シャルル3世 (エルブフ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャルル3世・ド・ロレーヌ
Charles III de Lorraine
エルブフ公
Charles III, Duke of Elbeuf.jpg
出生 1620年
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 1692年5月4日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
配偶者 アンヌ・エリザベート・ド・ラノワ
  エリザベート・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ
  フランソワーズ・ド・モントール・ド・ナヴァイユ
子女 一覧参照
父親 エルブフ公シャルル2世
母親 カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボン
テンプレートを表示

シャルル3世・ド・ロレーヌCharles III de Lorraine, duc d'Elbeuf, 1620年 - 1692年5月4日)は、フランスの貴族。エルブフ公爵

生涯[編集]

エルブフ公シャルル2世とその妻カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボンの間の長男として生まれた[1]。母方の祖父母はフランス王アンリ4世ガブリエル・デストレである。アルクール伯フランソワ・ルイ、リルボンヌ公フランソワ・マリーは弟。

三十年戦争に従軍し、叔父のアルクール伯アンリの麾下でイタリア1641年)とピカルディー1642年)で戦った後、コンデ公ルイ2世(大コンデ)の部下としてロクロワの戦い1643年)、ティオンヴィルの戦い、グラヴリーヌ包囲戦(1644年)、ネルトリンゲンの戦い(1645年)に参加している。1657年にエルブフ公爵位を継承、1661年ルイ14世の親政が始まるとすぐに、以前父が務めていたピカルディーおよびアルトワの知事に任命された。

子女[編集]

エルブフ公シャルル3世の紋章

1648年3月7日にアンヌ・エリザベート・ド・ラノワ(1626年 - 1654年)と最初の結婚をし、間に1男1女の2人の子女をもうけた。

  • アンヌ・エリザベート(1649年 - 1714年) - 1669年、ヴォーデモン公シャルル・アンリと結婚
  • シャルル(1650年 - 1690年)

1656年5月20日にブイヨン公フレデリック・モーリスの娘でテュレンヌ元帥の姪エリザベート(1635年 - 1680年)と再婚し、間に4男2女の6人の子女をもうけた。

  • アンリ・フレデリック(1657年 - 1666年)
  • マリー・エレオノール(1658年 - 1731年) - サン・ジャック女子修道院長
  • マリー・フランソワーズ(1659年 - ?) - サン・ジェルメーヌ修道院長
  • アンリ(1661年 - 1748年) - エルブフ公
  • ルイ(1662年 - 1693年) - オルカン修道院長
  • エマニュエル・モーリス(1677年 - 1763年) - エルブフ公

1684年8月25日にフランソワーズ・ド・モントール・ド・ナヴァイユ(1653年 - 1717年)と3度目の結婚をし、間に2人の娘をもうけた。

  • シュザンヌ・アンリエット(1686年 - 1710年) - 1704年、マントヴァ公フェルディナンド・カルロと結婚
  • ルイーズ・アンヌ・ラドゴンド(1689年 - 1762年) - サン・サーンス女子修道院長

脚注[編集]

  1. ^ van de Pas, Leo. “Charles III de Lorraine, Duke of Elbeuf”. Genealogics .org. 2010年3月1日閲覧。