シャーロット・モーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シャーロット・モーマン(Charlotte Moorman、1933年11月18日 - 1991年11月8日)はアメリカ合衆国チェリスト、パフォーマンス・アーティスト[1]

人物[編集]

シャーロット・モーマン、マドレーヌ・シャーロット・モーマン(Madeline Charlotte Moorman)は、1933年はアメリカ合衆国のアーカンソー州リトルロック (アーカンソー州)に生まれた。10歳からチェロを学び始め、ルイジアナ州シュリープポートにあるセンテナリー・カレッジに奨学金を得て入学、1955年に人文学士号(B.A.)を取得、テキサス大学オースティン校で人文修士号(M.A.)を取得。1962年にはジュリアード音楽院で学んでいる。

伝統的なコンサート・ホールでのキャリアを積み始めたものの、すぐに1960年代当時のアート・シーンに惹かれるようになり、フルクサスに参加。ナム・ジュン・パイクと親しくなり、以後、パイクの最大の共演者になった。

1963年1969年1971年1975年1977年1978年1980年には「ニューヨーク・アヴァンギャルド・フェスティバル」を企画し、セントラルパークスタテンアイランドフェリーなどいろいろな場所でそれを行った。

1967年にパイクと『オペラ・セクストロニック』を共演。服を脱ぎかけたところで、警察が乱入してきて、公然わいせつ罪で逮捕された。判決には執行猶予がついたものの、この事件で「トップレス・チェリスト」としてアメリカ中の名声と悪名を得ることになった。1969年には再びパイクと『生きた彫刻のためのTVブラ』を共演した。

彼女はパファーマーとして優秀なのみならず、広報および交渉者としても適格であり、ニューヨークの地方自治体とも良好な関係を築くことができた。これにより「ニューヨーク・アヴァンギャルド・フェスティバル」を開催し続けることができた。

1970年代後半にモーマンは乳癌を患い、乳房の切除を余儀なくされた。激しい痛みと日々悪化していく体をものともせず、1980年代を乗り切った。1991年11月8日に癌によりニューヨークで死去。57歳。

脚注[編集]

  1. ^ l'Ouest, Courrier de (2019年11月12日). “Saumurois. Charlotte Moorman « s’installe » pour quatre mois au château-musée de Montsoreau” (フランス語). Courrier de l'Ouest. 2019年11月12日閲覧。