シャドーハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャドーハウス
漫画
作者 ソウマトウ
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表号 2018年40号 -
発表期間 2018年9月20日 -
巻数 既刊1巻(2019年1月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

シャドーハウス』は、ソウマトウによる日本漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2018年40号より連載中。「となりのヤングジャンプ」とアプリ「ヤンジャン!」でカラー版が同時に配信され、韓国の「Neverbooks」シリーズではニアサイマル配信されている。

あらすじ[編集]

訪問者のない不思議な洋館。生き人形であるエミリコは主・ケイトの役に立とうと、日々奮闘している。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

エミリコ
生き人形の少女。ケイトに仕えている。髪型はツインテール。しばしばミスをするが、主のために役立とうと懸命に働いている。文字はまだあまり読めないが勉強中。そそっかしいが前向きな性格。所属はローズ班。
ケイト・シャドー
エミリコの主。他のシャドー一族同様全身全て影で覆われている。髪型はツインテール。部屋では読書や暇つぶしにすすだるまを作ったりしている。お披露目前。

生き人形[編集]

ミア
サラの生き人形。元気で明るい性格。所属はローズ班。生みだされた時から文字が読めるなど優秀。体に多くの傷がある。
ローズマリー
班長。お披露目は済んでいる。こびりつきの掃除の際、エミリコを庇い憑りつかれるがエミリコの機転により助けられた。
ルウ
ルイーズの生き人形。ショートカットの少女。無口な性格。所属はローズ班。
バービー
星付きの生き人形。非常に口が悪く他の生き人形に対ししばしば手が出る。
ショーン
ジョンの生き人形。黒髪の少年。リッキーからは「面汚し」と言われる。バービーからエミリコと共に深夜の見回りを命じられた。
ラム
シャーリーの生き人形。黒髪の少女。何度も物を落として壊したり、一つにまとめたすすを散らかしたりしてしまうので周囲からは「無能」と呼ばれている。バービーからエミリコと共に深夜の見回りを命じられた。
左手の人指し指をラミーと名付けよく話しかけている。
リッキー
パトリックの生き人形。金髪の少年。バービーに対して忠実なため彼女から新人の中では見込みあると評される。
エドワード
特別な生き人形。「おじい様と共にある棟」に住している。エミリコらの受けるお披露目の試験官を務めるが自身も試験官としての適性を見られている。

シャドー家[編集]

サラ
ミアの主で顔付き。エミリコやケイトと出くわし出来の悪さ(主にエミリコの)を嘲笑した。
フード様(仮)
エミリコらと出会った際、自分の事は内密にするようにと言いつけ後を付いて来る。声が多少変である模様。一人称は他のシャドーとは異なり「わたし」。
ジョン
ショーンの主。ショーンに合わせて伊達眼鏡を掛けていた。
シャーリー
ラムの主。
パトリック
リッキーの主。
ルイーズ
ルウの主。ルウの容姿を気に入っているようで化粧を施したりする。

用語[編集]

シャドー家
訪問者のない巨大で不思議な洋館に住む、貴族のような生活を送る人達。顔の無い自分達の顔とするため、生き人形を生み出した。お披露目という儀式を済ませると成人となれる。生き人形に自分らの服を着せるのは禁止となっている。
生き人形
シャドー家の「偉大なるおじい様」に命を吹き込まれた人形。シャドー家の者一人に、生き人形一体が配され世話をする。掃除が主な仕事。個体差があるようで生みだされた時から文字の読める者もいれば読めない者もいる。
シャドー家のために有用でないと認定されると処分される。成人すると主の顔の役割を担うため、主のその時の感情に合った振舞いをしなければならない。名前の知らないシャドー家の者については「お影様」と呼ぶ。
顔のない人形
食事の配膳や着替えの用意をする人形。喋らない。
ポートレート
生き人形の正装。主の顔の役目をする際に着る服。主の顔を目立たせるため手足をレースで覆っている。
お披露目
シャドー家の者と生き人形の適性を調べる儀式。お披露目を済ますとその者は成人となり顔付きとなる。お披露目を受ける全てのシャドーと生き人形が立食形式の宴に参加し、その際の言動や行動がその都度評価の対象となる。プラスの評価を得ると自身を模した人形が上の棚に上がるが、マイナスの評価を得ると人形は下の棚に下げられる。一番下の棚は一面針となっている。評価は特別な生き人形が付ける。
こびりつき
悪意を持ち動き出す大量のすすの集合体。上位版は亡霊と呼ばれる。

書誌情報[編集]

脚注[編集]