シュウ酸鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

シュウ酸鉄(しゅうさんてつ、蓚酸鉄、iron oxalate)はシュウ酸であり、鉄の酸化数によって、シュウ酸鉄(II)とシュウ酸鉄(III)が存在する。

シュウ酸鉄(II)[編集]

シュウ酸鉄(II)二水和物
一般情報
IUPAC名 Iron(II) oxalate dihydrate
分子式 Fe(C2O4)・2H2O
分子量 179.89 g/mol
形状 淡黄色粉末
CAS登録番号 6047-25-2
性質
出典 Sigma Aldrich MSDS

水和水を持つ2価の鉄とシュウ酸の化合物である。化学式はFe(C2O4)・2H2O、CAS登録番号は[6047-25-2]である。空気を絶って強熱すると酸化鉄(II)と一酸化炭素および二酸化炭素になる[1]。空気中では160℃で分解するが脱水はできない[2]

シュウ酸鉄(III)[編集]

シュウ酸鉄(III)六水和物
一般情報
IUPAC名 Iron(III) oxalate hexahydrate
分子式 Fe2(C2O4)3・6H2O
分子量 483.84 g/mol
形状 黄色粉末
CAS登録番号 166897-40-1
性質
出典 Sigma Aldrich MSDS

水和水を持つ3価の鉄とシュウ酸の化合物である。化学式はFe2(C2O4)3・6H2O、CAS登録番号は[166897-40-1]である。光に当てると黄緑色に変化し、強い光によって二酸化炭素とシュウ酸鉄(II)に分解する[2]。水溶液に光を当てながら2~3日放置しても、徐々に分解し、シュウ酸鉄(II)を析出する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 化学大事典編集委員会 『化学大事典4』 (1993) p641
  2. ^ a b 化学大事典編集委員会 『化学大事典4』 (1975) p641