シャルル・メニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャルル・メニエ
Charles Meyniert
Charles Meynier.png
生誕 1768年11月24日
フランスの旗 フランス,パリ
死没 1832年9月6日
フランスの旗 フランス,パリ
運動・動向 新古典主義

シャルル・メニエ(Charles Meynier , 1768年11月24日[1] - 1832年9月6日)は「新古典主義」のフランス画家である。

略歴[編集]

パリで生まれた。父親は仕立て屋であったが、美術の愛好家であった。版画家のショファール(Pierre-Philippe Choffard)に弟子入りし、熟練した版画家になったが、画家になることを望んだ。コメディ・フランセーズの俳優として成功した兄がいて、人気のあった画家、フランソワ=アンドレ・ヴァンサンの工房で学ぶ費用をまかなうことができた。4年間の修行の後1789年にローマ賞に応募し2位を得た。[2]その後ローマに留学し、古代彫刻を描いた作品などを製作し、コレクションも作った。

1793年にフランス革命の混乱の中のフランスに帰国した。ナポレオンの事績を題材とした絵画を描き、1806年から建設始まったカルーゼル凱旋門のレリーフのデザインなどの仕事もした。女性のための絵画教室なども開いた、1819年になってパリのエコール・デ・ボザールの教授に任じられた[3]

1832年にコレラの流行によって亡くなった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生年を1763年とする説もある。
  2. ^ 1786年のローマ賞では、受賞者はなく、メニエは補欠となった。
  3. ^ Frédéric Chappey, « Les Professeurs de l'École des Beaux-Arts ( 1794-1873) », dans Romantisme, 1996, no 93, p. 95-101.

参考文献[編集]

  • Isabelle Mayer-Michalon, Charles Meynier 1763-1832, Paris, Arthena, 2008, 328 p. (ISBN 978-2-903239-39-8)
  • Biographie Universelle Supplément