シャムスル・マイディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
シャムスル・マイディン
個人情報
フルネーム Shamsul Maidin
誕生日 1966年4月16日(48歳)
出身地 シンガポールの旗 シンガポール
国内
リーグ 役割
?-2007 Sリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
1996-2007 FIFA選出 審判員

シャムスル・マイディン(Shamsul Maidin, 1966年4月16日 - )はシンガポール出身の元サッカー審判員

概要[編集]

1996年FIFAのライセンスを取得、2007年まで国際審判員として活動していた[1]。第二言語として英語を使用できる。2006年のFIFAワールドカップにおいて上川徹とともにAFCからワールドカップ審判団に選ばれ、2試合で主審を務めた。現在はシンガポールサッカー協会の審判委員長を務めている他、FIFAレフェリーインストラクターやAFCエリートレフェリー査定委員会の委員も務めている。

AFCアジアカップでは、199620002004年大会と三大会に渡って審判を務めた。また、アフリカネイションズカップ2006では唯一の非アフリカ人審判として2試合で主審を務めている。

担当した主な国際大会[編集]

2006 FIFAワールドカップ[編集]

2006 FIFAワールドカップでは2試合を担当した。

脚注[編集]

  1. ^ Shamsul Maidin worldreferee.com、2012年5月4日閲覧。