シャーデンフロイデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
独りの修道士が言うことを聞かないロバと格闘しているのを、他の修道士は笑って見ているばかりで助けもしない[1]
絵は、スペイン人画家エドゥアルド・サマコイス・イ・サバラ英語版の手になる歴史画 "Regreso al convento"。1868年の油彩画。分野はアカデミック美術

シャーデンフロイデ: Schadenfreude)とは、自分が手を下すことなく他者が不幸悲しみ苦しみ、失敗に見舞われたと見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情[2]

[編集]

ドイツ語[編集]

"Schadenfreude"は「損害」「害」「不幸」などを意する "Schaden" と「喜び」を意する "Freude" を合成したドイツ語であり[3]、意味合いとしては「他人の不幸を喜ぶ気持ち」もしくは「人の不幸を見聞きして生じる喜び[3]」をいう。英語に導入されているが、文法の違いにより、語頭の大文字小文字化する。語源学的に紐解けば以下のとおり。

"Roman holidays" に酔いしれるローマ市民は、不甲斐なく敗れた剣闘士にとどめを刺すよう、勝者に向けて親指で「敗者を殺せ」(英語でいうところの "thumbs down")と指図している。[注 1]

"Schadenfreude ist die schönste Freude, denn sie kommt von Herzen.(意:シャーデンフロイデは最高の喜び、なぜならそれは心から来たものである。)" というもある。

英語[編集]

「ドイツ語」節で示したとおり、英語には借用語としてほぼそのまま導入されており、"schadenfreude" と綴る。

また、旧来の英語では「他人の犠牲において楽しむ娯楽」を意味する "Roman holiday(s)" が[4][5]相通じる表現と言える。この語は、ローマ人古代ローマ市民)が休日に円形闘技場で行われる剣闘士の死闘や罪人の残酷な処刑などといった見世物を楽しんだことに由来しており[5]日本語訳では「ローマの休日」あるいは「ローマ人の休日」という[5]

初出は、イングランド詩人ジョージ・ゴードン・バイロン(バイロン卿)が1812年から1818年までの間に著した旅行記『チャイルド・ハロルドの巡礼(原題:Childe Harold's Pilgrimage)』(別の邦題:チャイルド・ハロルドの遍歴)の「18年」篇(1818年)に所収の一節 "He, their sire, Butcher'd to make a Roman holiday!" である[4]

なお、1953年製のアメリカ映画ローマの休日(原題:Roman Holiday)』は全くの無関係。

漢語[編集]

漢語における類義語としては、『春秋左氏伝』の「荘公二十年」と「僖公一四年」にある表現「幸災樂禍」がある[6]。これは「他人の不幸を見て楽しんだり喜んだりすること」を意味し、四字熟語になっている[6][7]。「樂禍幸災」も同義の四字熟語で、出典は同じく『春秋左氏伝』の「荘公二十年」と「僖公一四年」である[7]

  • 中国語表記:幸災樂禍簡体字幸灾乐祸)、現代日本語表記:幸災楽禍。
  • 中国語表記:樂禍幸災簡体字乐祸幸灾)、現代日本語表記:楽禍幸災。

同書の編纂者が左丘明であるという伝承に基づく限りでは、いずれも初出は左丘明の存命中ということで春秋時代以内。歴史書『春秋』の編纂に孔子が関わっているなら、孔子の存命中に左丘明が註釈書『春秋左氏伝』を手がけ始めるとは考えられないため、その着手は紀元前479年より早くはない。記述に該当する為政者と治世と西暦年は、の第16代君主荘公の20年で紀元前674年、および、魯の第18代君主・僖公の14年で紀元前646年

日本語[編集]

日本語では「ざまあみろ」の感情である。シャーデンフロイデの類義語としては、「隣の貧乏[8][3]」および「隣の貧乏の味[8]」があり、「隣の不幸は鴨の味[9]」「隣の不幸はの味[9]」「隣の不幸はの味[9]」「他人の不幸は蜜の味[10][注 2]」などともいう。「人の過ち我が幸せ[11]」「隣で搗くの音一つ食いたい蓬餅[9]」「隣でが建てば此方で腹が立つ[9]」「隣り嫉み[9](となりそねみ)」も類義語。

また、これらに加えて、SNS黎明期の2000年代前半に「他人の不幸で今日もが美味い[3]」の略語として2ちゃんねるから生まれたインターネットスラングメシウマ[3][12][13]」があり、その後、「他人の幸福で今日も飯が不味い」および「自分が不幸で今日も飯が不味い」という意味の対義語メシマズ」も派生した[3]

考察[編集]

ベン・ゼェヴ英語版は、シャーデンフロイデが生じる状況の典型的特徴について、以下の3点を挙げている[14]

他者の不幸が相応と知覚されている
不幸の責任の所在によってシャーデンフロイデの生じやすさは変化する。その不幸が他者自身の落ち度であればシャーデンフロイデが生じやすいが、不可抗力な事態であればシャーデンフロイデは生じにくい(生じない訳ではない)。
他者の不幸が深刻では無い
相対的に小さい不幸に対してシャーデンフロイデは生じやすい。誰かが死亡するなど、深刻な不幸に対してはシャーデンフロイデは生じにくい(生じない訳ではない)。
他者の不幸に対して受動的である
意図的に相手を不幸に陥らせる訳ではなく、たまたま見聞きして幸福感を得る点で、攻撃行動サディズムとは異なる。

シャーデンフロイデが喚起される重要な要因に復讐心があると想定されている[14]fMRIを使った実証実験では、女性の復讐心が妬みに分散するのに対し、男性は自分に不利益や不正を働いたものに降りかかる不幸はシャーデンフロイデに直結することを示している。ニーチェはシャーデンフロイデについて「平等性の勝利と回復についての最も卑俗な表現」と述べている。シャーデンフロイデとは何らかの不公正や不平等を感じていた者が、他者が見舞われた不幸によって果たされる消極的な復讐といえる[14]

社会的比較[編集]

シャーデンフロイデを、自分と不幸に見舞われる他者を社会的比較を経て生じる感情の一種として捉える立場もある[14]

リチャード・H・スミス (Richard H. Smith) [15][16]は、社会的比較によって生じるさまざまな感情について、他者に生じた出来事が自分と他者にもたらす結果という観点で、自分と他者の社会的優劣による上・下比較と、自分と他者の感情が類似していれば同化的、その逆なら対比的というパラメータに分け、4象限マトリクスで整理した。スミスの分析では、シャーデンフロイデは対象を自分より劣った者と見なす下方比較によって生じる感情であり、不幸によって悲しむ他者の状況に自分は喜んでいる点で対比的といえる[14]

他者に対してあらかじめ抱いていた感情がシャーデンフロイデを促すという仮説がある[14]。とりわけ妬みはシャーデンフロイデと表裏一体の感情と捉えられている。妬みとは自分には無いものを持つ他者を見て、自分が劣った存在であると自覚する自己意識である。上記のマトリクスで言えば上方比較となり、妬みとシャーデンフロイデは対極的位置にある。架空の人物による仮想場面を用いた実証実験によって、妬みがシャーデンフロイデを促すこと、異性より同性に対してその傾向が強くなること、妬みがシャーデンフロイデに変化する脳内プロセスが明らかにされている[14]

関連作品[編集]

ザ・シンプソンズ[編集]

アメリカテレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』の、シーズン3の第3話「ホーマーの願い事(英語: When Flanders Failed」(※本国アメリカでは1991年10月3日初放送。日本未放送)は、シャーデンフロイデをテーマにしている[17]岡田斗司夫は、これが「シャーデンフロイデ」という語の一般社会における初出ではないかと推定している[17]。内容は以下のようなものである。

主人公ホーマー・シンプソンズは、理想的な家庭にも仕事にも恵まれて人格的にも非の打ちどころがない隣人ネッド・フランダースのことをいつも羨ましく思っている。そのネッドが会社を辞めて左利きの専門店を出すと言いだした。何をやっても上手く行くネッドのことがとにかく面白くないホーマーは、「ネッドの店なんか客の入りが悪くて潰れてしまえばいい」とついつい願ってしまう。ネッドは実際に開店したが、ホーマーが見に行くと店はガラガラであった。帰宅したホーマーはいたくご機嫌で、ネッドの店のありさまをさも嬉しそうに家族に言い触らす。すると、年端も行かない娘のリサから「パパ、それはシャーデンフロイデというものよ」と指摘されてしまった。「それは何だ」とホーマーが訊くと、リサは「ドイツ語で“他人の不幸を喜ぶ恥知らず”っていう意味よ」とかなり辛辣に解説してくれた。これを聴いたホーマーは、単純な性格の自分にそのような屈折した感情があるのに驚き、アタフタとして苦しい言い訳を始める。「いつもチヤホヤされて幸せそうだったから、パパもつい…」(俺ひとりがそんな悪い想像をしたって別にかまわないだろう…)とつぶやくのであるが、娘は軽蔑の目を向けるばかりであった。[17][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 絵は、フランス人画家ジャン=レオン・ジェロームの手になる歴史画『指し降ろされた親指 (Pollice verso )』。1872年の油彩画。フランス語による原題も英題も共通で、親指による指図を意味するラテン語成句 "pollice verso (en)" をそのままタイトルに使っている。この絵では画面手前に白いパッラ英語版を纏った女性が寄り集まっているが、彼女達はウェスタの処女である。
  2. ^ 辞書的にはこの場合の「他人」は「たにん」と読むが、一般には「ひと」と読む人も多い。

出典[編集]

  1. ^ Eduardo Zamacois y Zabala Regreso al convento”. Museo Carmen Thyssen Málaga. カルメンティッセン博物館英語版. 2020年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 松田英子(臨床心理学者。cf. KAKEN[1]〈研究者番号:30327233〉、日本の研究.com[2]) (2012年3月). “シャーデンフロイデ”. イミダス. 集英社. 2018年5月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 芸能人の謝罪会見見るとスッキリ、なぜ? カギは「シャーデンフロイデ」にある」『朝日新聞GLOBE+』朝日新聞社、2020年2月10日。2020年4月28日閲覧。
  4. ^ a b c Roman holiday (n.)”. Online Etymology Dictionary. 2020年4月28日閲覧。
  5. ^ a b c d Roman Holiday”. Weblio英和辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年4月28日閲覧。
  6. ^ a b c 幸災楽禍”. 故事・ことわざ辞典オンライン. 2020年4月28日閲覧。
  7. ^ a b c 楽禍幸災”. 故事・ことわざ辞典オンライン. 2020年4月28日閲覧。
  8. ^ a b c 隣の貧乏鴨の味”. 故事・ことわざ辞典オンライン. 2020年4月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 隣の不幸は鴨の味”. 日本語シソーラス:連想類語辞典. 2020年4月28日閲覧。
  10. ^ a b 鈴木宏昭(認知科学者。cf. 日本認知科学会[3]、KAKEN[4])、平凡社『最新 心理学事典』[5]. “認知”. コトバンク. 2020年4月28日閲覧。 “(...略...)他者の不快を快とする場合(日本語での「他人の不幸は蜜の味」)は,ドイツ語のSchadenfreude(シャーデンフロイデ)が慣用的に用いられている。”
  11. ^ a b 人の過ち我が幸せ”. 故事・ことわざ辞典オンライン. 2020年4月28日閲覧。
  12. ^ a b 「メシウマ」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!”. 言葉の手帳. 株式会社レベルス (2019年1月29日). 2020年4月28日閲覧。
  13. ^ ネット用語「メシウマ」の意味と使い方”. nanapi. Supership株式会社 (2013年10月29日). 2015年7月25日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ a b c d e f g 澤田 (2011), pp. 80-83.
  15. ^ Smith (2013).
  16. ^ スミス・澤田 (2018).
  17. ^ a b c d 岡田斗司夫 (2018年2月27日). “岡田斗司夫の毎日ブロマガ「シャーデンフロイデの謎 1・“ざまあみろ!”という感情」”. ニコニコチャンネル 923. 株式会社ドワンゴ. 2020年4月28日閲覧。
  18. ^ a b Yeardley Smith: Lisa Simpson - The Simpsons (TV Series) When Flanders Failed (1991)”. IMDb.com. Amazon.com. 2020年4月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • リチャード・H・スミス『シャーデンフロイデ: 人の不幸を喜ぶ私たちの闇』澤田匡人 訳、勁草書房、2018年1月27日(原著2013年7月31日)。OCLC 1023617578ISBN 4-326-29927-4、ISBN 978-4-326-29927-0。
  • 中野信子、澤田匡人『正しい恨みの晴らし方』ポプラ社〈ポプラ新書 053〉、2015年2月2日、32頁。OCLC 904594213ISBN 4-591-14422-4、ISBN 978-4-591-14422-0。
  • 中野信子『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』幻冬舎〈幻冬舎新書 な-17-2〉、2018年1月18日。OCLC 1020070241ISBN 4-344-98481-1、ISBN 978-4-344-98481-3。
  • 『社会心理学』二宮克美(cf. KAKEN[6]、日本の研究.com[7])・子安増生(編集)、新曜社〈キーワードコレクション〉、2011年6月29日。OCLC 738364615ISBN 4-7885-1236-X、ISBN 978-4-7885-1236-8。
    • 澤田匡人(cf. KAKEN[8]、researchmap[9])「シャーデンフロイデ」

関連項目[編集]