シャナナぎんざ 何がなんだか若ラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シャナナぎんざ
何がなんだか若ラジオ
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送/公開放送
放送期間 1974年4月6日1976年10月2日
放送時間 毎週土曜日 17:00〜18:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 横山プリン
マギー・ミネンコ
山田パンダ
美詩える
田畑達志
提供 東芝
特記事項:
東京銀座7丁目「東芝銀座セブン」から生放送[1]
テンプレートを表示

シャナナぎんざ 何がなんだか若ラジオ(シャナナぎんざ なにがなんだかわかラジオ)は、ニッポン放送で、1974年4月6日から1976年10月2日まで毎週土曜日17:00〜18:00の時間帯で放送されていた公開放送形式のラジオ番組である。

東芝の一社提供。

概要[編集]

東京銀座7丁目の「東芝銀座セブンビル」[2]8階に在ったプラスワンホールから毎週、2~3組のゲストを迎えての公開生放送[3]。主にゲストとのトークと歌、そしてリスナーと電話をつないでのゲームコーナーや時々リスナーからのはがき紹介などを挟みながら放送されていた[1]

メインパーソナリティは最初は、横山プリンマギー・ミネンコ1975年4月からは山田パンダと美詩える。その後メインパーソナリティーは、鈴木ヒロミツ氏が勤め、堀智子などのアイドル歌手や局アナがアシスタントを務める。 最終回はなぜかいきなり当日にいきなり最終回の発表がされた。プリン&マギー時代、リスナーと電話をつないでゲームで対戦するコーナーがあり、そこではプリンとリスナーが「おいど!」「まいど!」などの合言葉で掛け合うなどのことが恒例となっていた[1]

本番組以外にも、同じ東芝提供で、日本全国各地に「シャナナ○○」と言った形式のタイトルの番組が放送されていた(後述)。

パーソナリティ[編集]

  • 横山プリン(1974年4月6日〜1975年3月)
  • マギー・ミネンコ(1974年4月6日〜1975年3月)
  • 山田パンダ(1975年4月〜1976年10月2日?)
  • 美詩える(1975年4月〜1976年10月2日)
  • 田畑達志(ニッポン放送アナウンサー通称"ドジタツ")
  • 鈴木ヒロミツ(~1976年10月2日)
  • 堀智子(アイドル歌手)

全国各地の「シャナナ」シリーズ[編集]

本番組以外に、全国各地で放送されていた「シャナナ○○」と言うタイトルの番組は以下の通り。いずれも本番組と同じ東芝の提供である。

  • 北海道放送 - 「シャナナさっぽろ ジャンボとケロコと音楽と」(土曜日23:10〜24:00 パーソナリティ:ジャンボ秀克ケロコ伊藤
  • 東北放送 - 「シャナナ仙台 何がなんだか若ラジオ」(日曜日16:00〜17:00)
    • 仙台市役所前・Aurex仙台から放送[4]。パーソナリティは鈴木亘、遠藤道子、阿部真喜子(1975年3月まで)→ 田中克典、笠原美恵、高橋和子(1975年4月から。1976年3月まで)
  • 山梨放送 - 「シャナナ山梨」(土曜日23:10〜24:00 パーソナリティ:大柴堅志
  • 信越放送 - 「シャナナながの」(土曜日22:10〜22:50 パーソナリティ:山越勝久 1976年3月まで)
  • 北日本放送 - 「シャナナ富山」(土曜日23:30〜24:00)
  • 北陸放送 - 「シャナナ百万石」(土曜日22:00〜22:50 1976年3月まで)
  • 福井放送 - 「シャナナふくい」(土曜日22:00〜22:30 1976年3月まで)
  • 静岡放送 - 「シャナナしずおか」(土曜日22:00〜22:50)
  • 東海ラジオ放送 - 「シャナナなごや」(土曜日22:00〜22:30)
  • 山陽放送 - 「シャナナおかやま」(土曜日23:10〜23:40 1975年9月まで)
  • 中国放送 - 「シャナナヒロシマ 何がなんだか若ラジオ」
    • 日曜日14:00〜15:00(1975年3月まで)→ 土曜日17:00〜18:00(1975年4月〜9月)→ 日曜日14:00〜15:00(1975年10月〜1976年3月)
  • 四国放送 - 「シャナナとくしま」(土曜日23:00〜23:30 1975年9月まで)
  • 西日本放送 - 「ヤング東芝・シャナナ高松」(土曜日23:30〜24:00)
  • 南海放送 - 「シャナナまつやま」(土曜日23:20〜23:50 1975年9月まで)
  • 高知放送 - 「YOUNGシャナナこうち」(土曜日22:30〜23:00 1975年9月まで)
  • RKB毎日放送 - 「シャナナふくおか」(日曜日22:40〜23:10 1976年3月まで)
    • 1975年までは、海援隊のパーソナリティで「走れ海援隊」のサブタイトルで放送。
  • ラジオ沖縄 - 「シャナナおきなわ」(土曜日23:00〜24:00(1975年3月まで)→ 日曜日13:00〜14:00(1975年4月〜1975年9月))

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 季刊ランラジオ(自由国民社)1975年2月号 p.81
  2. ^ 1993年閉館。後に吉本興業経営の銀座7丁目劇場が開場している。現在はZARAの店舗などが入るビルとなっている。
  3. ^ [1]
  4. ^ 季刊ランラジオ 1975年2月号 p.79
  5. ^ 季刊ランラジオ 1975年3月号 p.83
ニッポン放送 日曜日 17:00〜18:00枠
前番組 番組名 次番組
歌謡ベストアルバム
(17:00〜17:30)
サウンドスペース
(17:30〜18:00)
シャナナぎんざ
何がなんだか若ラジオ
銀座音楽祭への道
新人歌謡選手権