シャーウッドの森のロボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シャーウッドの森のロボット
Robot of Sherwood
ドクター・フー(新シリーズ)』のエピソード
Doctor Who Symphonic Spectacular (Leeds 2015) (18223659235).jpg
ノッティンガムの騎士
話数 シーズン8
第3話
監督 ポール・マーフィー
脚本 マーク・ゲイティス
制作 ニッキー・ウィルソン英語版
音楽 マレイ・ゴールド
初放送日 イギリスの旗 2014年9月6日
エピソード前次回
← 前回
ダーレクの中へ
次回 →
聞いて
ドクター・フーのエピソード一覧

シャーウッドの森のロボット」(シャーウッドのもりのロボット、原題: "Robot of Sherwood")は、イギリスSFドラマドクター・フー』の第8シリーズ第3話。脚本はマーク・ゲイティス、監督はポール・マーフィーが担当し、BBC One で2014年9月6日に初放送された。

本作では、異星人のタイムトラベラー12代目ドクター(演:ピーター・カパルディ)とコンパニオンのクララ・オズワルド(演:ジェナ・ルイーズ・コールマン)が1190年のシャーウッドの森に到着し、伝説の英雄ロビン・フッド(演:トム・ライリー英語版)と、ロボットの騎士を編成して金を強奪するノッティンガムの代官英語版(演:ベン・ミラー)と出会う。イギリスでの視聴者数は728万人で、一般に批評家からは肯定的に評価された。

あらすじ[編集]

連続性[編集]

ロビン・フッドや彼を取り巻く子分や環境を疑ったドクターは、当初自分とクララがミニスコープの中にいるかもしれないと考えた。ミニスコープは3代目ドクターの Carnival of Monsters(1973年)で登場した[1]

製作[編集]

脚本[編集]

Doctor Who Magazine のインタビューで、脚本家マーク・ゲイティスは本作をドクターとロビン・フッドの45分の物語にする意図があると語った。また、彼は「設定は本質的に面白いけれど、書いているときは面白いエピソードだと思わなかった。それでも大きな疑問を提起してはいるが、間違いなく薄っぺらいものだった」とも述べた[2]

撮影[編集]

台本の読み合わせは2014年3月20日に行われた[3]。撮影は2014年3月25日に始まり[3]、2014年4月15日には Fforest Fawr (en[4][5]、4月17日にはケルフィリー城[6]撮影が行われた。Fforest Fawr とケルフィリー城はいずれも以前『ドクター・フー』のロケ地として使用されており、前者は「盗まれた地球」と「旅の終わり」、後者は「ヴェネチアの吸血鬼」と「銀色の悪夢」のロケ地であった。ボディアム城英語版の外観も撮影に使用された。撮影は2014年5月3日に完了した[3]

ドクターが現実のロビン・フッドに見せている彼の伝説のイメージの1つは、パトリック・トラウトンが1953年のテレビシリーズ Robin Hood で演じたものであった。トラウトンは後に1966年から1969年にかけて2代目ドクターを演じた[7][8][9][10]

削除シーン[編集]

2014年9月4日、BBCはISILによりジェームズ・フォーリースティーヴン・ソトロフが殺害されたことを受け、エピソード終盤のバトルの一部シーンを削除したことを報じた[11][12][13][14][15][16]。オリジナルシーンでは、ロビンが代官の首を斬って代官の正体がロボットであると露見していた[17][18][19]

配役[編集]

タック修道士英語版役のトレヴァー・クーパー英語版は以前にも『ドクター・フー』の Revelation of the Daleks(1985年)に出演していた。アラン・ア・デイル英語版役のイアン・ハラード英語版は50周年記念エピソード An Adventure in Space and Time(2013年)でリチャード・マーティン英語版役を演じていた[3]

放送と評価[編集]

放送前の流出[編集]

ラテンアメリカの放送に向けてマイアミBBCワールドワイドサーバーに送られた第8シリーズの5話分の台本が流出したことがあり、「シャーウッドの森のロボット」の台本もその中の1つであった[20]

2014年8月18日、エピソードのラフバージョンがオンライン上に流出した。流出したバージョンの映像はモノクロであり、視覚効果と音声効果および音楽は完全なものになっていなかった。また、放送前に削除された代官の斬首シーンも含まれていた。この流出は「深呼吸」や「ダーレクの中へ」に続くものであり、BBCは非公式コピーからのネタバレを拡散しないようファンに[21]

放送[編集]

当夜の視聴者数は620万人で、タイムシフト視聴者を加算すると728万人に達した[22]。Appreciation Index は82を記録した[23]

アメリカ合衆国ではBBCアメリカでの放送を114万人が視聴した[24]

批評家の反応[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
The A.V. Club英語版B-[25]
ペースト8.0[26]
SFX2/5stars[27]
TV Fanatic4.5/5stars[28]
CultBox4/5stars[29]
IndieWireB+[30]
IGN6.9[31]
ニューヨーク・マガジン4/5stars[32]
ラジオ・タイムズ5/5stars[33]
デジタル・スパイ英語版4/5stars[34]
デイリー・テレグラフ5/5stars[35]

批評家の反応は一般に肯定的であった。ガーディアン紙のダン・マーティンは脚本と演技を称賛したが、本作でドクターの出番が控えめになっていること、伝承を認めなかった長さを批判した[36]ラジオ・タイムズのパトリック・マルケーンは本作を「ウィットに富んだ見事な2人の英雄の出会い」だと表現し、ゲイティスについて「理路整然としたプロットを提供する上品で大いにウィットに富んだ台本」を称賛し、ドクターとロビンを「『ドクター・フー』史上最も面白い2人の俳優の1つだ」と評価した[37][38]デイリー・テレグラフのマイケル・ホーガンは本作に星5つを付け、「カパルディが真にドクターの役に入り込んだ」エピソードであると述べた[35]。Den of Geek のサイモン・ブリューは「深呼吸」や「ダーレクの中へ」とは対照的なエピソードの明るさを高く評価し、「とても面白い」「素晴らしく滑稽だ」とコメントした。彼は本作が「時間がある時に手を伸ばすタイプの『ドクター・フー』で、顔に大きな笑顔を浮かべたくなる」と述べた[39]

Metro のティム・リューは本作を「面白くしようとしすぎている」と批判し、またドクターの行動も「深呼吸」や「ダーレクの中へ」と食い違っていると批判した[40]フォーブスもドクターの性格の食い違いを指摘したが、カパルディが「彼の解釈を役にもたらすのに十分なロープを脚本の中に見つけた」とも称賛した。彼らは物語に厚みがあることや登場人物それぞれのキャラクター性を称賛したが、本作に実体がなく、編集と演出の悪さに苦しんでいると指摘した[7]インデペンデント紙のニーラ・デブナスも批判的であり、「鈍くナンセンスな落胆だ」と述べ、「意味の通らないエピソードでテンポも奇妙」だと評価した。また、彼女はクララが「ときめいている女学生」に逆戻りしていると批判した[41]IGNは賛否両論の評価をしており、「新ドクターのための軽薄で薄っぺらい冒険」と表現した[31]

書籍版[編集]

Robot of Sherwood
著者 David Maule
シリーズ Doctor Who novelisations
出版社 Pearson Education
出版日 2018年6月15日
ISBN 978-1292205656

Pearson Education は、デイヴィッド・モールによる英語学習者用の本作の小説版を2018年6月15日に出版した[42][43]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ BBC One - Doctor Who, Series 8, Robot of Sherwood - Robot of Sherwood: Fact File”. BBC. 2020年9月21日閲覧。
  2. ^ Details on Series 8′s First Four Episodes”. Doctor Who TV (2014年8月20日). 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d Robot of Sherwood: Fact File”. Doctor Who. BBC One. 2014年9月7日閲覧。
  4. ^ Claire Hodgson (2014年4月16日). “Jenna Coleman wears figure-hugging medieval dress for Doctor Who series 8 filming with Peter Capaldi”. デイリー・ミラー. 2014年8月20日閲覧。
  5. ^ Series 8 Filming: A Merry Day”. Doctor Who TV (2014年4月15日). 2014年8月20日閲覧。
  6. ^ Series 8 Filming: A Castle and a Villain”. Doctor Who TV (2014年4月17日). 2014年8月20日閲覧。
  7. ^ a b Ewan Spence (2014年9月6日). “'Doctor Who' Series 8 Episode 3 Review: Robot Of Sherwood”. フォーブス. 2014年9月7日閲覧。
  8. ^ Gardner, Chris (2014年9月14日). “Review: Doctor Who - Robot of Sherwood”. Stuff.co.nz. 2014年12月7日閲覧。
  9. ^ Wilkins, Alasdair (2014年12月6日). “Doctor Who: "Robot Of Sherwood"”. The A.V. Club. 2014年12月7日閲覧。
  10. ^ McAlpine, Fraser (2014年9月7日). “'Doctor Who' Recap: 'Robot of Sherwood'”. Anglophenia. BBCアメリカ. 2015年1月10日閲覧。
  11. ^ Stephen Kelly (2014年9月4日). “BBC makes edit to Doctor Who Robot of Sherwood "out of respect" after two journalists are killed”. ラジオ・タイムズ. 2014年9月4日閲覧。
  12. ^ Carl Greenwood (2014年9月4日). “Beheading scene removed from Doctor Who by BBC after horrific ISIS executions”. デイリー・ミラー. 2014年9月4日閲覧。
  13. ^ Daisy Wyatt (2014年9月4日). “Doctor Who beheading scene cut from 'Robert of Sherwood' after Steven Sotloff murder”. インデペンデント. 2014年9月4日閲覧。
  14. ^ Jason Deans (2014年9月4日). “BBC edits Doctor Who beheading scene after Islamic State journalist killings”. ガーディアン. 2014年9月4日閲覧。
  15. ^ 'Doctor Who' Beheading Scene Dropped By BBC Following Murder Of US Journalist Steven Sotloff”. ハフィントン・ポスト (2014年9月4日). 2014年9月4日閲覧。
  16. ^ BBC cut beheading scene from Doctor Who after Isil murders”. The Daily Telegraph (2014年9月4日). 2014年9月4日閲覧。
  17. ^ Sarah Deen (2014年9月6日). “Doctor Who Robot of Sherwood was edited before broadcast to remove beheading scene”. Metro. 2014年9月7日閲覧。
  18. ^ Neil Midgley (2014年9月6日). “Review: 'Doctor Who', Episode 803: The Crucial Plot That Was Edited Out With The Beheading”. フォーブス. 2014年9月7日閲覧。
  19. ^ Robot of Sherwood: What Was Cut”. Doctor Who TV (2014年9月6日). 2014年9月7日閲覧。
  20. ^ Ben Dowell (2014年7月7日). “Please don't share secrets of Doctor Who series 8 - BBC Worldwide "sorry" for five leaked scripts”. ラジオ・タイムズ. 2014年8月20日閲覧。
  21. ^ Series 8 Episode 3 Leaks Online to File Sharing Networks”. Doctor Who Worldwide (2014年8月18日). 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月19日閲覧。
  22. ^ Doctor Who Series 8 Ratings Accumulator”. Doctor Who TV (2014年9月7日). 2014年9月7日閲覧。
  23. ^ Doctor Who Series 8 (2014) UK Ratings Accumulator”. Doctor Who TV. 2020年9月21日閲覧。
  24. ^ Saturday Cable Ratings”. TV by the Numbers (2014年9月7日). 2014年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月9日閲覧。
  25. ^ Wilkins, Alasdair (2014年9月6日). “Doctor Who: "Robot Of Sherwood"”. The A.V. Club. 2018年11月5日閲覧。
  26. ^ Rozeman, Mark (2014年9月7日). “Doctor Who Review: "Robot of Sherwood"”. ペースト. 2018年11月5日閲覧。
  27. ^ Edwards, Richard (2014年9月6日). “Doctor Who S8.03 - Robot of Sherwood Review”. SFX. 2018年11月5日閲覧。
  28. ^ Pavlica, Carissa (2014年9月6日). “Doctor Who Review: A Bony Rascal and Men Too Merry”. TV Fanatic. 2018年11月5日閲覧。
  29. ^ Stewart, Malcolm (2014年9月6日). “'Doctor Who' review: 'Robot of Sherwood' is breathlessly fun”. CultBox. 2018年11月5日閲覧。
  30. ^ Welsh, Kaite (2014年9月6日). “Review: 'Doctor Who' Season 8 Episode 3, 'Robot of Sherwood,' Was So Almost Perfect”. IndieWire. 2018年11月5日閲覧。
  31. ^ a b Risley, Matt (2014年9月6日). “Doctor Who: "Robot of Sherwood" Review”. IGN. 2014年9月7日閲覧。
  32. ^ Ruediger, Ross (2014年9月7日). “Doctor Who Recap: We Can Be Heroes”. Vulture.com. 2018年11月5日閲覧。
  33. ^ Mulkern, Patrick (2014年9月6日). “Robot of Sherwood”. ラジオ・タイムズ. 2018年11月5日閲覧。
  34. ^ Jeffery, Morgan (2014年9月6日). “Doctor Who series 8 'Robot of Sherwood' recap: Smart, fun and very silly”. Digital Spy. 2018年11月5日閲覧。
  35. ^ a b Hogan, Michael (2014年9月7日). “Doctor Who, Robot of Sherwood, review: 'deliriously daft'”. デイリー・テレグラフ. 2014年9月7日閲覧。
  36. ^ Dan Martin (2014年9月6日). “Doctor Who recap: series 34, episode three – Robot of Sherwood”. ガーディアン. 2014年9月6日閲覧。
  37. ^ Patrick Mulkern (2014年9月6日). “Doctor Who Robot of Sherwood review: a superb, witty, heart-warming encounter between two heroes”. ラジオ・タイムズ. 2014年9月7日閲覧。
  38. ^ Stephen Kelly (2014年9月6日). “"Matt Smith's Doctor would've loved Robin Hood" - Tom Riley talks Robot of Sherwood”. ラジオ・タイムズ. 2014年9月7日閲覧。
  39. ^ Brew, Simon (2014年9月6日). “Doctor Who series 8: Robot Of Sherwood review”. Den of Geek. 2020年9月21日閲覧。
  40. ^ Tim Liew (2014年9月6日). “Doctor Who season 8, episode 3: Is Robot Of Sherwood more of a farce than a comedy?”. Metro. 2014年9月6日閲覧。
  41. ^ Neela Debnath (2014年9月6日). “Doctor Who, Robot of Sherwood, review: A dull and nonsensical disappointment”. インデペンデント. 2014年9月7日閲覧。
  42. ^ Level 2: Doctor Who: The Robot of Sherwood. Pearson Education. (12 April 2018). ASIN 1292205652 
  43. ^ Level 2: Doctor Who: The Robot of Sherwood - Pearson Readers”. readers.english.com. 2018年4月6日閲覧。