シュテファン・キースリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シュテファン・キースリング Football pictogram.svg
Stefan-Kiessling.jpg
名前
ラテン文字 Stefan Kießling
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1984-01-25) 1984年1月25日(34歳)
出身地 リヒテンフェルス
身長 191cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW(CF)
利き足 右足
ユース
1988-2001 ドイツの旗 1.FCアイントラハト・バンベルク
2001-2003 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003–2006 ドイツの旗1.FCニュルンベルク 73 (15)
2006–2018 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 342 (131)
通算 415 (146)
代表歴2
2003 ドイツの旗 ドイツ U-20 1 (0)
2004 ドイツの旗 ドイツ チーム2006英語版 1 (0)
2005–2006 ドイツの旗 ドイツU-21 15 (4)
2007–2014 ドイツの旗 ドイツ 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年9月29日現在。
2. 2013年4月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

シュテファン・キースリングStefan Kießlingドイツ語発音: [ˈʃtɛfan ˈkiːslɪŋ]1984年1月25日 - )は、西ドイツバイエルン州リヒテンフェルス出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。元ドイツ代表

姓はキースリンクと表記される場合もあるが、実際のドイツ語の発音に近いのはキースリングである。

経歴[編集]

クラブ[編集]

レバークーゼンでプレーするキースリング (2012)

1.FCアイントラハト・バンベルクから1.FCニュルンベルクの下部組織に移り、2001年にトップチームデビューした。ニュルンベルクではリーグ戦73試合に出場し、15得点を決めた。その活躍からアーセナルFCもオファーがあったが、2006年にバイエル・レバークーゼンに移籍した。

2007-08シーズンのUEFAカップでは7得点を決め、ルカ・トーニバイエルン・ミュンヘン)、パヴェル・ポグレブニャクゼニト・サンクトペテルブルク)に次いで得点ランキング3位にはいった。

2008-09シーズンはパトリック・ヘルメスとコンビを組み、自身は12ゴールを挙げた。ユップ・ハインケス監督が就任した2009-10シーズン序盤はヘルメスが怪我で離脱し、自身がフィニッシャーの役割を任せられたことから得点数が増加し、2009年11月のVfBシュトゥットガルト戦ではハットトリックを達成した。このシーズンは21ゴールを挙げ、ブンデスリーガ得点ランク2位となった。(1位はエディン・ジェコの22ゴール)

2012-13シーズン、25ゴールを挙げる活躍を見せ、ブンデスリーガ得点王に輝いた。その後は、自身の加齢による衰えや2015年のハビエル・エルナンデスの加入が重なり、ポジションを明け渡すことになったが、クラブの重鎮として共にチームを支えた。

2016年4月、現行契約を2018年まで延長、この契約には引退後のフロント入りも含まれていると報じられた。一方、2016年から股関節の慢性的な負傷に悩まされており、同年8月には一時、現役引退も示唆した。

2017-2018シーズン終了後に契約満了と同時に現役引退。

代表[編集]

ドイツ代表としてU-21代表ではエースとして活躍し、2007年3月28日の対デンマーク戦でA代表デビューを果たした。

2010 FIFAワールドカップに臨むドイツ代表にも選ばれ、決勝トーナメントのイングランド戦とウルグアイ戦で途中出場している。しかし、その後はドイツ代表でプレーをする気はないと公言し、ヨアヒム・レーヴ監督下では代表選手になる事はないとも語っている[1][2]

現役引退後[編集]

4ヵ月の休養の後、既報通り、2018年10月よりレバークーゼンのスポーツ部門のアドバイザーに就任。

エピソード[編集]

愛妻家で、ゴールを決めるたびに妻と子供の名前が彫られたタトゥーにキスをしている。なお料理も得意で、料理本も出版している[3]

2015年3月8日に行われたブンデスリーガ第24節SCパーダーボルン07戦にて彼の強烈なシュートが相手GKルーカス・クルーゼの顔面に直撃し、クルーゼは一時的に気絶してしまった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キースリンク、ドイツ代表復帰は考えず Goal.com 2013年8月26日
  2. ^ キースリンク、W杯出場を諦める フットボールチャンネル 2013年11月25日
  3. ^ 不振の続くゴメス、代表復帰拒否のキースリンク―ドイツ代表ストライカーは一体誰に?サッカーキング 2013年2月28日
  4. ^ 弾丸シュートを顔面ブロックしGKが気絶…ピッチ上で大の字にサッカーキング 2015年3月10日