シャゼル=シュル=リヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Chazelles-sur-Lyon
Blason ville fr Chazelles-sur-Lyon (Loire).svg
Chazelles sur Lyon-Usine Fléchet VH-20160317.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ロワール県Blason département fr Loire.svg
(arrondissement) モンブリゾン郡
小郡 (canton) フール小郡
INSEEコード 42059
郵便番号 42140
市長任期 ピエール・ヴェリセル
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Forez Est
人口動態
人口 5150人
2014年
人口密度 246人/km2
住民の呼称 Chazellois(es)
地理
座標 北緯45度38分22秒 東経4度23分33秒 / 北緯45.6394444444度 東経4.3925度 / 45.6394444444; 4.3925座標: 北緯45度38分22秒 東経4度23分33秒 / 北緯45.6394444444度 東経4.3925度 / 45.6394444444; 4.3925
標高 平均:? m
最低:414 m
最高:631 m
面積 20.91km2
Chazelles-sur-Lyonの位置(フランス内)
Chazelles-sur-Lyon
Chazelles-sur-Lyon
公式サイト chazelles-sur-lyon.fr
テンプレートを表示

シャゼル=シュル=リヨンChazelles-sur-Lyon)は、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ロワール県コミューン

地理[編集]

コミューンはコワーズ川に隣接する。

歴史[編集]

シャゼル=シュル=リヨンは、現在のノートルダム教会より古く、13世紀に消え失せてしまっているサン=ロマン=ル=ヴュー教会(イル・バルブ修道院に属す)の教区として存在した[1]

1148年、フォレ伯ギィ2世はフォレ伯領のシャゼルの権利を聖ヨハネ騎士団の騎士たちに割譲した。彼らがコミューンとしてのシャゼル=シュル=リヨンの名を与え、伝承によると、騎士たちはフェルトを作る技術をもたらしたという。

1889年、ヴィリセル・シャゼル駅と、5km離れたサン・サンフォリアン・シュル・コワーズ駅との間のトラム運行が始まった。1899年から1933年までの間に、年間平均約10万人の乗客を運び、廃止されるまでピーク時には15000トンの商品が運ばれた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2014年
5717 5546 5360 5021 4895 4801 5074 5150

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ "Sanctum Romanum Senem" (1130-1150) Chart. du Forez, n°2, p. 4. - ""Ecclesia Sancti Romani Vetuli"" (1183) Masures de l'Ile-Barbe, T. I, p. 117.
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=9056
  3. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/2534314?geo=COM-42059
  4. ^ http://www.insee.fr