シャレール航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シャレール航空
ATR ATR-42-300, Chalair AN0192970.jpg
IATA
CE
ICAO
CLG[1]
コールサイン
CHALLAIR
設立 1986年
ハブ空港 フランスの旗 カン-カルピケ空港英語版
マイレージサービス フライング・ブルー
保有機材数 5
就航地 16
本拠地 フランスの旗 フランス カルピケ英語版
代表者 Alain Battisti
外部リンク chalair.eu
テンプレートを表示

シャレール航空英語: Chalair Aviation)、またはシャレール・アビエーションフランスカルピケ英語版に置いている地域航空会社[2]。シャレール航空は定期便、チャーター便、企業向けのシャトル便、貨物便の運航のほかに訓練飛行や航空機の点検などのサービスを提供していた[3][4]。1日に約15便、週に約150便の旅客便を運航している[5]

歴史[編集]

シャレール航空は1986年10月に設立された[4]。設立者はブリテールのパイロットだったフィリップ・レバロン(Philippe Lebaron)で、当初はセスナ310英語版によってエアタクシー業務を行う会社だった[6][7][8]

1997年から企業向けの定期チャーター便を運航し始めた。チャーターしていたのは家電大手のフィリップスで、フェアチャイルド メトロライナー英語版によってル・マン-アイントホーフェン間を、ATR 42によってシェルブール=オクトヴィル-オルリー間に定期便が設定されていた[5][9]

1996年4月8日、レバロンは飛行機事故により死亡した[10]。その後の経営はレバロンの妻により行われていたが、2003年4月に経営難によりアラン・バッティスティ(Alain Battisti)に売却された。売却後はビーチクラフト キングエアでシャトル便の運航のみが継続された[11]

ビーチクラフト 1900D

2004年、ビーチクラフト 1900を導入し、ドーヴィル-ロンドン間の運航を開始した[11][8]。2006年、シャレール航空の輸送量が2万人を突破した[10]

2011年、シャレール航空はアフリカを中心とする鉱山で働く労働者を輸送するための会社を設立した[12]。2013年、同社はポルトガル・リース・フライ(旧エールリネール・ポルトガル)を買収した[13]

2016年7月、同社は倒産したVLMエアラインズからアントウェルペン-ハンブルク間の運航を引き継いだ[14]

2020年、シャレール航空はエールフランスとのコードシェア契約を結んだ[15]。しかし、コロナウィルス流行により同年3月17日にから運航を中断している[16]

就航地[編集]

シャレール航空は2019年7月時点でフランス国内の以下の空港に乗り入れていた。

都市 空港 備考
アジャン アジャン - ラ・ガレンヌ空港英語版
アジャクシオ アジャクシオ=ナポレオン・ボナパルト空港英語版 夏期運航
バスティア バスティア・ポレッタ空港英語版 夏期運航
ベルジュラック ベルジュラック・ドルドーニュ・ペリゴール空港英語版 夏期運航
ボルドー ボルドー・メリニャック空港 ハブ空港
ブレスト ブレスト・ブルターニュ空港英語版
リモージュ リモージュ・ベルガルド空港英語版
リヨン リヨン・サン=テグジュペリ国際空港
モンペリエ モンペリエ・メディテラネ空港英語版
ナント ナント・アトランティック空港
ニース コート・ダジュール空港 夏期運航
ポー ポー・ピレネー空港英語版
レンヌ レンヌ=サン・ジャック空港

保有機材[編集]

ATR 42-300

2020年6月9日時点での保有機材は以下の通り[17][18]

シャレール航空の保有機材
機種 保有数 定員 備考
ATR 42 4 48
ATR 72 1 70

脚注[編集]

  1. ^ airfleets.net - Chalair Aviation fleet details retrieved 31 January 2018
  2. ^ "Access Archived 21 December 2010 at the Wayback Machine.." (image). Chalair Aviation. Retrieved on 12 February 2011. "Chalair Aviation Headquarters Aéroport de Caen-Carpiquet 14650 Carpiquet France."
  3. ^ chalair.eu - Business aviation Archived 12 June 2016 at the Wayback Machine. retrieved 9 July 2016
  4. ^ a b chalair.eu - History Archived 9 August 2016 at the Wayback Machine. retrieved 9 July 2016
  5. ^ a b "Dossier de presse Chalair". herault-tribune (フランス語). Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明).
  6. ^ https://www.lesechos.fr/2007/06/chalair-se-voit-pousser-des-ailes-532307
  7. ^ http://aeriapole.blogspot.com/2019/03/souvenirs-de-jacques-pageix-la.html
  8. ^ a b "Chalair Dakota Air Tour". Hangar Flying (フランス語). 14 October 2016. 2020年4月12日閲覧
  9. ^ https://www.air-cosmos.com/article/chalair-intgre-un-huitime-avion-et-diversifie-sa-flotte-3787
  10. ^ a b https://caen.maville.com/actu/actudet_-chalair-aviation-parie-sur-la-location-de-jet_4-432571_actu.Htm
  11. ^ a b depuis 1981, A. propos de Gil Roy chez Aerobuzz fr Gil Roy a fondé Aerobuzz fr en 2009 Journaliste professionnel; Générale, Son Expertise Dans Les Domaines De L’aviation (11 June 2011). "Le patron de Chalair se donne en spectacle à la Ferté-Alais". Aerobuzz (フランス語). 2020年4月11日閲覧
  12. ^ https://www.lejournaldesentreprises.com/finistere/article/chalair-des-vols-saisonniers-en-renfort-12743
  13. ^ https://www.ouest-france.fr/normandie/caen-14000/chalair-une-compagnie-aerienne-pilotee-caen-4058636
  14. ^ hamburg-news.de - "Chalair Aviation flies from Hamburg Airport to Antwerp" (German) 4 July 2016
  15. ^ "Air France et Chalair signent un accord de partage de codes | Air France - Corporate". corporate.airfrance.com. 2020年4月15日閲覧
  16. ^ https://www.petitbleu.fr/2020/04/11/aeroport-dorly-ferme-avions-immobilises-chalair-en-peril,8842014.php
  17. ^ - Chalair Aviation fleet details retrieved 17 August 2019, updated 15 February 2020.
  18. ^ “Global Airline Guide 2019 (Part One)”. Airliner World October 2019: 14.