シャムイ・ジャハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャムイ・ジャハーンペルシア語: شمعِ جهان, Sham‘-i Jahān、? - 1407年もしくは1408年)は、14世紀後半以降のチャガタイ・ウルスにおける、いわゆるモグーリスタン・ハン国の第5代君主(在位1403年? - 1407年もしくは1408年)。漢語史料では沙迷査干と表記される。

ヒズル・ホージャの子。即位前はティムールの宮廷に留まっていたが、1397年にモグーリスタンに帰国する[1]

ハミの忠順王アク・テムル(安克帖木児)が北元オルク・テムルによって毒殺されると、報復としてオルク・テムルを攻めた[2]に対して数度朝貢し、ティムールが死去した1405年に祖先の故地であるサマルカンドを奪還するため、ティムール朝への出兵を計画した[2]。明に支援を要請するが、把太ら明からの使者に出兵を思いとどまるよう説得され、攻撃を中止した[2]。跡を弟のムハンマドが継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 加藤和秀『ティームール朝成立史の研究』(北海道大学図書刊行会, 1999年2月)、300頁
  2. ^ a b c 『明史』列伝第220、別失八里

参考文献[編集]

  • 『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)、556-557頁収録の系図
  • 明史』列伝第220、別失八里
先代:
ヒズル・ホージャ
モグーリスタン・ハン国のハン
1403年? - 1407年1408年
次代:
ムハンマド