シャドー・ダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャドー・ダンサー
Shadow Dancer
監督 ジェームズ・マーシュ
脚本 トム・ブラッドビー
原作 トム・ブラッドビー
『哀しみの密告者』
製作 クリス・コーエン
アンドリュー・ロウ
エド・ギニー
製作総指揮 ジョー・オッペンハイマー
ノーマン・メリー
トム・ブラッドビー
ブラヒム・シウア
ヴァンサン・マラヴァル
リタ・ダゲール
出演者 アンドレア・ライズブロー
クライヴ・オーウェン
ジリアン・アンダーソン
音楽 ディコン・ハインクリフェ
撮影 ロブ・ハーディ
編集 ジンクス・ゴッドフリー
配給 イギリスの旗 パラマウント映画
日本の旗 コムストック・グループ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年1月24日(サンダンス映画祭
イギリスの旗 2012年8月24日
日本の旗 2013年3月16日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
興行収入 世界の旗 $419,953[1]
テンプレートを表示

シャドー・ダンサー』(Shadow Dancer)は、2012年イギリスアイルランドが共同製作したスパイ映画。トム・ブラッドビーの小説『哀しみの密告者』を原作としており、ブラッドビーは脚本家としても参加している。

ストーリー[編集]

北アイルランドに暮らすシングルマザーのコレットは、「IRA(アイルランド共和軍)」の活動家だった両親の影響で、自身もいつしかIRAの活動に身を投じていた。しかし、それが原因で1993年のロンドン爆破事件の際、容疑者として逮捕されてしまう。そんな彼女の前に「MI5(イギリス諜報局保安部)」の捜査官マックが現れ、ある提案を持ちかける。それは拘留を免除する代わりにMI5のスパイとなって、IRAの内部情報や動向を報告しろというものだった。幼い息子と離れるわけにはいかない彼女は、この提案に従わざるをえないのだった。

こうして両者の厳しい監視の中、スパイ活動を始めるコレットだったが、次第に幹部の疑いの目や家族への罪悪感に苦しめられていく。一方マックは、IRAの内部には「シャドー・ダンサー」と呼ばれるMI5のスパイがもう一人いることを知り、その存在を執拗に隠す上司のフレッチャーに対し疑念を抱いていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ Shadow Dancer” (英語). Box Office Mojo. 2013年7月13日閲覧。