シャルレーヌ (モナコ公妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャルレーヌ
Charlene
モナコ公妃
Charlene, Princess of Monaco-6.jpg
2013年6月8日、マデレーン王女の結婚式にて
在位 2011年7月1日 -

全名 Charlene Lynette Wittstock
出生 (1978-01-25) 1978年1月25日(41歳)
ローデシア共和国の旗 ローデシアブラワヨ
配偶者 アルベール2世
子女 ガブリエラ・テレーズ・マリー
ジャック・オノレ・レーニエ
父親 マイケル・ケネス・ウィットストック
母親 リネット・ハンバーストーン・ウィットストック
サイン Signature of HSH Princess Charlène of Monaco.jpeg
テンプレートを表示
シャーリーン・リネット・ウィットストック Swimming pictogram white.svg
Charlene Wittstock-gil zetbase-8.jpg
フィットネスクラブにて(2017年)
選手情報
フルネーム シャーリーン・リネット・ウィットストック
Charlene Lynette Wittstock
国籍  南アフリカ共和国
泳法 背泳ぎ、自由形
生年月日 (1978-01-28) 1978年1月28日(41歳)
生誕地 ローデシアブラワヨ
 
獲得メダル
女子 競泳
コモンウェルスゲームズ
2002 マンチェスター 4x100mメドレーリレー
テンプレートを表示
モナコ公家
Great coat of arms of the house of Grimaldi.svg

アルベール2世
シャルレーヌ公妃


シャルレーヌ・ド・モナコCharlène de Monaco, 1978年1月25日 - )は、モナコ公国の君主アルベール2世の妃。称号は「平静平安なるモナコ公妃シャルレーヌ殿下」。

南アフリカ共和国出身で、元の名前はシャーリーン・リネット・ウィットストックCharlene Lynette Wittstock)。競泳選手として活躍した人物でもある。

人物[編集]

左から老舗菓子ランバーツのヘルマン・ビュールベッカー、モナコ君主のアルベール2世、シャルレーヌ妃、デザイナーのカール・ラガーフェルド。(2011年)

ドイツ系およびイギリス系移民の子孫であるマイケル・ウィットストックとその妻リネットの長女として、ブラワヨ(旧ローデシア、現在のジンバブエ)に生まれる。

12歳のときに一家で南アフリカ共和国ハウテン州に移住する。

2000年シドニーオリンピックに出場し、競泳女子4x100mメドレーリレーで5位入賞を果たした。

2011年7月1日、2006年より交際していたモナコ公国アルベール2世公と結婚、「シャルレーヌ妃(Princesse Charlène de Monaco)」となった[1]

2014年12月10日、夫妻の最初の子となる男女の双子が誕生した[2]。出生順はガブリエラ公女が先であるが、モナコ公国憲法では男子が優先相続者となる規定があることによりジャック公子が公位継承権第1位となる[2][3]

脚注[編集]