ステファン・ベロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ステファン・ベロフ
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ
同・ギーセン
生年月日 (1957-11-20) 1957年11月20日
没年月日 (1985-09-01) 1985年9月1日(27歳没)
F1での経歴
活動時期 1984-1985
所属チーム '84,'85 ティレル
出走回数 22 (20スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 4
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年ブラジルGP
最終戦 1985年オランダGP
テンプレートを表示

ステファン・ベロフStefan Bellof, 1957年11月20日 - 1985年9月1日)はドイツのレーサーである。名はシュテファンとも表記する。

経歴[編集]

F1デビュー以前[編集]

1980年にドイツカート選手権でチャンピオンを獲得し、翌1981年にはドイツFF1600でチャンピオンとなった。同時にドイツF3に参戦、7レースに出場し、年間ランキング3位となった。翌1982年には、国際F2にステップアップ。2年間で2勝を挙げた。この他、世界耐久スポーツカー選手権ではワークスポルシェを駆り活躍していた。

また1983年には、アイルトン・セナマーティン・ブランドルとともにF1マシンのテストに呼ばれ、ドライブする機会があった。

F1参戦以後[編集]

1984年
1984年ダラスGP

ティレルからF1デビューを果たした。この年のティレルは自然吸気エンジンを使用していたが、自然吸気エンジンを使用していたのは、ティレルとアロウズだけだった。シーズンが進むとアロウズはBMWのターボエンジンの使用を開始し、ティレルが最後の自然吸気使用チームになった。ベロフは、第3戦ベルギーグランプリで6位に入り初入賞を記録すると、続く第4戦サンマリノグランプリでも5位に入賞した。

第6戦モナコGPでは、予選20位から追い上げ、3位表彰台を獲得。このレースは豪雨のために31周終了時点で打ち切られたが、終了時にベロフは2位のセナの13秒差、そしてトップのアラン・プロストの21秒差につけていた。またこのレースでのベロフのペースは、トップのプロストより明らかに速く、セナとほぼ変わらないものであった。加えて、セナはスタート前にガソリン漏れで背中を火傷しており、ギアボックスにもトラブルを抱えていたため、『本来の周回数だった77周は無理でも、せめて全周回数の75%である規定周回数の58周まで続いていればベロフが優勝しただろう』ともパドックでは囁かれていた。

ターボエンジンへの切り替わりに遅れたティレルの車両ながら入賞圏内で複数回ゴールし、順調なデビューイヤーだったが、第8戦デトロイトグランプリにて、チームがレギュレーションに違反する行為により、エンジン出力を挙げていたことが発覚(「水タンク事件」)。これによって、ティレルの成績はドライバー、チームともシーズンの全成績を抹消され、シーズン終盤の出場も禁止された。

波乱のルーキーシーズンとなったF1と並行し、それまで通り世界耐久選手権にも参戦。この1984年シーズンの全9戦中5勝をマークし、ドイツ人初のチャンピオンに輝いた。

1985年

F1には、前年の不祥事によりスポンサーの殆どが撤退したティレルから参戦。自身の初陣となった第2戦ポルトガルグランプリでは、豪雨の中序盤にマンフレッド・ヴィンケルホックと接触して右フロントウイングを失いながらも6位に入賞した。また第6戦デトロイトグランプリでは4位に入る[注釈 1]など、戦闘力面で苦戦する中で奮闘していた。

世界耐久選手権では、ポルシェのワークスチームを離れ、プライベーターのポルシェ・956で参戦していた[注釈 2]

事故死[編集]

しかし、9月1日にベルギーのスパ・フランコルシャンで開催された世界耐久選手権第7戦スパ1000kmにて、ベロフは生涯の幕を閉じることとなる。

レース終盤、トップのジャッキー・イクスと激しいバトルを繰り広げていたベロフは、一旦先行された後、テクニックと度胸が要求されるスパの中でも特に難所とされる登りながらの高速ブラインドコーナー、"オー・ルージュ"で抜き返しに掛かったが接触。ベロフのマシンは、イクスのマシンに押し潰されるようにコンクリートウォールに激突し、大破炎上。すぐに火は消し止められたが、医務施設で死亡が確認された。即死の状態だったという。27歳没。マシンはクラッシュの激しさから、キャビン部分から「へ」の字型に曲がっていた。事故の瞬間はイクスの車載カメラに記録されており、ベロフのマシンが押しつぶされた瞬間には衝撃で一瞬映像が途切れるほどだった。

評価[編集]

期待の新人だったベロフの死は、近年でもモータースポーツファンや関係者の間で度々話題にされる。『ベロフが生きていれば、ドイツ人初のF1チャンピオンはミハエル・シューマッハを待つまでもなく誕生していた[注釈 3]』という意見がある一方、『速いが安定感に欠けていたため、生きていてもF1でチャンピオンにはなれなかった』という意見もある[注釈 4]。 またF1においてチームメイトであったマーティン・ブランドルとは予選戦績がほぼ互角であり、後にブランドルがトップドライバーとはなれなかったことから、ベロフは過大評価されているという声もある。

しかし、一定の評価を与える点は多くの人物に共通しており、ベロフの死を『レース史でも有数の才能の損失』として挙げる人物は今日でも多い。

備考[編集]

  • 前述のように1984年のティレルチームの成績は全て失格扱いだが、僚友のマーティン・ブランドルが負傷で途中離脱していたのに対し、ベロフは最後までステアリングを握っていた[注釈 5]ために、連続失格10レースという、不名誉な記録の持ち主となっている。
  • 1985年のF1シーズンは、ドイツ人ではベロフとマンフレッド・ヴィンケルホックの2人が参戦していた。しかしともに世界耐久選手権参戦中の事故により、最終戦を待たずに他界してしまった[注釈 6]
  • 1984年モナコグランプリにおいて、セナより2秒速かったという意見があるが、実際には2秒速かった周もあっただけで、全体的にはほぼ同じペースであった。またファステストラップはセナが記録しており、抹消されたベロフの最速タイムはこれに及ばない。また、ティレルは唯一ドライバビリティに優れるNAエンジンを搭載しており、大雨の市街地コースでは速くて当たり前という声もある[要出典]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 ティレル 012 BRA
DSQ
RSA
DSQ
BEL
DSQ
SMR
DSQ
FRA
DSQ
MON
DSQ
CAN
DSQ
DET
DSQ
DAL
DSQ
GBR
DSQ
GER AUT
EX
NED
DSQ
ITA EUR POR NC
(32位)
0*
1985年 BRA POR
6
SMR
Ret
MON
DNQ
CAN
11
DET
4
FRA
13
GBR
11
16位 4
014 GER
8
AUT
7
NED
Ret
ITA BEL EUR RSA AUS

(key)

  • * : 1984年は、チームのレギュレーション違反(水タンク事件)によって、シーズンの全成績が抹消されている。

注釈[編集]

  1. ^ 前年の記録は抹消されている為、公式に残されているリザルトでは、結果的にこれが最高位となった。
  2. ^ 『イクスに有終の美を飾らせるため、ベロフを格下げした』とも言われているが、体格差がそれ程なければイクスのパートナーにすれば問題は解決できるため、疑問とされることも多い。[要出典]
  3. ^ それ以前にもドイツ人チャンピオン有力候補にヴォルフガング・フォン・トリップスがいたが、1961年9月10日に開催されたイタリアGPでのアクシデントにより事故死している。
  4. ^ もっとも、乗っていたティレルはノンターボという大きなハンディキャップ(ターボエンジンを獲得するお金がなかったという説)を抱えており、無理をしないと結果を出せなかった一面もある。
  5. ^ 最後の出場は第13戦オランダグランプリだが、第11戦ドイツグランプリは、疑惑が浮上した直後で一時的な出走禁止処分を受けており、また第12戦オーストリアグランプリは予選落ちを喫し、元々決勝を走行していない。
  6. ^ ベロフの事故は、ヴィンケルホックの事故から3週間であり、シリーズで連続して死亡事故が起こる結果となった。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]