2者が99-91、99-92)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2008年10月24日、ミラノステファニー・ビアンキーニと対戦し、3-0(2者が100-90、99-91)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2009年12月4日、ゼルデンのフライツァイト・アレーナでアジザ・オーバイタと対戦し、3-0(2者が99-91、100-90)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2010年3月12日、エミリア=ロマーニャ州ベルティノーロエスメラルダ・モレノと対戦し、3-0(100-89、100-90、99-90)の判定勝ちを収め4度目の防衛に成功した。

2010年11月20日、モンテレイモンテレー・アリーナで暫定王者マリアナ・フアレスと王座統一戦を行う予定だったが、理由は不明だが中止となった。

2011年3月11日、メキシコシティで暫定王者マリアナ・フアレスと王座統一戦を行い、プロ初黒星となる0-3(2者が93-97、94-96)の判定負けを喫し王座統一に失敗し王座から陥落した。

2011年10月28日、カリャリでナデージュ・ジコラとIBF女子世界スーパーフライ級初代王座決定戦を行い、3-0(100-91、2者が100-90)の判定勝ちを収め2階級制覇に成功した。

2012年4月14日、ヴェネト州ヴィチェンツァレナータ・セベレディと対戦し、3-0(3者とも96-94)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年10月27日、ヴェネト州パドヴァレナータ・セベレディとWBC女子世界フライ級王座決定戦を行い、3回1分49秒TKO負けを喫し1年7ヵ月ぶりの王座返り咲きに失敗した。

2013年6月15日、エミリア=ロマーニャ州ベルティノーロでサナエ・ジョーとEBU女子フライ級王座決定戦を行い、3-0(3者とも98-92)の判定勝ちを収め王座への返り咲きに成功した。

2013年12月7日、シュトゥットガルトポルシェ・アレーナWBA女子世界フライ級王者スージー・ケンティキアンと対戦し、0-3(94-98.5、91.5-99、95.5-97)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2014年5月23日、エミリア=ロマーニャ州モリネッラでガリナ・コレバ・イバノバと対戦し、5回1分12秒、3-0(2者が40-36、40-37)の負傷判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2014年8月8日、ローマでラティティア・アルザリーと対戦し、3-0(97-94、98-94、100-91)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2015年2月7日、エミリア=ロマーニャ州フェラーラでロレダナ・ピアッツァと対戦し、3-0(2者が97-93、96-94)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

戦績[編集]

  • 28戦 23勝 4KO 3敗 1分 1無効試合

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

前王者
ステファニー・ビアンキーニ
第2代WBC女子世界フライ級王者

2008年3月29日 - 2011年3月11日

次王者
マリアナ・フアレス
空位
2011年設立
初代IBF女子世界スーパーフライ級王者

2011年10月28日 - 2012年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
デボラ・ディオニシウス