シャーロッツビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シャーロッツビル市
City of Charlottesville
バージニア大学健康システム
バージニア大学健康システム
愛称 : C-Ville、Hoo-Ville
標語 : "The best place to live in America
アメリカで最も住み良い場所)"
位置
バージニア州内における位置の位置図
バージニア州内における位置
座標 : 北緯38度8分0秒 西経78度27分0秒 / 北緯38.13333度 西経78.45000度 / 38.13333; -78.45000
歴史
創設 1762年
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  Flag of Virginia.svg バージニア州
      なし(独立市
 市 シャーロッツビル市
市長 ニカイア・ウォーカー(Nikuyah Walker)
地理
面積  
  市域 26.58 km2 (10.26 mi2)
    陸上   26.53 km2 (10.24 mi2)
    水面   0.05 km2 (0.02 mi2)
標高 181 m (594 ft)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 43,475人
    人口密度   1,781.30人/km2(4,613.57人/mi2
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
公式ウェブサイト : http://www.charlottesville.org/

シャーロッツビルまたはシャーロッツヴィルCharlottesville)はアメリカ合衆国バージニア州中央部に位置する都市独立市であるが、アルバマール郡郡庁所在地である。愛称は「C'ville」(スィー・ヴィル)。都市の名称は、イギリス王ジョージ3世王妃で、メクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロットに由来する。2019年の推定人口は47,266人である。シャーロッツビルとアルバマール郡を合わせた人口は、約150,000人である。アルバマール郡、バッキンガム郡、フルバンナ郡、グリーン郡ネルソン郡を含んだシャーロッツビル都市圏の中心地である。

シャーロッツビルは、アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンと第5代大統領のジェームズ・モンローの出身地である。また、第4代大統領のジェームズ・マディソンはシャーロッツビルの北東42kmの位置にあるオレンジの出身である。また、ジェファーソンが設立したバージニア大学を中心とした大学都市であり、ジェファーソンの邸宅モンティチェロがあることでも知られている。世界遺産にも選ばれているモンティチェロには毎年何万人もの観光客が訪れている。シャーロッツビルは2004年に『都市ランキングと評価』(Cities Ranked and Rated)の本で、物価気候QOLなどに基づいて、アメリカ国内で最も住みやすい都市に選ばれた。

歴史[編集]

1762年に憲章により、リッチモンドから大アパラチア峡谷(Great Appalachian Valley)に至る、スリー・ノッチト・ロード(Three Notched Road)という名の交易路(現在のアメリカ国道US 250)に沿って成立した。名称はジョージ三世の妃シャーロットに由来する。その他のシャーロッツビルを通る高速道路は、ワシントンD.C.からバージニア州ダンヴィルに至るUS 29と、シャーロッツビルの近くでUS 250と平行に走る州間高速道路64号線(I-64)である。

アメリカ独立戦争の間、協定軍(Convention Army)は1779年から1781年まで、シャーロッツビルのアルバマール兵舎に囚われの身となっていた。1781年6月4日に、イギリス軍の陸軍大将バナスター・タールトンは当時のバージニア知事トーマス・ジェファーソンと議会議員を捕獲するために、シャーロッツビルの襲撃を計画した。襲撃を知ったジャック・ジューエット(Jack Jouett)が夜通し40マイル (64km) を駆けてモンティチェロのジェファーソンと議員達に通報し、襲撃は失敗した。

バージニア州のほとんどの地域と異なり、シャーロッツビルは南北戦争の衝撃を免れた。シャーロッツビルで起こった唯一の戦闘は、地域の南部連合民兵ジョージ・アームストロング・カスターを撃退した、リオ・ヒル(Rio Hill)での小衝突(Battle of Rio Hill)である。

シャーロッツビルにおける最初の黒人教会1864年に設立された。それ以前には、白人教会礼拝を行うことはできたが、アフリカ系アメリカ人が独自の教会を持つことは違法であった。現在のアフリカ系アメリカ人の教会の大部分はこの教会に連なる。

2010年代に入り、南軍のシンボルの撤去を望む市民と望まない市民との間で対立が生じ、全米中の注目を集めることになる。市がロバート・E・リーストーンウォール・ジャクソンの銅像をダウンタウンの公園から撤去しようした際、訴訟の対象となった。2017年8月11日・12日、銅像撤去に反対する白人至上主義者のグループが「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」を開催し、リー・パーク(後にエマンシペーション・パークと改称)からロバート・E・リー像が撤去されたことに抗議した。 集会後、オルタナ右翼集会に抗議する人々に自動車が突入し、女性1人が死亡し、19人が負傷するという事件が起きた[1]。この事件は全国的なニュースとなり、シャーロッツビルは全国的な政治的混乱の象徴となった。

2019年7月1日、シャーロッツビル市議会はトーマス・ジェファーソンの誕生日を市の祝日から取りやめることを決議した(ジェファーソンが奴隷所有者だったことから)。この日は、1865年にフィリップ・シェリダン大将率いる軍隊が町を通過し、大多数の人々が奴隷として扱われているのを発見した日であり、奴隷の解放はその日を境に、多くのシャーロッツビルの人たちが自由になるための開始の一撃となった。

地理[編集]

地勢[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局のデータでは、市の総面積は27km2(10.3mi2)で、そのほぼ全てが陸地である。

シャーロッツビルは、バージニア州の中央、ジェームズ川支流のリヴァナ川(Rivanna River)沿い、20マイル(約32.2km)西方のブルーリッジ山脈と平行に走るサウスウェスト山脈(Southwest Mountains)のすぐ西に位置する。ワシントンD.C.から159km(99mi)、リッチモンドから116km(72mi)の距離にある。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では四季のある温暖湿潤気候(Cfa)で、すべての月で水に恵まれているものの、5月から9月までは降水が多い。冬はやや涼しく、1月の平均気温は2.2°Cだが、最低気温が-7°C以下まで下がる夜もあり、最高気温が10°Cに達する日も頻繁にある。夏は高温多湿で、7月の平均気温は25.1℃で、最高気温が90℃を超える日がある。 降雪量は年によって大きく異なるが、通常は少なく、平均44cm程度である。降り積もった雪が、長い間地面にとどまることはない。

シャーロッツビル市の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F°C 81
(27)
84
(29)
94
(34)
98
(37)
100
(38)
105
(41)
107
(42)
107
(42)
107
(42)
98
(37)
88
(31)
83
(28)
107
(42)
平均最高気温 °F°C 45.2
(7.3)
49.2
(9.6)
57.6
(14.2)
68.7
(20.4)
75.7
(24.3)
84.0
(28.9)
87.5
(30.8)
86.0
(30)
79.3
(26.3)
68.9
(20.5)
59.0
(15)
47.8
(8.8)
67.5
(19.7)
平均最低気温 °F°C 26.6
(−3)
29.0
(−1.7)
36.0
(2.2)
45.6
(7.6)
54.4
(12.4)
63.2
(17.3)
66.9
(19.4)
65.4
(18.6)
58.3
(14.6)
47.8
(8.8)
38.8
(3.8)
29.9
(−1.2)
46.9
(8.3)
最低気温記録 °F°C −10
(−23)
−9
(−23)
7
(−14)
14
(−10)
32
(0)
40
(4)
49
(9)
44
(7)
34
(1)
26
(−3)
8
(−13)
−3
(−19)
−10
(−23)
降水量 inch (mm) 3.10
(78.7)
3.07
(78)
3.85
(97.8)
3.40
(86.4)
4.63
(117.6)
4.16
(105.7)
5.32
(135.1)
4.07
(103.4)
4.90
(124.5)
3.74
(95)
4.09
(103.9)
3.35
(85.1)
47.68
(1,211.1)
降雪量 inch (cm) 3.4
(8.6)
5.8
(14.7)
2.1
(5.3)
0.2
(0.5)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.5
(1.3)
4.3
(10.9)
16.3
(41.3)
平均降水日数 (≥0.01 in) 9.2 9.3 10.7 11.4 12.6 10.6 12.2 11.1 9.7 8.3 8.9 9.6 123.6
平均降雪日数 (≥0.1 in) 2.2 2.2 0.8 0.1 0 0 0 0 0 0 0.3 1.5 7.1
出典:NOAA

経済[編集]

シャーロッツビルには、アメリカ国立電波天文台本部、リーンダー・マコーミック展望台(McCormick Observatory)、CFA協会が位置しており、マーサ・ジェファーソン病院とバージニア大学病院の2つの病院がある。シャーロッツビル都市圏には、国立地上情報センター(NGIC)がある。その他の大企業としては、クラッチフィールド、エマーソン・オートメーション・ソリューションズ、ペプシコSNLフィナンシャルなどがある。

教育[編集]

パブリック・アイビーバージニア大学はシャーロッツビル市とアルベマール郡に位置している。

ピードモント・バージニア・コミュニティ・カレッジはシャーロッツビルにある。

シャーロッツビルの著名人[編集]

その他、俳優のジェシカ・ラングサム・シェパードもこの地域に家を所持している。ゴスロックバンドベッラ・モルテ(Bella Morte)のメンバーもシャーロッツビル出身であり、ロックバンドPavementスティーヴン・マルクマスやシルバー・ジューズ(Silver Jews)のデビッド・バーマン(David Berman)は一時期シャーロッツビルに住んでいて、滞在中にそれぞれのバンドを結成した。

姉妹都市[編集]

シャーロッツビルは Sister Cities International, Inc. (SCI) によって指定された、4つの姉妹都市を有している:

脚注[編集]