シャトースクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CHATEAU SCHOOL(シャトースクール)
所在地
東京都港区西麻布3-17-3
種別
種別 インターナショナルスクール
創立年月日 11.11.2011
創立者 リナ・ボヴリース
エリア 麻布
スクールカラー             ラベンダー、シルバー、グレー、ホワイト
平均比率 生徒 4 : スタッフ 1
対象年齢 0 - 6
理念 World Out of the Box
外部リンク www.chateau-school.com
分校 CANDY SCHOOL(キャンディスクール)

CHATEAU SCHOOL (シャトースクール)は、東京都麻布に拠点を置く、0歳から6歳までの子供たちのための多言語多文化インターナショナルスクール。多くの国の大使館の近くにあるスクールの世界のベストが集まっている「世界外交プログラム」は、国際主義と肯定的な関係を育むことに焦点を当てている。 毎日パスポートでチェックインし年間100カ国の文化を学ぶ。共通語は英語、フランス語、スペイン語の3言語が必須。質の高い教育、経験、サービスから「5つ星プレスクール」とも呼ばている。シャトースクールは東京で最も高額なプレスクール。セレブリティの子供達が数多く通う。 [1]

歴史[編集]

「子どもたちに並外れた現代世界や現実的な経験を通して多様性の価値やマルチカルチャリズムを教育すること」を目的に2011年11月11日に創立。[2]

創立者[編集]

ニューヨークとパリの名門パーソンズ美術大学シャネル出身のリナ・ボヴリースがデザインしている。各国のインターナショナルスクールで学んだ経験や、キャリアウーマンの困難な経験などに基づき研究を重ね、新しいコンセプトのスクールを開発。[3][4]

認定[編集]

認定基準により教育内容が一般化してしまうため、認定を一切していない。

世界初0歳から[編集]

幼児教育が最も効果的なのは0〜1歳、人生で教育が最も効果的なのは0〜6歳、脳の柔軟性はほとんど12歳で完了。ハーバード大学子供発達センターのリサーチ結果の明確な情報に基づいてプログラム化されている。教育を提供しているプレスクールは世界共通1歳半から始まるため「ビジョン、ヒアリング、言語」の吸収が最も高い0〜1歳が欠けている事と時代が変わり働く女性が出産後に社会復帰している現象から、世界初0歳から通学できる高度で学問的なスクールとなった。

コンセプト[編集]

「6歳になる前に自分が誰なのか発見し自分の人生をデザインする」教育プログラム。

プログラム[編集]

スクールにはマニュアルがなく、毎日異なるキーワードがある。キーワードに基づいて教師が自分でリサーチや地域交流を通して準備から完了まで担当。教師は大学・大学院卒修了と飛び抜けた才能が採用条件で国籍は様々。午前9時から午後3時はスクールのクラスがぎっしり詰まっており、午後3時から午後6時はクラブのクラスに自由参加ができる。生徒は「外交官」と呼ばれ、教師は「大使」と呼ばれている。「外交官」は毎日スクールパスポートでチェックインをして年間100カ国の文化を学べる。モンテッソーリ、外国語、リベラルアーツ、アクティビティなども充実。デジタル教育にも前向きで世界で初めて1歳からの3Dペン&3Dプリンターのクラスをプログラム化したスクールであり、プレスクールとして初めてアップル_(企業)の店舗で1時間のアートと数学のクラスを開催したスクールでもある。

スクールライフ[編集]

共通語は英語、第2カ国語、第3カ国語のクラスが0〜6歳まで毎朝必須。2ヶ国語、3ヶ国語は教師達と保護者達の投票で毎年決められる。スクールバスは地域内の自宅まで送迎。スクールランチは100%オーガニックで飲料水は無料でエビアン (ミネラルウォーター)が提供されている。外交官の招待による大使館への遠足がある。その他、毎月、宇宙センター、農園、祭り、コンサート、ハイテクラボ、コーヒーショップ、エルメスルイ・ヴィトンシャネルのアート展示会などユニークな遠足の内容が充実している。

スクールカラー[編集]

シルバー、ホワイト、グレー、ラベンダー。教室の家具、教材、制服もスクールカラーで統一されている。スクールで最も貴重なのは「子ども達の表情と子ども達が作った作品」という思想からスクールカラーが背景として引き立つよう全体の色が調整されている。[5]

シンボル[編集]

スターシンボルは大きな星といくつかの小さい星とトップのリボンでデザインされている。スターは幼児教育への愛のインスピレーションを受けた創立者の母の好きなシンボル、リボンは息子がフランス皇帝の名前を命名していることから国家秩序のバッジのリボンからインスピレーションを得ている。[6]

教材[編集]

教材はオリジナルデザインのモンテッソーリベースの木製教材と教師の手作りの教材がある。教材は「自分の才能を発見できる楽しい貴重品」というイメージを打ち出すため、子ども達が大好きなキャンディのジャーに入っていたり、ひとつひとつトレーの上に置かれている。[7]

制服[編集]

制服通学が義務づけられている。スクールカラーとシンボルがディテイル化されている。シャトースクールの制服はヴォーグ、ニュメロ、エル、WWD、フィガロやその他ファッション雑誌で取り上げられている。 [8][9]

所在地[編集]

所在地の麻布は50以上の大使館が所在する。大使や外交官などから本格的な文化交流をする事もスクールの大切なコンセプトとしている。

分校[編集]

世界各国のキャンディショップからインスピレーションを受けデザインしたポップでカラフルなCANDY SCHOOLは、アカデミックなCHATEAU SCHOOLのアクティビティプログラムの中で、特に英語とアート&クラフトに特化している。[10] [11]

CANDY SCHOOL (キャンディスクール)[編集]

クリエイティブスクール・セカンドブランド

ドキュメンタリー[編集]

2012年、情報番組にて、「最も進化している幼児教育」として紹介された。2016年フジテレビにて、シャトースクールの17分間独占ドキュメンタリーが放送された。 [12]

脚注[編集]