シャンゴ (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

シャンゴ』は宝塚歌劇団の作品。

雪組 宝塚大劇場公演[編集]

形式名は「グランド・ショー」。

20場。

作・演出は鴨川清作。

音楽担当は中井光晴、入江薫、寺田瀧雄

音楽指揮は橋本和明

歌唱指導は水島早苗

照明担当は今井直次。

小道具担当は上田特市。

効果担当は東信行

録音担当は松永浩志。

演出補担当は海野洋司、酒井澄夫

シャンゴ役は真帆志ぶき

ナレーター役は大路三千緒

アレン役は可奈潤子。

サム役は牧美佐緒。

参考文献は『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.55、56、62-64(宝塚歌劇団)。

1967年のみのデータ[編集]

併演は『花のオランダ坂』。

公演期間は9月1日から28日まで。

スタッフ[編集]

  • 振付担当:パティ・ストーン、県洋二、アキコ・カンダ
  • 装置:黒田利邦
  • 装置(5場~9場):静間潮太郎
  • 衣装:今井直次
  • 振付補:高木祥次
  • 製作補:黒木ひかる
  • 制作:野田浜之助

主な出演[編集]

1968年のみのデータ[編集]

併演は『藤花の宴』。

公演期間は3月1日から26日まで。

スタッフ[編集]

  • 振付担当:パティ・ストーン、県洋二、朱里みさを、アキコ・カンダ
  • 装置:黒田利邦、静間潮太郎
  • 衣装:静間潮太郎
  • 振付補:黒木ひかる
  • 制作:小辻糺、野田浜之助

主な出演[編集]

  • 踊る男:曽我桂子
  • 踊る女:木花咲耶
  • 踊る男、幻想の女:松乃美登里
  • ハイチの男:亜矢ゆたか、安奈淳
  • 踊る女A:大原ますみ
  • 歌う男:汀夏子、若菜ゆき

雪組 東京宝塚劇場公演[編集]

主なスタッフに鴨川清作がいる。

参考文献は、宝塚歌劇90年史『すみれの花歳月を重ねて』p.279、280(宝塚歌劇団)。

1967年[編集]

併演は『花のオランダ坂』。

公演期間は11月2日から11月26日まで。

1968年[編集]

併演は『トリスタンとイゾルデ』。

公演期間は9月1日から9月17日まで。