シャクンタラー (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャクンタラー
1166 Sakuntala
仮符号・別名 1930 MA[1]
1962 KA[1]
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1930年1月27日[1]
発見者 P. パルホメンコ[1]
軌道要素と性質
元期:2019年4月27日(TDB 2458600.5)[1]
軌道長半径 (a) 2.535 au[1]
近日点距離 (q) 2.005 au[1]
遠日点距離 (Q) 3.067 au[1]
離心率 (e) 0.209[1]
公転周期 (P) 4.04 [1]
(1,474.866 [1]
軌道傾斜角 (i) 18.925°[1]
近日点引数 (ω) 189.780°[1]
昇交点黄経 (Ω) 106.678°[1]
平均近点角 (M) 324.056°[1]
物理的性質
直径 25.78 km[2]
26.32 ± 0.39 km[3]
28.74 ± 0.9 km[4]
29.249 ± 0.130 km[5]
自転周期 6.2915 ± 0.0002 時間[6]
スペクトル分類 S[2]
絶対等級 (H) 8.80[4]
9.9[2][5]
10.40[1][3]
アルベド(反射能) 0.185 ± 0.006[3]
0.2270 ± 0.0315[5]
0.2914[2]
0.6460 ± 0.040[4]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

シャクンタラーまたはサクンタラ[7] (1166 Sakuntala) は小惑星帯に位置する小惑星の一つである。ソビエト連邦天文学者、プラスコフヤ・パルホメンコがシメイズ天文台で発見した[1]

古代インド・グプタ朝(320年 - 550年)時代に成立した戯曲、あるいはそのヒロインであるシャクンタラーに因んで命名された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q JPL Small-Body Database Browser: 1166 Sakuntala (1930 MA)”. JPL Small-Body Database. Jet Propulsion Laboratory. 2019年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c d LCDB Data for (1166) Sakuntala”. Asteroid Lightcurve Database (LCDB). 2019年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c Usui, Fumihiko; Kuroda, Daisuke; Müller, Thomas G.; Hasegawa, Sunao; Ishiguro, Masateru; Ootsubo, Takafumi; Ishihara, Daisuke; Kataza, Hirokazu et al. (2011). “Asteroid Catalog Using Akari: AKARI/IRC Mid-Infrared Asteroid Survey”. Publications of the Astronomical Society of Japan 63 (5): 1117–1138. Bibcode2011PASJ...63.1117U. doi:10.1093/pasj/63.5.1117. http://pasj.oxfordjournals.org/content/63/5/1117.full.pdf+html. 
  4. ^ a b c Tedesco, E. F.; Noah, P. V.; Noah, M.; Price, S. D. (2004). “IRAS Minor Planet Survey V6.0”. NASA Planetary Data System 12: IRAS-A-FPA-3-RDR-IMPS-V6.0. Bibcode2004PDSS...12.....T. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2004PDSS...12.....T. 
  5. ^ a b c Mainzer, A.; Grav, T.; Masiero, J.; Hand, E.; Bauer, J.; Tholen, D.; McMillan, R. S.; Spahr, T. et al. (2011). “NEOWISE Studies of Spectrophotometrically Classified Asteroids: Preliminary Results”. The Astrophysical Journal 741 (2): 25. arXiv:1109.6407. Bibcode2011ApJ...741...90M. doi:10.1088/0004-637X/741/2/90. 
  6. ^ Brincat, Stephen M. (2016). “Rotation Period Determinations for 1166 Sakuntala and 3958 Komendantov”. The Minor Planet Bulletin 43 (3): 200–201. Bibcode2016MPBu...43..200B. ISSN 1052-8091. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2016MPBu...43..200B. 
  7. ^ 全世界の観測成果 ver.2 (Excel)”. 薩摩川内市せんだい宇宙館 (2018年3月3日). 2019年5月8日閲覧。

関連項目[編集]