シュフラト・マクスードフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シュフラト・マクスードフ Football pictogram.svg
名前
本名 Shukhrat Maqsudov
ウズベク語 Шухрат Максудов
基本情報
国籍  ウズベキスタン
生年月日 (1970-09-14) 1970年9月14日(48歳)
出身地 ウズベキスタン
選手情報
在籍チーム ウズベキスタン代表 (コーチ)
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988 ソビエト連邦の旗 パフタコール
1989 ソビエト連邦の旗 SKA-RShVSMタシュケントスカヤ 26 (4)
1991-1996 ウズベキスタンの旗 パフタコール・タシュケント
1997-2000 ウズベキスタンの旗 ネフチ・フェルガナ
代表歴2
1992-1997  ウズベキスタン 21 (11)
監督歴
2001-? ネフチ・フェルガナ (アシスタントコーチ)
2011-  ウズベキスタン (アシスタントコーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年3月6日現在。
2. 2011年3月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

シュフラト・マクスードフ (ラテン文字:Shukhrat Maksudov, Shukhrat Maqsudov、ウズベク語: Шухрат Максудов1970年9月14日 - ) は、ウズベキスタンアングレン出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者である。現役時代のポジションはFW

キャリア[編集]

マクスードフはウズベキスタンで生まれ、プロサッカー選手としてのキャリアを地元のアングレンのクラブで開始した。1991年、彼はパフタコール移籍し、リザーブチームでプレーした後、トップチームでもプレーを行った。

1997年、彼はネフチ・フェルガナに移籍し、引退するまでネフチ・フェルガナでプレーした。引退後はネフチ・フェルガナのコーチに就任した。

ウズベキスタン代表[編集]

シュフラト・マクスードフはサッカーウズベキスタン代表の黄金世代と呼ばれる世代に属し、1992年にソビエト連邦より独立した中央アジアの国同士で争われた中央アジアカップにおいて初出場を果たした[1]。1994年に広島で開催されたアジア競技大会におけるウズベキスタン代表の優勝に貢献した。また、1998 FIFAワールドカップ・アジア予選にも出場している[2]

彼はAFCアジアカップ2011サッカーウズベキスタン代表ヴァディム・アブラモフのアシスタントコーチとして帯同した。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

国際大会[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Shukhrat Maksudov”. 11v11.com. 2012年12月27日閲覧。
  2. ^ Shukhrat MAKSUDOV”. FIFA.com. 2012年12月27日閲覧。