シャドウ・DN5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャドウ・DN5
トム・プライスのドライブするDN5、1975年のレース・オブ・チャンピオンズ
トム・プライスのドライブするDN5、1975年のレース・オブ・チャンピオンズ
カテゴリー F1
コンストラクター シャドウ
デザイナー トニー・サウスゲート
先代 DN3
後継 DN7 / DN8
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド 前:1,499 mm (59.0 in)
後:1,575 mm (62.0 in)
ホイールベース 2,667 mm (105.0 in)
エンジン コスワースDFV 3.0リッター V型8気筒 NA
トランスミッション ヒューランド TL 200 5速 マニュアル
重量 589 kg (1,300 lb)
燃料 UOP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム シャドウ・レーシング・カーズ
ドライバー フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
イギリスの旗 トム・プライス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1975年アルゼンチングランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
32 0 3 2
テンプレートを表示

シャドウ・DN5 (Shadow DN5) は、シャドウ・レーシング・カーズ1975年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。改良型のDN5Bは1976年シーズンおよび1977年の序盤2戦で使用された。DN5および5Bはポールポジションを3回、ファステストラップを2回獲得している。決勝最高位は3位が2回で、いずれもトム・プライスが獲得した。

開発[編集]

シャドウ・DN5は、トニー・サウスゲートによって設計された。前年に使用されたDN3の発展型であり、空気力学的に洗練されており[2]、重量配分も再構成されていた。翌シーズンは改良が施されDN5Bとして投入されたが、ラジエターインテイクの形状が変更された以外は大きな変化は無かった。チームのメインスポンサーであったUOPはスポンサードを取りやめた[3]

レース戦績[編集]

トム・プライスがドライブするDN5、1975年アメリカグランプリ

DN5は予選で何度か好成績を残し、速い車であることを証明した。実際、シーズン開幕戦のアルゼンチングランプリではジャリエがポールポジションを獲得している[2]。しかしながら決勝ではギアボックストラブルのためウォームアップラップを完了できず、スタートすることができなかった[2]。次戦のブラジルでもジャリエはポールポジションを獲得し、決勝ではファステストラップも記録したが、32周目に燃料システムのトラブルでリタイアしている。結局車の低い信頼性と、いくつかのミスにより、ジャリエのこのシーズンの完走は2回のみであった[2]。最高位はスペイングランプリの4位で、このレースは死亡事故が発生したことで途中で打ち切りとなり、ポイントは通常の半分であった。シーズン後半のオーストリアとイタリアでジャリエはDN5に代えてマトラV12エンジンを搭載したDN7をドライブしている[3]

トム・プライスはシーズンの序盤2戦を前年のDN3を改良したDN3Bで戦った。プライスは第3戦からDN5を使用したが、ジャリエよりも好成績を残した。プライスは6位を3回、ドイツグランプリでは4位、オーストリアグランプリでは3位に入賞している。彼はまた、イギリスグランプリではポールポジションを記録したが、ブラジルでのジャリエ同様レースの大半をリードしながらリタイアした[4]

1976年シーズン、DN5は「B」スペックへのアップデートが行われた[3]。しかしながら、信頼性は大きく改善されたものの、競争力は不足し、シーズン後半には顕著になった。ジャリエはブラジルグランプリで予選3位となり、決勝の大半を2位で走行したものの結局はクラッシュ、リタイアとなった。プライスは3位に入ったが、これがこのシーズンにおけるチームの最高位となった。両ドライバーとも定期的にトップ10入りしたが、ポイントに繋がったのはプライスのブラジルでの3位とイギリスでの4位のみであった[5]。プライスは第12戦オランダグランプリから新型のDN8にスイッチしたが[6]、ジャリエはDN5Bに乗り続けた[5]

DN5Bは1977年シーズン序盤も使用され、新人のレンツォ・ゾルジが2戦でドライブした。開幕戦アルゼンチンはリタイアしたが、DN5B最後となったブラジルでゾルジは6位に入った[5]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1975年 UOPシャドウ・レーシング・カーズ DN5 フォード V8 G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
SWE
スウェーデンの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
9.5 6位
ジャン=ピエール・ジャリエ DNS Ret Ret 4 Ret Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret
トム・プライス 9 Ret Ret 6 Ret 6 Ret Ret 4 3 6 NC
1976年 シャドウ・レーシング・カーズ DN5B フォード V8 G BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
10* 8位
ジャン=ピエール・ジャリエ Ret Ret 7 Ret 9 8 12 12 9 11 Ret 10 19 18 10 10
トム・プライス 3 7 Ret 8 10 7 9 8 4 8 Ret
1977年 シャドウ・レーシング・カーズ DN5B フォード V8 G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
JPN
日本の旗
23° 7位
レンツォ・ゾルジ Ret 6
トム・プライス Ret

* 1976年シーズンのポイントの内3ポイントはDN8による
°1977年シーズンのポイントの内22ポイントはDN8による

[編集]

  1. ^ Stats F1. “Shadow DN5”. 2012年11月23日閲覧。
  2. ^ a b c d Shadow DN7 Matra”. 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c Nye, 1986, pp. 233–234
  4. ^ Hodges, 2001, p. 208
  5. ^ a b c Stats F1. “Shadow DN5B”. 2012年11月23日閲覧。
  6. ^ Stats F1. “Shadow DN8”. 2012年11月23日閲覧。

参照[編集]

  • Nye, Doug (1985). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966 - 1985. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138376. 
  • Hodges, David (2001). A - Z of Grand Prix Cars. Ramsbury, Marlborough, Wiltshire: Crowood Press. ISBN 1861263392.