シュート (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
バスケットボールの「バスケット(ゴール)」は305センチの高さにあり、バックボードに据え付けられている。

バスケットボールにおけるショットとは、自チームが得点するためにバスケットの上からボールを通すことあるいはそのための動作、ないしボールがバスケットへ至るまでの一連の流れのこと。シュートは通称であり、ルール(日本バスケットボール競技規則)上ではすべてショットと称される。シュートはショットを放つと言う意味の動詞として用い、ショットを放つプレーヤーをシューター、ショットを放つ役割のガードはシューティングガード、ショットを放つ動作をシューティングモーション、のように用いるのは正しい用法である。

通称「ゴール」と呼ばれる「バスケット」は床から305センチの位置にあるため、ゴールするために選手は頭上の高さへとボールを運ぶことが要求される。

バスケットボールというゲームの定義は「バスケットボールはそれぞれ5人ずつのプレイヤーからなる2チームによってプレイされる。それぞれのチームの目的は、相手チームのバスケットに得点すること、および相手チームがボールをコントロールすることや得点することを防ぐことである」となっている[1]

なお、FIBA国際ルール及び日本バスケットボール競技規則では支柱・バックボード・リング・ネット及びその取り付け金具・バックボードサポートを含む一式を「バックストップユニット」と呼び、リングとネットを合わせたものを「バスケット」と呼ぶ。また、「ゴール」はライブのボールがバスケットの上から通過するか中にとどまる現象のことを言うのであって、装置の呼称ではない。

目次

ルール上の位置づけ

全般的な特徴

ボールはバスケットを上から通過しなければ得点としては認められない。またショットが放たれた後にバスケットやバックボードに触れればインターフェアとなル場合もあり、ヴァイオレイション(ファウルにはならないペナルティ)となる。

ショットの時間制限

バックボード上方のクロックの例

ボールを保持するチームは一定時間以内にショットをし、そのボールがゴールするかリングに触れなくてはならない。その制限時間は、国際ルールやNBAでは24秒、ミニバスケットボールでは30秒である。その反則はヴァイオレイションである。

ゴールテンディング

ショットされたボールがバスケットよりも高い位置にあり、なおかつ落下している時にオフェンス側の選手がボールに触れた場合には、ボールがバスケットに入っても得点はカウントされない。またディフェンス側の選手が触れた場合には、ショットされたボールがバスケットに入らなくても得点が認められる(ヴァイオレイション)。このルールをゴールテンディングと言う。身長の高い選手があまりに有利にならないように導入された。

ルール上のショットの分類

フィールドゴール

この図は国際ルールのコート。ベースライン(図中の長方形の下側の辺)を覆う半円がスリーポイントライン。ベースラインから5.8メートルの位置にある線がフリースローライン

フィールドゴールとは、試合の規定時間進行中に放たれるショットのこと。野投とも呼ばれる。対義語はフリースローとなる。フィールドゴールには、ショットしたプレイヤーの位置により得点2点が与えられるものと、3点が与えられるものがある。

右図の「スリーポイントライン」よりゴールに近い位置のショットは、ゴールすれば2点の得点となる(ツーポイントショット)。スリーポイントラインより外側(スリーポイントエリア)のショットはスリーポイントショットとなり、ゴールすれば3得点が認められる。スリーポイントショットはスリーポインターとも言う。

フィールドゴールの成功率はポジションやプレースタイルで大きく変わる。センターなどゴールに近い位置でプレーするポジションやスラッシャーというインサイドへ切れ込んでショットを狙う選手は距離の短い簡単なショットが多いので、ショット成功率が高い傾向にある。一方、アウトサイドから得点を狙うシューターは距離の長い難しいショットが多いので、成功率が自然と低くなってしまう。このため、ショット成功率はショットの正確さとはあまり関係が無い。

ディフェンス側の選手が誤ってバスケットにボールを入れた場合にはオフェンス側の得点(ゲームキャプテンの得点)としてカウントされる。NBAの場合、最も近くにいたオフェンス側の選手の得点として記録される。

フリースロー

フリースローのポジショニング

フリースロー(Free Throw:自由投)とは、一方のチームがファウル、あるいは、特定のヴァイオレイションを犯した場合に、相手チームに認められるペナルティの一つである。フリースローサークル内のフリースローライン手前から、どのプレーヤにも防御される事無くショットを放つ事が出来る。ペナルティーの種類によって、1投から3投までの間で、連続的にスローされ、フリースロー1投がゴールすれば1得点が与えられる。スローされた後のプレーの再開方法は数種類ある。

技術上の分類

レイアップ

リングにボールを置くように放つショットはレイアップと呼ばれる。走って放たれることが多いのでランニングショットとも言う。通常は片手にボールを乗せ、リングの間際でボールを手から離す。また、バックボードに跳ね返らせてボールをリングに入れるのも一般的である。レイアップは成功確率の高いショットとされる。

レイアップショットのいくつかの技術

オーバーハンドレイアップ
「ジャンプショット」を打つような手の使い方をしてボールを持ち上げる感じで(オーバーハンド)ショットするレイアップショットのこと。ショット後、手の甲は自分と反対の(向き合う)方向を向く。
アンダーハンドレイアップ
ボールを下から上へすくい上げるような感じで(アンダーハンド)ショットするレイアップショットのこと。ショット後、手の甲は自分と同じ(向き合わない)方向を向く。
プロレイアップ
リングから数メートル離れた遠い位置から放つレイアップショットのこと。よって、ガード選手などが長身選手のブロックを避けることができる。ショットの軌道が高く大きなループを描くことから、ハイループレイアップ、スクープショットとも呼ばれる。トニー・パーカーが名手として有名。
リバース・レイアップ
ゴールの下を通りすぎ、後方に放つレイアップのこと。バックショットともいう。

ジャンプショット

ジャンプショットを放つ選手。2005年FIBAヨーロッパ杯女子決勝より

ジャンプショットは、ジャンプし、ディフェンスの上から行うショットのこと。ジャンプショットとも呼ばれる。現在一般的な形のジャンプショットはジョー・ファルクスが編み出したと言われる。フリースロー以外のショットはディフェンスをかわして行う必要があり、ジャンプショットが多用される。

多くの選手は利き手でスナップする(ワンハンド)ジャンプショットを打つが、両手でスナップする(ボースハンズ)ジャンプショットもある。両手で放つショットは体力的に劣る選手、あるいは長距離のショットで使われることがある。

フックショット

フックショットを打つ選手。1977年、米国の大学リーグの試合より

ボールを片手に乗せ、そのまま放るショットをフックショットと言う。相手ディフェンダーによるショットの阻止(ブロックショット)から逃れ、ディフェンスを困難にさせるため、ディフェンダーから見て反対側の腕を使ってボールを放つことが多い。ボールを放つ時に腕が鉤(フック)のような形になるのでこの名がある。

フックショットのいくつかの技術

スカイフック
※サスペンションなどにおけるスカイフックはスカイフック理論を参照のこと
リングより高い位置で放つ、打点の高いフックショットのことである。1970年代から1980年代にかけてNBAで活躍したカリーム・アブドゥル=ジャバーのスカイフックが有名だった。
ベビーフック
定義は諸説ある。一般的には、通常のフックショットよりも腕(ひじ)の曲げ方が小さい、または手首だけのスナップで打つフックショットのことを、ベビーフックと呼ぶようである。両足がコートに付いた状態で打つフックショットを指すこともあるが、ジャンプした状態でベビーフックを打つこともある。このショットが得意な選手には、マジック・ジョンソンらがいる。

また、このショットを入れると盛り上がる。

ダンクショット

ボールを手から離さずに直接ゴールに入れるショットをダンクショットと言う。ダンクショット、あるいは単にダンクとも言い、ジャムという呼び名もある。ダンクショットをするためには長身であることやジャンプ力があることが有利になる。選手の運動能力が分かりやすく顕れるため、観客を沸かせることの多いプレイである。

人気漫画のタイトルにもなった「スラムダンク」は強く叩きつけるようなダンクショットを指すが、もとはNBAのチームロサンゼルス・レイカーズで長年実況を務めたアナウンサーチック・ハーンの造語である。

NBAで毎年行われるオールスターゲームでは、ダンクショットコンテストが繰り広げられている。

ダンクショットの種類

ワンハンド
その名の通りボールを左か右のどちらかの手でダンクする技。
ダブルハンド
両手でボールを持ってダンクする技。ボースハンドとも言う。日本では漫画『SLAM DUNK』でこの技を得意としている赤木剛憲の愛称からゴリラダンクと呼ばれることがある。
リバースダンク
ゴールに背を向けながら行なうダンク。日本ではバックダンクとも言われている。
360スリーシックスティ
空中で1回転スピンしてから決めるダンク。さらに高度な技として1回転半(540・ファイブフォーティーン)や2回転(720・セブントゥエンティー)も存在するが、非常に難しい。
トマホーク
持ち上げたボールを一旦頭の後ろに動かしてからするダンク。
ウィンドミル
ボールを持った腕を風車の様に回転させながら行なうダンクのこと。「ウィンドミル (windmill)」は「風車」の意。片手でも両手でも可能。
アリウープ
パスされたボールを空中で受け取り、そのまま着地せずにするダンク。パスする人とダンクする人の息が合わないと成功できない大技。現在ではロサンゼルス・クリッパーズクリス・ポールブレイク・グリフィンが息のあったアリウープをよく見せている。
ワンマン・アリウープ
上記のアリウープをたった1人で行う技。床にボールを大きくバウンドさせ、それをキャッチして叩き込むタイプや、バックボードに当てて跳ね返ったところをダンクするタイプ(オフ・ザ・グラス)がある。
ダブル・バンプ
空中でボールを一度下げ、さらにもう一度上げてからダンクする。「ダブル・クラッチ・ダンク」ともいう。
レッグスルー
空中でボールを股の間に通してからするダンク。1993年のスラムダンクコンテストでアイザイア・ライダーが初めて成功させたので、「ライダー」とも呼ばれる。
エルボーダンク
ボールとともに肘までリングに突っ込み、ぶら下がるダンク。2000年のダンクコンテストでビンス・カーターが成功させたものが最も有名。「エルボークラッシュ」とも呼ばれる
背面通しダンク
ボールを背中側で持ち替えて行うダンク。2005年のダンクコンテストでJ・R・スミスが披露した。
レーンアップ
フリースローレーンから踏み切って行うダンク。1976年のダンクコンテストでジュリアス・アービングが初めて成功させた。「フリースローラインダンク」とも言う。
人間越え
高い跳躍から、人間を飛び越えてダンクする。飛び越える相手が小柄だと易しく長身であるほど難しい。シドニーオリンピック男子バスケットボールにおいて、アメリカ合衆国代表ビンス・カーターが身長218cmのフランス代表センターフレデリック・ワイスを飛び越えたダンクが最も有名。また、2006年スラムダンクコンテストではネイト・ロビンソンがスパット・ウェブを飛び越えて成功させた。しかし、翌年のスラムダンクコンテストではジェラルド・グリーンがそのネイト・ロビンソンを飛び越え、さらに左手で自ら目隠しをしてのダンクを決めた。

上記の技術を複合させたダンクショットもいくつかある。

360ウィンドミルスリーシックスティウィンドミル
ウィンドミルと360を複合。ビンス・カーターが2000年のダンクコンテストで見せた。
オフ・ザ・グラス レッグスルー
バックボードに当てて跳ね返ったボールをキャッチし、空中でボールを股の間に通してからのダンク。ジェイソン・リチャードソンが2004年のダンクコンテストで成功させた。
ダブル・クラッチ レーンアップ
空中でボールを動かすクラッチ動作を入れてのレーンアップ。1988年のダンクコンテストでマイケル・ジョーダンが見せた。

その他の種類のショット

ティップショット
リングやバックボードに跳ね返ったショットを叩いて入れるショットのこと。ティップインとも言う。
フィンガーロール
指先でボールを転がすようにして放つショットのこと。1970年代から1980年代にかけてNBAで活躍したジョージ・ガービンはフィンガーロールの名手として有名だった。
バンクショット
バックボードにボールを当ててゴールに入れるショットのこと。NBAサンアントニオ・スパーズに所属するティム・ダンカンがこれを得意としている。
スクープショット
低い位置から片手ですくい上げるように放つショット。プロレイアップショットのことを指す場合もある(前述の#レイアップショットのいくつかの技術も参照)。
ティップスラム
リングやバックボードに跳ね返ったショットをつかんでそのままダンクにいくショットのこと。

ショットに関連する用語

ブザービーター
ピリオドや試合が終了する直前にショットを放ち、終了時のブザーと同時にゴールに入るショットのこと。ショットがブザーのスイッチを押したように感じられることからそのように呼ばれる。24秒ヴァイオレイションの際でも、このような言い方をすることがある。
シューター
「ショットを打つ人」という意味だが、「ショットを得意とする人」を含意することもある。特にスリーポイント・ショット付近のロングレンジショットを得意とする人をペリメーター・シューターと呼ぶ。また、土壇場に強いシューターをクラッチ・シューターと言うこともある。
ダブルクラッチ
一度ショットを放つ体勢に入ってジャンプした後、空中で体を縮め、ディフェンスをかわし、もう一度体を伸ばして放つ2段モーションショット。もう一度動作できればトリプルクラッチだが難易度は極めて高い。
エアボール
リングやバックボード、ネットに当たらずに外れるショットのこと。

NBA歴代得点ランキング



脚注

[ヘルプ]
  1. ^ バスケットボール競技規則1章1条(財団法人日本バスケットボール協会)

今日は何の日(6月19日

もっと見る

「シュート_(バスケットボール)」のQ&A