シャオロン (中日ドラゴンズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャオロン
SHAOLON
中日ドラゴンズ マスコット #1997
基本情報
国籍 不明
出身地 不明
選手情報
ポジション マスコット
初出場 1997年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

シャオロンSHAOLON)は、日本プロ野球中日ドラゴンズマスコットキャラクター。1997年にナゴヤドーム開場と同時に採用された新しいペットマークを基にしている。デザインは公募で決定され、ドラゴンズの頭文字であるDとドラゴンがモチーフになっている。名前は「小さい龍」から「シャオ(小)ロン(龍)」と名付けられた。

図案のためか、真正面から見たり予備知識がないと何の生き物か分からずカバと誤解される事が多々ある。

マスコットとしての特徴など[編集]

  • ドラゴンズマスコットのリーダー。性別は不明だが、恐らくオスと思われる。
  • 現在付けている背番号は登場年と同じ1997。2003年までは777を付けていた。ユニフォームは常にホーム用を着用しているが、夏の「ゆかたデー」では浴衣姿で登場している。
  • ペットマークとの違いは、腕と足首がある、ユニフォームを着ている、胴回りが大きい、目は丸っこく瞳にハイライトが入っている等が挙げられる。
  • 鼻の穴はファンとのグリーティングの最中は閉じている。また、表面からは見えないが頭の下には口がある。
  • ドラゴンとしては小さいもののマスコットとしてはかなりのボリュームで、身長はナゴヤドームのグランド通路の高さとほぼドンピシャである。それゆえ他球場訪問や球場外でのイベントの際には、大きな足のため段差に弱い、巨大な頭のため狭いドアや通路が通れない、視界も悪く周りの様子が分からないなどの制約があり、お留守番が多い[1]。ただし、セ・パ交流戦での他球場訪問には数は少ないものの初年度から参加している。
  • ドアラの傍若無人と相まって極めて優等生のように見られがちであるが、いたずらをしたりと茶目っ気がある。近年はドアラ人気が再燃しており、焦っているかと思われるが、あまり関心がないようである。
  • 好きな食べ物はドーナツと肉[2]

エピソード[編集]

登場初期[編集]

ナゴヤドーム開場と同時に華々しく登場したものの、当初は極めて鈍重な動作であったため、イニングの合間に出てきても満足に動けず帰っていくのが関の山であった。しかしそのお陰で、アクション要員としてドアラが残留することにつながった。

その後、肉体改造で胴回りがかなりスリムになり、機動力が大幅に向上。バイクを乗りまわすことや外野スタンドまで足を伸ばすことができるようになり、チアドラゴンズに勝る抜群のダンス技術でダンスを披露している。

なお、登場初期の球団グッズには「ペットマークとしてのシャオロン」と区別する意味で「スタジアムシャオロン」と名づけられていた。

パオロン登場[編集]

2000年シーズンからはシャオロンの女の子バージョンとしてパオロン(宝龍)が登場。シャオロンとの関係について球団側は当初、兄妹であると発表したが、後に兄妹とも友達とも言われている不思議な関係と変更された。2006年発行の「中日ドラゴンズ70年史」にもしっかり明記されており、未だ謎である(詳細はパオロンの項を参照)。現在では、シャオロンと同様に性別は不明という立場らしい。

その他[編集]

2000年に放送されたテレビ番組、雷波少年日本テレビ系)の一コーナーであった「熱狂的巨人ファン vs 中日ファン2000」で、巨人が6連勝した時、参加した巨人ファンへのご褒美のひとつとして巨人のマスコット・ジャビットを呼び寄せたところ、参加していた中日ファンが「シャオロンに会いてぇ・・・」と嘆いた事があった。シャオロンは中日ファンに手紙の返事を出したことがある。(当時ドアラは、まだ現在のような人気ではなかった)。

誕生から現在まで[編集]

1997年
  • 3月12日にドラゴンズの新本拠地、ナゴヤドームが開場。ドラ坊やに代わる新しいペットマークとして採用され、同時に着ぐるみも登場した。当時の背番号は777
1999年
  • 10月22日に日本プロ野球全12球団のマスコットが図案化された日本プロ野球セパ誕生50周年記念切手が発行[3]。ドラゴンズ代表として図案化される(ドアラは起用されなかった)。
2003年
  • 尻尾の部分が強化されイラストに忠実となる。しかし、尻尾を引っ張られる悪戯被害に遭うことに。以前は尻尾の強度が弱く垂れないように細いワイヤーが頭部とつなげられていた。
2004年
  • ユニフォーム新調にあわせ、ドアラとともに背番号を変更。登場年の1997となった[4]
2005年
  • この年からプロ野球交流戦開始。同時にパ・リーグ所属球団主催試合の遠征にも全試合ではないが参加するようになる。
2007年
  • シャオロンが主役のマスコットイベント「シャオロンデー」を4月8日に初開催。前年の「ドアラデー」が好評だった事から「パオロンデー」とともに実現した。

脚注[編集]

  1. ^ こうした事情もあり、ドラゴンズのマスコット交流はドアラをメインにした体制をとっている。
  2. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - マスコットのご紹介” (日本語). dragons.jp. 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ 写真ではなく、各球団公式のイラストを切手化したもの。発行当時のイラストのため、同じマスコットでも現在と容姿が異なるものも存在する。
  4. ^ この年以降、ドラゴンズの球団マスコットの背番号は、各登場年(西暦)の4桁に統一されている。

関連項目[編集]