シャカビーチ〜Laka Laka La〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャカビーチ〜Laka Laka La〜
UVERworldシングル
初出アルバム『PROGLUTION
B面 Rainy
sorrow[file named “moment”]
リリース
規格 マキシシングル
12cmDVD(初回生産限定盤)
録音 2007年4月21日-7月8日
ジャンル ロック
オルタナティブ・ロック
ミクスチャー・ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル gr8!records (SME)
作詞・作曲 UVERworld
TAKUYA∞
プロデュース UVERworld
TAKUYA∞
平出悟
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
UVERworld シングル 年表
endscape
2007年
シャカビーチ〜Laka Laka La〜
(2007年)
浮世CROSSING
(2007年)
PROGLUTION 収録曲
counting song-H
(5)
シャカビーチ~Laka Laka La~ (album ver.)
(6)
GROOVY GROOVY GROOVY
(7)
Neo SOUND BEST 収録曲
ゼロの答
(7)
シャカビーチ~Laka Laka La
(8)
浮世CROSSING
(9)
ミュージックビデオ
「シャカビーチ〜Laka Laka La〜」 - YouTube
テンプレートを表示

シャカビーチ〜Laka Laka La〜」(シャカビーチ ラカ ラカ ラ)は、UVERworldの8枚目のシングルである。発売元は、gr8!records(SME)。

概要[編集]

PVは前作に引き続き、久保茂昭が監督を勤めている。

初のノンタイアップシングルであり、メディア露出も極端に少なかったが、オリコンチャートで初登場2位を記録。

2010年の6月〜7月に行われたレコチョクの「夏うたランキング」では、第6位にランクインした。

キャッチコピーは、『ド夏到来!灼熱の日本列島を疾走する、UVERworld初のシーズナルソング

収録内容[編集]

CD
  1. シャカビーチ〜Laka Laka La〜
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
    UVERworldでは珍しくサンバ調のリズムや、ラテン系の歌詞が含まれている曲である。PVではファンクラブから募集したエキストラ80人と撮影。撮影時間は、約18時間と最長となった。PVの撮影場所は、由比ガ浜と横須賀である。バーの演奏では、倉庫を利用している。Laka Laka La(ラカラカラ)と歌詞で言っている所は実際は「Laka Laka Love」(ラカラカラブ)と歌っている。最後の無音部分に聞こえる場所の音量をあげると裏歌詞が入っている。この曲は、真太郎をイメージして作曲したとインタビューでTAKUYA∞は語っている。「シャカビーチ」のシャカはハワイの挨拶であると同時に英語の混ぜる「シェイク」からも来ており、ビーチを「揺らせ」という意味もある。
    雑誌のインタビューでTAKUYA∞は、「UVERworldのファンは低年齢層が多いから、シャカビーチ以上の過激な歌詞は書かない」と語っている。
  2. Rainy
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
    冒頭のピアノはTAKUYA∞自身が弾いており、TAKUYA∞自らピアノの伴奏をするのは、4thシングル「Colors of the Heart」のカップリング曲「一人じゃないから」(2ndアルバム『BUGRIGHT』にも収録)以来2度目である。また、TAKUYA∞はUVER家のTVで「冒頭のピアノは適当に弾いているから、また弾けといわれても弾けない」と語っている。
  3. sorrow[file named “moment”]
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:TAKUYA∞
    この曲は、曲が始まる前に4分弱の空白がある。これはデビューの日の7月6日に合わせて、曲が終わる時間を7分06秒にするためである。2007年11月2日に、音楽番組『MUSIC STATION』内のコーナー、Mトピでこのエピソードが紹介された。ライブでは、序盤のTAKUYA∞のヒューマンビートボックスの部分から1stシングル「D-tecnoLife」のカップリング曲「Mixed-Up」へ繋げている。また、この曲についてTAKUYA∞は、「賛否両論が分かれるだろう」と語っている。

初回生産限定盤[編集]

DVD
  1. Burst
    "UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007"の追加公演として、2007年の4月27日から4月30日にかけて行われた"UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007 〜Toward endscape〜"のうち、4月27日のZepp Tokyoでのライブ映像。
  2. UNKNOWN ORCHESTRA
    "UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007"の追加公演として、2007年の4月27日から4月30日にかけて行われた"UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007 〜Toward endscape〜"のうち、4月27日のZepp Tokyoでのライブ映像。
  3. UVERworld“JUMP CLIPS”
    UVERworldのライブやPVで演奏中にジャンプしている様子を編集した映像。ちなみに、映像のバックで流れている曲は「Nitro」である。

収録アルバム[編集]

  1. シャカビーチ〜Laka Laka La〜
    • 3rdスタジオ・アルバム『PROGLUTION』にアルバムバージョンとして「シャカビーチ〜Laka Laka La〜 (album ver.)」を収録。
    • 1stベスト・アルバム『-Neo SOUND BEST-
  2. Rainy
    • なし
  3. sorrow[file named “moment”]
    • なし

関連項目[編集]