シャトールー=レザルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Châteauroux-les-Alpes

Blason Chateauroux-Alpes.svg
Chateauroux st marcellin.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Flag of Provence-Alpes-Cote dAzur.svg
(département) オート=アルプ県Blason département fr Hautes-Alpes.svg
(arrondissement) ギャップ郡
小郡 (canton) アンブラン小郡
INSEEコード 05036
郵便番号 05380
市長任期 ジャン=マリー・バラル[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de l'Embrunais
人口動態
人口 1110人
2013年
人口密度 12人/km2
地理
座標 北緯44度36分55秒 東経5度31分21秒 / 北緯44.6153度 東経5.5225度 / 44.6153; 5.5225座標: 北緯44度36分55秒 東経5度31分21秒 / 北緯44.6153度 東経5.5225度 / 44.6153; 5.5225
標高 平均:m
最低:811m
最高:3120m
面積 92.84km2 (9 284ha)
Châteauroux-les-Alpesの位置(フランス内)
Châteauroux-les-Alpes
Châteauroux-les-Alpes
テンプレートを表示

シャトールー=レザルプChâteauroux-les-Alpes)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏オート=アルプ県コミューン

地理[編集]

アンブランの北東7kmのところにある。セール・ポンソン湖の東端から8km離れている。

国道94号ギャップ・ブリアンソン・モンジュネーヴル線はシャトールー=レザルプを回避する。1995年以降、この村は地域圏議会議長ジャン=クロード・ゴーダンによって開通された迂回路の恩恵を受けている。

由来[編集]

1150年、Castrum Rodulphiと公文書に記された。これはラテン語で『ロドルフの城』を意味している。

1996年8月7日のデクレにより、シャトールーからシャトールー=レザルプとなった。

経済[編集]

1988年以降、実験的にブドウ畑がコミューンに作られた。ペイ・デ・オート・アルプワインの改良のためである。ブドウ畑は地元の生産者、自治体、エクラン国立公園がサポートしている。ブドウ畑での試験栽培の目的は、8品種のテストである。ジャケール、アルテス、マルサヌ、シャルドネ、シャザン、ル・ミュレー・テュルゴ、ピノ・ノワール、ピノ・グリである。高山気候に最も適した品種を見つけるのが目的である。最近の収穫実験は、ジャケール、アルテス、マルサヌで行われた[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2013年
736 683 578 649 766 927 1097 1110

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[3]、2006年以降INSEE[4][5]

観光[編集]

サン・マルスラン教会

シャトールー=レザルプの最も驚くべき場所は、エクラン国立公園内のピス滝である。これはディストロワ谷から渓流で流れる。サン・マルスラン集落のサン・マルスラン教会はフランス歴史文化財指定されている[6]

脚注[編集]