シャロン・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャロン・ミッチェル
Sharon Mitchell
Sharon Mitchell.jpg
シャロン・ミッチェルの好意による画像
プロフィール
別名義 Sharon Mitchel、
Miss Sharon Mitchell、
Sharon 'Mitch' Mitchell
生年月日 1956年1月18日
現年齢 63歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州
瞳の色 赤褐色
毛髪の色 ブラウン
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 91 - 61 - 91 cm
活動
ジャンル アダルト
モデル内容 ボンデージ
他の活動 女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

シャロン・ミッチェル Sharon Mitchellアメリカ合衆国ニュージャージー州出身、1956年1月18日 - )は、1998年に自ら組織したアダルト産業医療健康財団(Adult Industry Medical Health Care Foundation、直訳:アダルト業界医療健康管理協会)の創立理事。またかつて20年以上にわたる経歴を持つエロティック女優であった。

ポルノ映画歴[編集]

ミッチェルはポルノ映画スターになる以前は、マーサ・グレアム・ダンスカンパニーとともに巡業するダンサーであり、オフ・ブロードウェイの女優であった。

ハードコアポルノの経歴の間に彼女は2000本以上の映画に出演し、38本の映画を監督した。彼女は多くのアングラ誌にボンデージ・モデルとして出演し、1990年代に通常のセックス映画からボンデージSMビデオに移行した。ほとんどの場合、彼女は過酷なミストレス役を演じた。

1970年代 - 80年代の絶頂期には、彼女の細身で筋肉質の体格と中性的な容姿(マスカラとルージュを付けた角ばった顔つき、そして短く逆立った、時折男っぽいマレットスタイルにきめられた髪)が、精力的なクンニリングステクニックとともに際立った特徴であった。

エロティック女優としては、ミッチェルは男っぽくはなりすぎない中性的なレズビアンだった。彼女は男性とのセックスシーン(しばしばもう一人の女優を絡めたバイセクシャルの3Pの一環としてであるが)も演じたが、主に初期の映画に限られている。彼女はポルノ女優を続ける内に性器ヘルペスクラミジアトリコモナス症に感染した[1]

ミッチェルはヘロインにおぼれたが、この悪習を克服し1990年代前半にはドラッグから解放された。しかし注射針の使用が原因で肝炎になった[1]。後に彼女は「暗転した年月」として16年間のヘロイン中毒に言及した[2]

1996年3月30日、彼女はファンによって暴行を受け、強姦された。もう少しで殺害されかねないところであった。事件後、彼女はセックス産業から身を引いた[3]。ミッチェルはPh.D.の学位を人間の性について詳細な研究を行なうサンフランシスコの研究所から授けられた。

受賞[編集]

  • 1982年 CAFA 最優秀助演女優賞 『猟色/スキャンダルV (Blue Jeans)』 (リサ・デリューと分け合った)[4]
  • 1983年 CAFA 最優秀主演女優賞 『ローズ色の娘たち/ディープ・ナマビジョン (Sexcapades)[4]
  • 1983年 CAFA 最優秀助演女優賞 『Night Hunger[4]
  • 1984年 AVN 最優秀主演女優賞(映画) 『ローズ色の娘たち/ディープ・ナマビジョン』[5]
  • AVN殿堂[6]
  • Legends of Erotica[7]
  • XRCO殿堂[8]

出演作の一部[編集]

  • 1977年 - 『クライマックス・パート4 (Joy)
  • 1978年 - 『ディープ・カミング (Skin-Flicks)
  • 1980年 - 『マニアック (Maniac)
  • 1981年 - 『猟色/スキャンダルV (Blue Jeans)
  • 1982年 - 『ダーティ・リップス/女の欲望 (Foxtrot)
  • 1982年 - 『ミス・ジョーンズの背徳2 (The Devil in Miss Jones, Part II)
  • 1983年 - 『ニンフォマニア/けもの好き (Suzie Superstar)
  • 1983年 - 『ローズ色の娘たち/ディープ・ナマビジョン (Sexcapades)
  • 1983年 - 『Night Hunger
  • 1984年 - 『金髪女クライマックス・ポーズ (Dirty Blonde)
  • 1985年 - 『テージャ・レイの獣愛人魚 (Talk Dirty to Me, Part IV)
  • 1986年 - 『ナイト・ジュース/獣たちの寝室 (Jewel of the Nite)
  • 1986年 - 『ジンジャー・リンのビバリーヒルズCOX (Beverly Hills Cox)
  • 1987年 - 『金髪の奥/ファイヤー・スワップ (Both Ends Burning)
  • 1989年 - 『ヴィクトリア・パリスINファンタジー/ミステリー・ゴールド (Mystery of the Golden Lotus)
  • 1997年 - 『テキサス州立名門失神女学院 (Debbie Does Dallas : The Next Generation)

登場した雑誌の一部[編集]

  • 1990年 : Tight Ropes 2/04 (HOM)
  • 1991年 : Motorcycle Mistress Mamas #1 (Lyndon Distributors Limited (LDL))
  • 1991年 : Special Request #2 (HOM)
  • 1992年 : Boss Bitch in Bondage #1 (LDL)
  • 1992年 : The Taming of June Bauer #1" (LDL)
  • 1994年 : Punished (bondage magazine)|Punished 3/10 (HOM)
  • 1995年 : Tied & Tickled 2/009

脚注[編集]

  1. ^ a b Sharon Mitchell Chat at Court TV Online” (英語). courttv.com (2001年7月30日). 2007年11月14日閲覧。
  2. ^ Sharon Mitchell Chat at Adult DVD Talk” (英語). adultdvdtalk.com (2000年8月23日). 2007年2月26日閲覧。
  3. ^ Nick Madigan (2004年5月10日). “Voice of Health in a Pornographic World” (英語). New York Times. 2007年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c “rame awards list” (英語). http://www.rame.net/library/lists/best.html 2007年12月30日閲覧。 
  5. ^ AVN Awards Past Winners” (英語). pp. 1984. 2007年7月19日閲覧。
  6. ^ “AVN殿堂入りメンバー” (英語). http://www.avnawards.com/index.php?content=halloffame 2008年8月20日閲覧。 
  7. ^ “Legends of Erotica” (英語). http://www.ainews.com/story/12687/ 2008年8月20日閲覧。 
  8. ^ “XRCO殿堂入りメンバー” (英語). http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2008年8月20日閲覧。