シャルル・エチエンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

シャルル・エチエンヌ(Charles Estienne, 1504年 - 1564年)は、フランス医学博士解剖学者)、作家、出版業者。

彼は出版業者エチエンヌ一族の出身で、アンリ・エチエンヌの三男に当たり、シモン・ド・コリーヌの娘婿に当たる。彼は工房で少し活動した後、パリヴェサリウスとともにヤコブス・シルウィウスに附いて医学を学んだ。続いて彼は友人である外科医にして木版画工のエチエンヌ・ド・ラ・リヴィエールとともに、図解された解剖学書の出版に従事した。

彼は自身が出版業者となるのに先立って、古代の言語や医学の研究に専念した。ラザル・ド・バイフは彼に息子の教育を任せ、その肩書きでドイツやイタリアの大使館に随行させた。ヴェネツィアでは、パオロ・マヌーツィオと親しくなった。

1542年にはパリ大学の医学部の Docteur Régent となっており、1550年まで医師として活動した。彼はいくつかの重要な解剖学的発見をしている。骨学の分野では栄養管を発見し、その物理的役割も理解していた。神経学の分野では、三叉神経横隔膜の神経、迷走神経の交換連鎖などを記述した。

1550年に兄ロベール・エチエンヌジュネーヴ亡命した結果、家業の印刷事業を引き継がざるをえなくなった。1552年の『フランス街道案内』のように当時よく売れた作品なども出版したが、1561年には彼の債権者たちの申し立てによりシャトレで投獄され、1564年に獄中死した。

書誌[編集]

  • De vasculis libellus, adulescentulorum causa ex Baysio decerptus. Additavulgari Latinarum vocum interpretatione. Paris, Charles Estienne,1536
  • De re vestiaria libellus, ex Bayfio excerptus: addita vulgaris linguae interpretatione, in adulescentulorum gratiam atque utilitatem. Lyon (Melchior & Gaspar Trechsel), 1536
  • Seminarium, et Plantarium fructiferarum praesertim arborum quae post hortos conseri solent, Denuo auctum & locupletatum. Huic accessit alter libellus de conserendis arboribus in seminario: deque iis in plantarium transserendis atque inserendis. 1536, Paris: Roberti Stephani, 1540.
  • De re hortensi libellus, vulgaria herbarum, florum, ac fructicum. qui in hortis conseri solent, nomina Latinis vocibus effere docens ex probatis autoribus. In puerorum gratium atq(ue) utilitatem. Estienne, 1539. Paris, Robert Estienne , 1543, Paris Rob. Stephani, 1545.
  • La Dissection des parties du Corps humain divisée en trois livres. Simon de Colines, Paris, 1546, traduction française de “De Dissectione partium corporis humani”.
  • De nutrimentis, as baillyum. Robert Estienne, 1550.
  • Paradoxes, ce sont propos contre la commune opinion: debatuz, en forme de declamations forenses: pour exerciter les jeunes esprits, en causes difficiles. Paris, Charles Estienne, 1553.
  • Dictionarium historicum ac poeticum : omnia gentium, hominum, locorum, fluminum, ac montium antiqua recentioramque ad sacras ac prophanas historias, po?tarumque fabulas intelligendas necessaria, vocabula, bono ordine complectens. Nunc demum ultra praecedentes impressiones, studiosorum aliquot opera & locupletius & nitidius redditum. 1553, Parisiis, apud Ioannem Macaeum, 1572.
  • Praedium rusticum, In Quo Cuiusuis Soli vel Culti vel Inculti Platarum Vocabula ac Descriptiones, Earumque Conseredarum atque Excolendarum Instrumenta suo Ordine Describuntur. Paris, 1554.
  • Les figures et portraicts des parties du corps humain. Paris: Jacques Kerver, 1575.
  • Lexicon historicum, geographicum, poeticum. Hanc postremam editionem Fed. Morellus. ita recensuit ac recognovit. Parisiis, apud Joannem Libert, 1644.

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]