シャビエル・アルサリュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルサリュス第二姓(母方の)はアンティアです。
シャビエル・アルサリュス
Xabier Arzalluz
Xabier arzalluz.jpg
生年月日 (1932-08-24) 1932年8月24日
出生地 スペインの旗 スペイン共和国ギプスコア県アスコイティア
没年月日 (2019-02-28) 2019年2月28日(86歳没)
死没地 スペインの旗 スペインバスク州ビスカヤ県ビルバオ
出身校 サラゴサ大学
前職 司祭
所属政党 バスク民族主義党(PNV)

在任期間 1980年1月18日 - 1984年1月18日

在任期間 1985年1月18日 - 2004年1月18日

スペインの旗 スペイン国会下院 議員
在任期間 1977年6月15日 - 1980年2月1日
テンプレートを表示

シャビエル・アルサリュス・アンティアXabier Arzalluz Antia, 1932年8月24日 - 2019年2月28日[1][2]は、スペインアスコイティア出身の政治家。1979年から2004年までバスク民族主義党(PNV)の党首を務めた。名はハビエルなど、姓はアルサユスなどとも。

経歴[編集]

1932年、アルサリュスはバスク地方ギプスコア県アスコイティアカルリスタの家庭に生まれた[3]ビスカヤ県ドゥランゴにあるイエズス会の学校で学び、1960年代にはアラゴン地方サラゴササラゴサ大学法学哲学の学位を取得した。その後、ドイツのフランクフルト・アム・マイン神学を学び、ドイツのキリスト教民主主義に関する論文を発表した。バスク地方に戻るとイエズス会の司祭となり、再びフランクフルトで、またマドリードで過ごした後、ビスカヤ県ビルバオにあるイエズス会系のデウスト大学で働いた。フランコ独裁政権末期の1969年、存在が公には認められていなかったバスク民族主義党(PNV)に加わり、1971年にはビスカヤ県支部長となった[3]。また、世俗に還り、結婚した。

1977年の総選挙と1979年の総選挙には、ギプスコア県選挙区から出馬して当選した。首相のアドルフォ・スアレスと会談してバスク自治憲章制定への道を開き、その憲章文策定に貢献した。また、「アリアガの精神」と呼ばれるこの憲章の輪郭に沿って、バスク民族主義党のための戦略を描いた。1980年にはカルロス・ガライコエチェアが党首を辞任し、アルサリュスが党首に就任した。一時的にロマン・スドゥペやヘスス・インサウスティが党首を務めることはあったものの、アルサリュスは2004年まで長らく党首を務めた。この期間中、バスク民族主義党はバスク自治州議会で第一党の座を維持し、時にはバスク連帯など他の党と連立しながら政権を維持した。

1980年代、バスク州レンダカリ(政府首班)の座にあるガライコエチェアは党からの自律に苦しんでいた。アルサリュスは個々の党員の意見を越えた組織の権威の存在を主張した。1986年にはバスク民族主義党が内部分裂し、ガライコエチェアは党内左派を集めてバスク連帯(EA)という新政党を結成した[4]

2019年2月28日、バスク州ビスカヤ県ビルバオにて86歳で死去[5]

人物[編集]

アルサリュスはバスク民族主義党の主要なスポークスマンであり、毎週日曜日にはバスク地方で発行されている日刊紙デイアで意見を公開した。また、「バスク民族主義党の日」や「バスク祖国の日」などの、バスク民族主義党の集会の最中には多くの公共スピーチを行った。バスク民族主義党の支持者に好かれる一方で、スペインの一般国民の間でも人気がある党首のひとりだった[6]

イタリアのキリスト教民主主義の党首であるフランチェスコ・コッシガジュリオ・アンドレオッティとは、相互に敬服の念を持っていた。ヨーロッパのキリスト教民主主義政党からの接触がありながら、スペインの保守政党である国民党(PP)からの圧力のために、1990年代にバスク民族主義党はキリスト教民主インターナショナルを離脱せざるを得なかった。

政治活動以外には法学教授としても活動しており、1999年まではビルバオデウスト大学で、バスク語による憲法の教授を務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ Jokin Lecumberri (2019年3月1日). “Muere Xabier Arzalluz, la voz indómita del nacionalismo” (Spanish). La Vanguardia. オリジナルの2019年3月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190301165150/https://www.lavanguardia.com/politica/20190301/46760419856/xabier-arzalluz-pnv.html 2019年3月2日閲覧。 
  2. ^ Parliamentary assembly, Council of Europe”. Council of Europe. 2013年2月4日閲覧。
  3. ^ a b Xabier Arzalluz” (Spanish). Biografias y Vidas. 2013年2月4日閲覧。
  4. ^ Ormazabal, Mikel (2013年1月12日). “Un partido al mismo compass” (Spanish). エル・パイス (Ediciones El Pais). http://ccaa.elpais.com/ccaa/2013/01/11/paisvasco/1357930861_263148.html 2013年2月4日閲覧。 
  5. ^ Mikel Ormazabal (2019年2月28日). “Muere Xabier Arzalluz, histórico dirigente del PNV” (Spanish). El País. オリジナルの2019年3月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/63GU6 2019年3月2日閲覧。 
  6. ^ Staff (1997年1月6日). “Gonzalez, el lider mas valorado, aventaja en dos centesimas a Aznar” (Spanish). エル・ムンド (Unidad Editorial Informacion General S.L.U.). http://www.el-mundo.es/1997/01/06/espana/06N0028.html 2013年2月4日閲覧。