シャラン (ヴァンデ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Challans
Blason ville fr Challans (Vendée).svg
Clocher de Challans.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ヴァンデ県Blason département fr Vendée.svg
(arrondissement) レ・サーブル=ドロンヌ郡
小郡 (canton) シャラン小郡
INSEEコード 85047
郵便番号 85300
市長任期 セルジュ・ロンドー[Note 1] · [1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes du Pays-de-Challans
人口動態
人口 19501人
2013年
人口密度 279人/km2
住民の呼称 Challandais
地理
座標 北緯46度50分48秒 西経1度52分41秒 / 北緯46.8466666667度 西経1.87805555556度 / 46.8466666667; -1.87805555556座標: 北緯46度50分48秒 西経1度52分41秒 / 北緯46.8466666667度 西経1.87805555556度 / 46.8466666667; -1.87805555556
標高 平均:m
最低:1m
最高:64m
面積 69.84km2
Challansの位置(フランス内)
Challans
Challans
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

シャランChallans)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ヴァンデ県コミューン。マレ・ブルトン地方の中心地である。

地理[編集]

県北西部に位置する。ヴァンデのマレ・ブルトン地方の端にあり、大西洋岸から15km内陸になる。

歴史[編集]

19世紀に描かれたシャラン

シャランの歴史は先史時代にさかのぼる。一帯で見つかる巨石記念物がその証拠である。町の名はkalという言葉からきている。kalとは隠れ家または村を意味する。ガロ=ローマ時代からヴィッラがフィロディエールにあった(サレルテーヌにかつてあったアベール・ラ・カイヨディエール橋からそう遠くない)。中世の町は、コムキエ男爵領の支配下にあった。村にすぎなかったシャランが市を開くようになり、成長していったのはこの時点である。17世紀にコムキエ城が解体されると、シャランは州の行政の中心となった。

フランス革命後、シャランは郡庁所在地となった。しかし町はヴァンデ戦争の影響を受け、共和国軍と王党軍の間で多くの衝突が起きた。1793年3月13日から蜂起が起きてから、町は王党軍に占領された。本当の最初の戦いはそれから一か月後、1793年4月13日に共和国軍が奪還しようとした時である。別の2度の戦いは、1794年4月7日と6月6日には王党軍が町を奪い取ろうとして起きた。いずれの戦いも、共和国軍が勝利した。

19世紀、町は経済ブームで発展をみた。ナント-ラ・ロッシュ=シュル=ヨン間鉄道がシャランを通過するよう開発されたおかげである。

経済[編集]

シャランは町の中心部に300以上の店舗を持つ一方で、郊外に大規模な食品スーパーや専門店がある。町では4週ごとに市が開催されている。火曜日の市はヴァンデ県北西部最大のものとして知られている。町にはベネトウ社の工場を含む、およそ1500社がある。シャランは家禽の飼育で知られており、トゥール・ダルジャンに提供されているシャラン鴨が有名である。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
6962 8558 11794 12845 14203 16132 18338 19501

参照元:1962年から1999年まで人口の2倍カウントなし。1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Réélu en 2014.