シャルロット (馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シャルロット1979年5月14日 - 2019年8月3日[1])は、長野県佐久市のスエトシ牧場で繋養されていたサラブレッド

2014年シンザンが持っていたサラブレッド長寿記録を、2016年マリージョイが持っていた軽種馬の長寿記録を更新した[2][3]

鹿毛の牡馬。父:アローエクスプレス、母:サーロング。競走名アローハマキヨ

来歴[編集]

1979年に北海道静内町の岡田猛によって生産された。競走馬としては下級で、馬術競技馬としての実績も報道されていない。アローハマキヨとしてJBISに登録されているデータによると、1981年から1985年にかけて大井競馬場などで走り、全61戦2勝だった[4]。競走馬引退後はシャルロットと名を変え、乗馬クラブを転々とした[1]

2003年に現在のオーナーが引き取り、以後スエトシ牧場で飼育される。

2014年8月26日にシンザンの長寿記録を更新し、それまでまったくの無名だった本馬が知られるようになった。2014年の報道段階では健康そのもので、まだ人を乗せることもあるという。

2016年10月14日にアングロアラブのマリージョイが保有していた軽種馬の長寿記録も更新した[5]

2019年1月1日には馬齢40歳(満年齢39歳)という記録的な年齢に達した。

2019年8月3日、老衰のため同牧場で死亡[1]。40歳2ヶ月20日であった。

脚注[編集]