シャッフル同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シャッフル同盟(シャッフルどうめい)は、テレビアニメ機動武闘伝Gガンダム』に登場する架空の集団。

概要[編集]

古くから「秩序の守り手」と呼ばれ、歴史上の数多くの戦いや事件を陰から調停したという最強の武闘集団。5人のメンバーで構成され、各自が拳に「シャッフルの紋章」と呼ばれるトランプスート(マーク)を模した紋章を宿している。並の人間の比ではない高い戦闘力を持ち、「コロニー格闘技五天王」との別名を持つ。

劇中史においては、ガンダムファイトを提唱し、コロニー国家間の全面戦争を回避させたE.C.デューサー教授はシャッフル同盟と交流があったともいわれる。同盟と紋章は代々継承され、主人公のドモン・カッシュは4711代目[1]キング・オブ・ハートにあたる。なお、最終話でドモンとレイン・ミカムラが「石破ラブラブ天驚拳」を放った際に出現した人物像は、初代キング・オブ・ハートである。シャッフルの紋章は継承しても前任者がその資格を失う訳ではない。劇中では、マスター・アジアがドモンとの最終決着の際に、拳に浮かび上がらせていた。

作中ではシャッフル同盟の一員でありながら、災いをもたらさんとする東方不敗マスター・アジアを処断すべく新宿に出現。その際、交戦したサイ・サイシージョルジュ・ド・サンドアルゴ・ガルスキーチボデー・クロケットが自身らの後継者と気付くと、それぞれの後継者となる若者を自らの命と引き替えに、DG細胞から救い出した。劇中では、ドモンをはじめとする新シャッフル同盟のメンバーが合体技「シャッフル同盟拳」を放っている。

漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』では、東方不敗マスター・アジア(劇中ではシュウジ・クロス)ら旧シャッフル同盟の若い頃の出来事を描いている。

キング・オブ・ハートの名前の由来はフランス映画『まぼろしの市街戦』の英題[2]

メンバーの劇中での継承[編集]

劇中にて登場したシャッフル同盟の人物と、その人物から紋章を受け継いだ人物を記す(ただし、ドモン・カッシュは物語以前にマスター・アジアから紋章を受け継いでいる)。

メンバーの使用機体[編集]

劇中登場したメンバーとその搭乗機である。それ以前に関しては不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コスパ「ザクモノアイ蓄光パーカー」「ネオジャパン代表パーカー」などパーカー8種、12月下旬発売! | GUNDAM.INFO”. GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト. 2019年4月23日閲覧。
  2. ^ 岸川靖編「今川泰宏インタビュー」『ロマンアルバム エクストラ 機動武闘伝Gガンダム テクニカルマニュアルVOL.1 奥義大全』徳間書店、1994年12月30日、雑誌61578-17、33頁。