シャハージー (サーターラー藩王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シャハージー
Shahaji
サーターラー藩王
Shahaji of Satara.png
シャハージー
在位 1839年9月5日 - 1848年4月5日
戴冠 1839年9月5日
別号 マハーラージャ
チャトラパティ
出生 1802年
死去 1848年4月5日
サーターラー
王家 ボーンスレー家
父親 トリンバクジー・ボーンスレー
プラタープ・シング(養父)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

シャハージー(Shahaji, 1802年 - 1848年4月5日)は、インドデカン地方サーターラー藩王国の君主(在位:1839年 - 1848年)。

生涯[編集]

1802年マラーター王国の一族トリンバクジー・ボーンスレーの息子として生まれ、その後プラタープ・シングの養子となった[1]

1839年9月5日、父王プラタープ・シングがイギリスによって廃位され、ヴァーラーナシーへと追放されると、シャハージーが藩王位を継承した[1]

1848年4月5日、シャハージーはサーターラーで死亡した[1]。その死に際し、継嗣がおらず、末期養子も認められなかったため、1849年5月1日サーターラー藩王国は廃絶された[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Satara 3

関連項目[編集]