シューラ・チェルカスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と共演するチェルカスキー(右)

シューラ・チェルカスキーShura Cherkassky, 1909年10月7日 - 1995年12月27日)はウクライナ出身のユダヤ系アメリカ人ピアニスト。本名アレクサンドル・イサーコヴィチ・チェルカスキーАлександр Исаакович Черкасский)。従来は1911年生まれとされてきたが、チェルカスキー自身が晩年にオデッサへ赴いて調査したことにより生年が確定した。

概要[編集]

オデッサに生まれるが、ロシア革命の勃発により家族とともにアメリカ合衆国亡命。少年時代に若干のピアノ曲を作曲しており、渡米前後に書いた「悲壮前奏曲」(江口玲による演奏[1]あり)が知られる。

初めはピアニストだった母にピアノを教わり、カーティス音楽院ヨゼフ・ホフマンに師事してピアノの学習を続けた。知的で華麗な演奏様式はホフマンから引き継いだと言われる。1961年以降はロンドンに居を移した。最晩年まで積極的に演奏活動に取り組み、ライヴ演奏で数多くの録音を残した。シューマンアントン・ルビンシテインラフマニノフゴドフスキーが得意のレパートリーであった。

生涯現役を貫いた。ただし、晩年の演奏・録音では体力や技術的な衰えが否めず、速いテンポで攻めることは難しくなっていた。それでも彼は没年まで新たなレパートリーの探求をやめることはなく、来日時も「この年になって、シュトックハウゼンの『ピアノ曲第九番』を覚えました」などとコメントし、周囲を驚嘆させていた。日本に招聘されたのは遅く、1988年以降没年まで毎年来日して聴衆に感銘を与えた。奥村一編曲の日本民謡「音戸の舟歌」「おてもやん」を来日時に披露している。

最後の録音は、死の前年にユーリ・テミルカーノフ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と共演したラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」。ショパンのバラード全曲演奏を大阪で披露したのが、最後の来日公演となった。

ロンドンハイゲイト墓地東区画に埋葬されている[2]

ディスコグラフィー[編集]

BBC Legends[編集]

  • Shura Cherkassky - Chopin (BBCL 4057-2)
  • Shura Cherkassky - Rachmaninoff Piano Concerto 3, Prokofiev Piano Concerto 2 (BBCL 4092-2)
  • Shura Cherkassky / Sir Georg Solti - Tchaikovsky, Mussorgsky, Cherkassky, Rimsky-Korsakov (BBCL 4160-2)
  • Shura Cherkassky - Rameau, Beethoven, Mendelssohn, Chopin, Scriabin, Tchaikovsky, Liszt (BBCL 4185-2)
  • Shura Cherkassky - Handel, Brahms, Berg, Prokofiev, Chopin (BBCL 4212-2)
  • Shura Cherkassky - Beethoven Piano Concerto 5, Gershwin Piano Concerto (BBCL 4231-2)
  • Shura Cherkassky - Mendelssohn, Schubert, Schumann, Tchaikovsky arr. Rachmaninov, Schumann arr. Tausig (BBCL 4254-2)

デッカ[編集]

  • Kaleidoscope - Piano Encores
  • Rachmaninoff - Piano Concerto No. 3 and others

デッカ・ライブシリーズ[編集]

  • Vol.1 - Schubert . Chopin (433 653-2 DH)
  • Vol.2 - 80th Birthday Recital from Carnegie Hall (433 654-2 DH)
  • Vol.3 - Encores (433 651-2 DH)
  • Vol.4 - Chopin: Sonata No.2 & 3 (433 650-2 DH)
  • Vol.5 - Liszt (433 656-2 DH)
  • Vol.6 - Schumann (433 652-2 DH)
  • Vol.7 - Stravinsky, Scriabin, Ravel, etc. (433 657-2 DH)
  • Vol.8 - Rachmaninoff, Brahms, etc. (433 655-2 DH)
  • Anton Rubinstein - Piano Concerto No. 4 in D minor, Op. 70 + Encores (448 063-2 DH)

ドイツ・グラモフォン[編集]

  • Tchaikovsky - Klavierkonzerte Nos. 1 & 2 (457 751-2)
  • Liszt - Orchestral Works (453 130-2) (Cherkassky plays Fantasia on Hungarian Folk tunes, S.123 only. The rest of the recording is performed by the Berliner Philharmoniker, conducted by Herbert von Karajan)
  • Chopin - Polonaises

アイヴォリー・クラシックス[編集]

  • Shura Cherkassky - The Historic 1940s Recordings (2-CD Set) (CD-72003)
  • Shura Cherkassky - 1982 San Francisco Recital (CD-70904)

ニンバス[編集]

  • Shura Cherkassky (1909–1995) - Solo piano works by Chopin, Mussorgsky, Berg, Bernstein, Brahms, Schumann, Beethoven, Liszt, Stravinsky, Grieg and Rachmaninoff (6-CD Set) (NI 1733)
  • Chopin, Liszt - The B minor Sonatas (NI 7701)
  • The Art of the Encore (NI 7708)
  • Shura Cherkassky (1909–1995) - Solo piano works by Chopin, Mussorgsky, Berg, Bernstein, Brahms, Schumann, Beethoven, Liszt, Stravinsky, Grieg and Rachmaninoff (7-CD Set) (NI 1748)

そのほか[編集]

  • Rachmaninov Piano Concertos Nos 2 & 3, Live Gothenburg 1970, 1968 (Cembal d'amour CD155)
  • Duo-Art piano roll #66919, Liebeswalzer Op.57, No.5 Moszkowski (The Aeolian Company)
  • The Young Shura Cherkassky (Biddulph)
  • Piano Masters:- Vol.17: Shura Cherkassky (Pearl GEM 0138)
  • Shura Cherkassky plays Liszt (Testament SBT 1033)
  • Shura Cherkassky (Two Volumes) (Phillips Great Pianists of the 20th Century series)
  • Debussy, Clair de Lune, Shura Cherkassky, 1993 (ASV Platinum PLT 8505)
  • Shura Cherkassky 'The complete HMV stereo recordings' (2CDs) (First Hand Records FHR04) - Winner of the International Piano Awards "Best Reissue/Vintage Recording of 2009". Diapson D'OR, 10/2010
  • Shura Cherkassky 'The Complete UK World Record Club Solo Recordings' (2CDs) (Guild Historical GHCD 2398/99)
  • Shura Cherkassky 'The Complete UK World Record Club Concerto Recordings' with Sir Adrian Boult (2CDs) (CRQ Editions CRQ CD369-370)

脚注[編集]