シャーロット・ハザレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シャーロット・ハザレイ
Charlotte Hatherley supporting BLONDIE 01.jpg
シャーロット・ハザレイ(2007年7月14日)
基本情報
出生名 Charlotte Franklin Hatherley
生誕 1979年6月20日(37歳)
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
担当楽器 ギターキーボード
活動期間 1996年 -
公式サイト charlottehatherley.com

シャーロット・ハザレイCharlotte Hatherley1979年6月20日)は、イギリスロンドン出身のミュージシャンである。

概要[編集]

アッシュギタリストバッキングボーカルで、一部の作詞作曲も担当していた。 ソロ活動への転向のため、約10年に亘って在籍したアッシュを友好的に脱退した現在はソロ・ミュージシャンとして活躍している。
イギリスのBBC 6ミュージックが行った、過去30年の偉大なギタリストを決めるリスナー投票にて第40位に選ばれている。ちなみに女性ギタリスト限定ではPJ ハーヴェイ(39位)に次ぐ二番手にランクイン。

来歴[編集]

1997年にアッシュ側が、メンバー募集のために催したオーディションで一発合格をうけて正式メンバーとして加入して以降、奔放なメンバーの中にあって、そのクールな佇まいと力強いギター・プレイで独特の存在感を放ち、NMEの「もっともカッコいい女性」に選出されることも度々のガールズロッカーの憧れ的存在。アッシュ在籍時は落ち着いた色が基調のボーイッシュなファッションを好んでいたが、ソロ転向後は、スタンドカラーのプルオーバーキャミソール、ノースリーブのブラウスミニスカートを合わせるなどの華やかな服装が多くなっている。

アッシュ在籍時の2005年に、1stソロ・アルバム『グッド・ウィル・フェイド』を発表している。その際のソロツアーでフジロック・フェスティバルに出演。

彼女のサポート・バンドメンバーは、前年の2004年にアッシュとして参加したフジロック04で、同じく出演していたグレアム・コクソンのサポートバンドをしており、彼らと意気投合したのをきっかけにバンドを組んだとのこと(ちなみに、そのサポートメンバーの1人だったトビー・マクファーランドは、後にザ・ダークネスの脱退したベーシストの後任として正式加入した。)。

2007年にアッシュ脱退後初の2ndアルバム『ディープ・ブルー』をリリース。シングル『アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ』のPVには日本語の表記が登場している。

2009年バット・フォー・ラッシーズのサポートとしてライブツアーを回る。3rdアルバム『New Worlds』を発表(国内盤は未発売)。

2012年以降は新しいプロジェクトであるSylver Tongueを立ち上げ、活動をしている。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ名義

  • グレイ・ウィル・フェイド Grey Will Fade (2004) - 全英51位
  • ディープ・ブルー The Deep Blue (2007) - 全英109位
  • New Worlds (2009) - 全英チャート入りせず

Sylver Tongue

  • Something Big (2012)