シャール・シュワーツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg シャール・シュワーツェル Golf pictogram.svg
Charl Schwartzel
Charl Schwartzel.JPG
基本情報
名前 シャール・シュワーツェル
生年月日 (1984-08-31) 1984年8月31日(33歳)
身長 181 cm (5 ft 11 in)
体重 66 kg (146 lb)[1]
出身地 ヨハネスブルグ
経歴
プロ転向 2002年
成績
優勝回数 PGAツアー:2勝
欧州ツアー:11勝
サンシャインツアー:9勝
アジアンツアー:1勝
世界ランク最高位 6位(2012年[2]
2014年1月17日現在
テンプレートを表示

シャール・シュワーツェル(Charl Adriaan Schwartzel、英語発音: [ˈʃɑrl ˈʃwɔrtsəl][3]1984年8月31日 - )は、南アフリカ出身のプロゴルファー2011年4月のマスターズ・トーナメントでメジャー初勝利をあげた。

2002年のプロ転向以降、サンシャインツアー(南アのプロゴルフツアー)、欧州ツアーおよびPGAツアーに参戦し、欧州ツアーではメジャータイトルを除き9勝している。

なお氏名の日本語表記にはシャール・シュワーツェル[4]のほか、チャール・シュワーツェル[1]チャール・シュワルツェル[5]カール・シュワルツェル[6]などがある。

生い立ちとアマチュア時代の経歴[編集]

1984年南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。南アフリカのジュニア・アマチュアでは、2002年のインド・アマチュア選手権およびイングリッシュ・オープン・アマチュア・ストローク選手権などで勝利するなど傑出した成績を残した[7]。また同年のアイゼンハワートロフィー(世界アマチュアゴルフチーム選手権)にも出場している[7]

プロ経歴[編集]

2002年、18歳のときにプロに転向し、同年末に欧州PGAツアーのツアー資格を取得した。これは南アフリカ出身のゴルファーとしてはデール・ヘイズに続いて史上2番目の若さである[7]。2003年、2004年も欧州ツアーに参戦し続け、2004年-2005年シーズンのアルフレッド・ダンヒル選手権でプロ初勝利をあげた[7]。同選手権は欧州ツアーとの共催且つ南アフリカ・サンシャインツアーの主要トーナメントであり、この勝利の結果2004年のサンシャインツアー賞金ランキングでトップ、2005年の欧州ツアー賞金ランキングでも52位となった。2005年ー2006年のサンシャインツアーでは2年連続の賞金王となり、シーズン終盤のボーダコム・ツアー選手権に勝利したことで世界ゴルフランキングで初めて100位内に入った[8][9]。シュワーツェルは2006年もフォームの改良を続け、同シーズンを賞金ランキングを18位、世界ランキングでは55位で終えた[10]

2007年、サンシャインツアーでは3年連続となる賞金王のタイトルを獲得、同年4月のオープン・デ・エスパーニャでは、最終日16番ホール(543ヤード、パー5)でイーグルを決めジョティ・ランダワを1打差で破って勝利し[11]、世界ランキング40位内入りを果たした[12]

同郷の大先輩ゲーリー・プレーヤーのチャリティー活動を支援するためゲーリー・プレーヤー・インビテーショナルにも幾度か参加した。2008年にはマドリード・マスターズで勝ち、2007年に続き2008年も欧州ツアーで勝利をあげたが、2009年は未勝利に終わった。

2010年の欧州ツアーでは、1月10日のアフリカオープン・1月17日のヨハネスブルグオープンと2週連続優勝を遂げた。いずれも南アフリカで開催された試合であり、この結果ワールドゴルフランキングにおいて50位入りを果たしている[13][14]。2010年シーズンの欧州ツアー賞金王ランキングでは最終的に8位であった[15]

2011年はPGAツアーにも参戦している。2011年1月16日のヨハネスブルグオープンでは2位に4打差をつけ大会2連覇を果たした[16][17]

2011年マスターズ勝利[編集]

2011年4月に開催された第75回マスターズ・トーナメントで、2位に2打差をつけてメジャー初優勝を遂げた。南アフリカ出身のゴルファーとしてはゲーリー・プレーヤートレバー・イメルマンに続く3人目のマスターズ制覇で、ゲーリー・プレーヤーがマスターズで初勝利をあげた1961年からちょうど50年目の優勝であった[18]。最終日、首位に4打差をつけられてのスタートであったが、2位のアダム・スコットジェイソン・デイらに2打差をつける勝利であった[19]

最終日1番はグリーン右サイドからチップインバーディーを決め、3番でもフェアウェイ中程からの第2打をグリーンにのせイーグルとスコアを伸ばし、この時点で首位スタートしたローリー・マキロイとの4打の差はなくなった。4番ではボギーを叩き、以降中盤は我慢のゴルフが続いたが、後半15番でバーディーを奪うと、16番・17番と3連続バーディーで単独首位に立ち、18番ではマスターズ史上初となる4連続バーディーを決めスコア「66」をマークして見事メジャー初タイトルを獲得した[20]。ゲーリー・プレーヤーは「これが王者のフィニッシュだ!」とシュワーツェルを讃えた[18]。なおこの勝利によりワールドゴルフランキングは前週の29位から11位にあがった。

同年のメジャー大会では、マスターズのみならず全米オープンでも9位タイ、全米プロゴルフ選手権では12位タイといずれも自己ベストとなる好成績を残している。また全英オープンでも2日までは7位と首位争いを演じていたが3日目に75を叩いて崩れ、最終順位は16位タイであった[21]

プロ通算成績 (10勝)[編集]

PGAツアー (2勝)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア パー 打差 2位(タイ)
1 2011年4月11日 マスターズ・トーナメント 69-71-68-66=274 -14 2打差 オーストラリアの旗 ジェイソン・デイ, オーストラリアの旗 アダム・スコット
2 2016年3月13日 バルスパー選手権 277 −7 プレーオフ アメリカ合衆国の旗 ビル・ハース

欧州PGAツアー (11勝)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位(タイ)
1 2004年12月12日
(2005年シーズン)
アルフレッド・ダンヒル選手権 -7 (71-69-70-71=281) プレーオフ イングランドの旗 ニール・チーサム
2 2007年4月29日 オープン・デ・エスパーニャ -16 (69-68-68-67=272) 1打差 インドの旗 ジョティ・ランダワ
3 2008年10月12日 マドリード・マスターズ -19 (69-64-66-66=265) 3打差 アルゼンチンの旗 リカルド・ゴンザレス
4 2010年1月10日 アフリカ・オープン -20 (67-70-68-67=272) 1打差 南アフリカ共和国の旗 トーマス・エイケン
5 2010年1月17日 ヨハネスブルグオープン -23 (63-68-64-66=261) 6打差 北アイルランドの旗 ダレン・クラーク, 南アフリカ共和国の旗 キース・ホーン
6 2011年1月16日 ヨハネスブルグオープン -19 (68-61-69-67=265) 4打差 南アフリカ共和国の旗 ガース・マルロイ
7 2011年4月10日 マスターズ・トーナメント -14 (69-71-68-66=274) 2打差 オーストラリアの旗 ジェイソン・デイ, オーストラリアの旗 アダム・スコット
8 2012年12月16日
(2013年シーズン)
アルフレッド・ダンヒル選手権 –23 (67-64-64-69=264) 12打差 スウェーデンの旗 Kristoffer Broberg
9 2013年12月1日
(2014年シーズン)
アルフレッド・ダンヒル選手権 -17 (68-68-67-68=271) 4打差 イングランドの旗 リチャード・フィンチ
10 29 Nov 2015 アルフレッド・ダンヒル選手権1 (4) −15 (66-67-70-70=273) 4 strokes フランスの旗 Grégory Bourdy
11 14 Feb 2016 ツワネオープン1 −16 (71-64-66-63=264) 8 strokes デンマークの旗 Jeff Winther

欧州ツアープレーオフ記録 (1-0)

No. トーナメント名 相手選手 結果
1 2004年 アルフレッド・ダンヒル選手権 イングランドの旗 ニール・チーサム 第1ホール、チーサムがパーとしたところ、バーディーで勝利

サンシャインツアー (9勝)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位(タイ)
1 2004年12月12日 アルフレッド・ダンヒル選手権 -7 (71-69-70-71=281) プレーオフ イングランドの旗 ニール・チーサム
2 2006年2月26日 ボーダコム・ツアー選手権 -14 (68-70-65-67=270) 4打差 南アフリカ共和国の旗 ダレン・フィチャート
3 2010年1月10日 アフリカ・オープン -20 (67-70-68-67=272) 1打差 南アフリカ共和国の旗 トーマス・エイケン
4 2010年1月17日 ヨハネスブルグオープン -23 (63-68-64-66=261) 6打差 北アイルランドの旗 ダレン・クラーク, 南アフリカ共和国の旗 キース・ホーン
5 2011年1月16日 ヨハネスブルグオープン -19 (68-61-69-67=265) 1打差 南アフリカ共和国の旗 ガース・マルロイ
6 2012年12月16日 アルフレッド・ダンヒル選手権 –23 (67-64-64-69=264) 12打差 スウェーデンの旗 Kristoffer Broberg
7 2013年12月1日
(2014年シーズン)
アルフレッド・ダンヒル選手権 -17 (68-68-67-68=271) 4打差 イングランドの旗 リチャード・フィンチ
8 29 Nov 2015 アルフレッド・ダンヒル選手権1 (4) −15 (66-67-70-70=273) 4 strokes フランスの旗 Grégory Bourdy
9 14 Feb 2016 ツワネオープン1 −16 (71-64-66-63=264) 8 strokes デンマークの旗 Jeff Winther

アジアンツアー(1勝)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位
1 2012年12月9日 タイ・ゴルフ選手権 −25 (65-65-68-65=263) 11打差 アメリカ合衆国の旗 バッバ・ワトソンタイ王国の旗 Thitiphun Chuayprakong

4大メジャートーナメントの成績[編集]

トーナメント 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
マスターズ - - - - - - - T30 1 T50
全米オープン - - - T48 T30 - 予選落 T16 T9 T38
全英オープン 予選落 - 予選落 T22 予選落 - 予選落 T14 T16 予選落
全米プロゴルフ選手権 - - - 予選落 予選落 T52 T43 T18 T12 T58

- = 不参加
T = タイ
背景黄色 = 10位内入賞
背景緑色 = 優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b チャール・シュワーツェル プロフィール”. ゴルフ情報ALBA  (2011年4月25日). 2011年8月30日閲覧。
  2. ^ Official World Golf Ranking”. ワールドゴルフランキング (2011年8月30日). 2011年8月30日閲覧。
  3. ^ Athlete Insights: meet Charl Schwartzel”. NikeGolf (2010年3月14日). 2011年4月11日閲覧。
  4. ^ マスターズ2011出場選手一覧 シャール・シュワーツェル ”. TBSテレビ. 2011年8月30日閲覧。
  5. ^ チャール・シュワルツェル プロフィール情報”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2011年8月30日閲覧。
  6. ^ スポーツナビ ゴルフ 選手成績 カール・シュワルツェル”. スポーツナビ. 2011年8月30日閲覧。
  7. ^ a b c d Player Profile Charl Schwartzel”. Sunshine Tour (2011年4月11日). 2011年4月11日閲覧。
  8. ^ SA golfers rise in world rankings” (2006年4月19日). 2011年4月13日閲覧。
  9. ^ Official World Golf Rankings, Week 8, 2006” (2006年2月26日). 2011年4月13日閲覧。
  10. ^ Official World Golf Rankings, Week 52, 2006” (2006年12月31日). 2011年4月13日閲覧。
  11. ^ Schwartzel Wins Open de Espana”. European Tour (2007年4月29日). 2011年4月11日閲覧。
  12. ^ Verplank Moves Up to 31st in Rankings”. Golf Channel. The Sports Network (2007年4月30日). 2011年4月12日閲覧。
  13. ^ Schwartzel claims one-shot victory in Africa Open”. USA Today (2010年1月10日). 2010年1月20日閲覧。
  14. ^ Charl Schwartzel coasts home in Joburg Open”. Telegraph (2010年1月17日). 2010年1月20日閲覧。
  15. ^ Successful 2010 season for Schwartzel sees him finish 8th in Order of Merit”. European Tour (2011年4月12日). 2011年4月12日閲覧。
  16. ^ SA's Charl Schwartzel retains Joburg Open title”. BBC (2011年1月16日). 2011年4月10日閲覧。
  17. ^ C.シュワルツェルが4打差をつけて大会連覇!”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2011年1月17日). 2011年8月30日閲覧。
  18. ^ a b 2011マスターズ特集 「初優勝のC.シュワルツェル、G.プレーヤーの“偉業”に花を添える」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2011年4月11日). 2011年8月30日閲覧。
  19. ^ Rory McIlroy collapse gives Charl Schwartzel the green jacket at Augusta National”. Daily Telegraph (2011年4月11日). 2011年4月11日閲覧。
  20. ^ Charl Schwartzel wins dramatic Masters title”. BBC (2011年4月11日). 2011年4月11日閲覧。
  21. ^ D.クラークが悲願のメジャー初制覇!池田勇太は38位タイ”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2011年7月18日). 2011年8月30日閲覧。