半保護されたページ

シュレックシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

シュレック
作者 ウィリアム・スタイグ
初作品 シュレック (2001年)
所有者 ドリームワークス・アニメーション
ユニバーサル・スタジオ
映画・テレビ
映画 シュレック (2001年)
シュレック2 (2004年)
シュレック3 (2007年)
シュレック フォーエバー (2010年)
長ぐつをはいたネコ (2011年)
テレビシリーズ 長ぐつをはいたネコ: おとぎ話から脱出せよ! (2015年–2018年)
テレビスペシャル シュレック・カラオケ・ダンス・パーティ (2001年)
シュレックの愉快なクリスマス (2007年)
長ぐつをはいたネコ『悪の三銃士』 (2012年)

シュレック』シリーズは、ドリームワークス・アニメーションが製作したアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーションシリーズである。

映画シリーズ

シュレック (2001年)

シュレック』(Shrek)は、2001年アメリカ映画ファンタジー映画アドベンチャー映画コメディ映画。フルCGアニメーション映画

1990年ウィリアム・スタイグによって書かれた絵本みにくいシュレック』を原作とする。2001年に設けられたアカデミー長編アニメ賞の最初の受賞作品となる。

本作の続編として、2004年には『シュレック2』、2007年には『シュレック3』、2010年には『シュレック フォーエバー』が公開された。またスピンオフに『長ぐつをはいたネコ』が制作されている。

シュレック2 (2004年)

シュレック2』(Shrek 2)は、2004年アメリカ合衆国の映画ファンタジー映画アドベンチャー映画コメディ映画

興行収入は世界で9億1983万8758ドル。世界歴代興行収入上位の映画一覧の20位であり(2012年現在)、アニメーション映画では第3位(第1位は『トイ・ストーリー3』)で、ディズニー映画以外では第1位である。

シュレック3 (2007年)

シュレック3』(Shrek The Third)は、2007年5月18日に公開されたアメリカ合衆国の映画ファンタジー映画アドベンチャー映画コメディ映画。フルCGで作られたアニメーション映画である。

シュレック フォーエバー (2010年)

シュレック フォーエバー』(Shrek Forever After)は、2010年のアメリカ合衆国アニメ映画。『シュレック』シリーズ最終章。

長ぐつをはいたネコ (2011年)

長ぐつをはいたネコ』(ながぐつをはいたネコ、Puss in Boots)は、ドリームワークス・アニメーション製作によるコンピュータアニメーション映画である。

シュレック』シリーズの前日譚であり、同シリーズ2作目『シュレック2』(2004年)のキャラクターである長ぐつをはいたネコを主役[1] としたスピンオフ作品である。監督は『シュレック3』(2007年)のクリス・ミラー英語版である。本作で今まで明かされなかった長ぐつをはいたネコの本当の名前が明らかになった。

北米公開日は2011年10月28日であり[2]RealD 3D及びIMAX 3Dで上映された[3]

アニメ

長ぐつをはいたネコ: おとぎ話から脱出せよ! (2015年-2018年)

長ぐつをはいたネコ: おとぎ話から脱出せよ!』(原題: The Adventures of Puss in Boots) は、アメリカのコンピュータアニメーションのウェブテレビシリーズ。このシリーズは、2015年1月16日にNetflixで最初の5つのエピソードで初公開された。第6シーズンと最終シーズンは2018年1月26日にリリースされた。

スペシャル

シュレック・カラオケ・ダンス・パーティ (2001年)

シュレックの愉快なクリスマス (2007年)

シュレックの愉快なクリスマス』(原題: Shrek the Halls) は、2007年11月28日水曜日にアメリカのテレビネットワークABCで初公開された、アメリカのクリスマスのコンピューターアニメーションコメディーテレビスペシャル。

長ぐつをはいたネコ『悪の三銃士』(2012年)

長ぐつをはいたネコ『悪の三銃士』」(原題: Puss in Boots: The Three Diablos) は、2012年のアメリカのコンピューターアニメーションのショートアドベンチャーコメディ映画、そして長ぐつをはいたネコの続編。

キャラクター

メイン

シュレック
声: マイク・マイヤーズ/浜田雅功
スコットランドのアクセントが付いた、巨大で緑色の肌の、肉体的に威圧的な鬼。しかし、彼は平均的な鬼よりもはるかに小さいことが明らかになっている。彼の経歴は謎のようなものだが、シュレックは鬼の伝統だったので両親から送られた。彼は一人で旅行し、通りすがりの人に悲鳴を上げたり、からかわれたりしているのが見られる。
ドンキー
声: エディ・マーフィ/山寺宏一
お喋り上手なロバ。シュレックの親友であり仲間でもある。
フィオナ姫
声: キャメロン・ディアス/藤原紀香
鬼姫でシュレックの婦。
長ぐつをはいた猫
声: アントニオ・バンデラス/竹中直人
シュレックとドンキーの親友。おとぎ話のキャラクターである長ぐつをはいたネコに大まかに基づいており、ゾロの一種のパロディーでもある彼は、スペイン語のアクセントが付いた滑らかな猫で、通常はキャバリアーの帽子、剣のベルト、小さな黒いケープと小さなコリントの革のブーツを身に着けている。

主な敵

ファークアード卿
声: ジョン・リスゴー/伊武雅刀
シュレックのドリームワークス・ヴィランズ。デュロックの巨大な城の自己陶酔的で冷酷で小柄な支配者。フィオナは人間から鬼の形に移行し、ファークアードは新しい花嫁を拒絶し、彼女を塔に追放し、依然として王の称号を主張し、シュレックを死刑に処した。しかし、ファークアードが王国への主張を終える前に、シュレックはドンキーとの関係を築いてきたドラゴンを召喚するために口笛を吹き、彼女は窓から墜落し、独り言のファークアードをむさぼり食う。しばらくして、ドラゴンがげっぷをし、王冠が彼女の口から出てくる。彼は恐れられ尊敬されているように見えたが、ドラゴンが彼を食べると市民は笑って歓声を上げるので、ファークアードはデュロックではあまり好まれていなかったようだ。
フェアリー・ゴッドマザー
声: ジェニファー・ソーンダース/さとうあい
シュレック2でのドリームワークス・ヴィランズ。おとぎ話のシンデレラの「おとぎ話のゴッドマザー」に大まかに基づいた、陰謀を企て、気の利いた日和見主義者。彼女は他人よりも自分自身と息子のチャーミング王子のために最善を尽くそうとしている。
チャーミング王子
声: ルパート・エヴェレット/石塚運昇
シュレック3でのドリームワークス・ヴィランズ。ゴッドマザーの息子。とてもハンサムで、ドラゴンに守られた塔からフィオナ姫を救うことになっていた。
ランプルスティルスキン
声: コンラッド・ヴァーノン/多田野曜平
シュレック フォーエバーでのドリームワークス・ヴィランズ。魔法の取引(契約を完了)を行うが、彼らの人生の運命に恐ろしいひねりを与える邪悪な短い詐欺師。彼はフィフィという名前の巨大なペットのガチョウを飼っている。
ジャックとジル
声: ビリー・ボブ・ソーントン&エイミー・セダリス/辻親八&津田真澄
いわゆる夫婦。

参考文献