ショウアップナイタープレイボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショウアップナイタープレイボールニッポン放送で放送されている番組である。

概要[編集]

ショウアップナイターの前座番組としてその日の中継カードを含む全試合の直前情報やメジャーリーグ情報などを放送する。通称「前プロ」。2007年はニッポン放送が製作する場合は、その日の実況担当アナウンサーが進行を務めていたが、2008年4月から、火曜日 - 金曜日は2006年以前と同様に松本秀夫が、土曜日・日曜日・月曜日(開催日のみ)は胡口和雄が担当していた。2009年は制作部のアナウンサーがニッポン放送のスタジオから交通情報(連休期間中のみ)と試合開始直前の時報を伝える。 また、大リーグ情報も放送している(2008年までは「コマツ・メジャーショウアップ」と題して、松井秀喜の情報をメインに流していたが、現在はスポンサーも付かず単に日本人選手の動向を伝えるだけになった)。2010年以降はニッポン放送スポーツ担当アナウンサー(OBの宮田統樹・胡口・山田透を含む)が日替わりでスタジオ待機のアナウンサーとともに担当、自社製作の場合は球場から伝えてそのまま実況に移るが、他局製作の場合はニッポン放送のスタジオから伝え、試合開始時に実況担当のアナウンサーに交代する。

パーソナリティ[編集]

  • 2006年以前
    • 火曜日 - 金曜日 松本秀夫
  • 2007年
    • ニッポン放送制作日 当日の実況担当アナウンサー
  • 2008年
    • 火曜日 - 金曜日 松本秀夫
    • 土曜日 - 月曜日 胡口和雄
  • 2009年

2010年以降[編集]

当日の実況アナウンサーと解説者が中継ブースから放送する。他局制作および試合がない場合、ニッポン放送のスタジオか、裏送りや予備の中継を行う球場の中継ブースから放送。いずれの場合もスポーツ担当アナウンサーと解説者のコンビで放送する。

ニッポン放送のスタジオには別途アナウンサーが待機しており、一部のコーナーを担当。「ショウアップナイター」「ショウアップナイターハイライト」にかけてのスタジオ進行も担当する。

また、2011年以降月曜日はスポーツ担当アナウンサーのみで進行する。

以下はスタジオ待機アナウンサーを記す。

  • 2010年
    • 月曜日 - 金曜日 柳田さやか(フリーアナウンサー)
    • 土曜日・日曜日 松本秀夫のみ
  • 2011年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサーのみ
    • 火曜日・水曜日 五戸美樹
    • 木曜日 - 日曜日 西村祐美(フリーアナウンサー)
  • 2012年 - 2013年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサーのみ
    • 火曜日 - 金曜日 五戸美樹
    • 土曜日・日曜日 山本剛士
  • 2014年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサーのみ
    • 火曜日 - 金曜日 山本剛士
    • 土曜日 五戸美樹(他局製作の場合は五戸のみ)
    • 日曜日 上柳昌彦
  • 2015年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサーのみ
    • 火曜日 - 金曜日 山本剛士
    • 土曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサー・栗村智(他局製作の場合は栗村のみ)
    • 日曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサー・上柳昌彦
  • 2017年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサー、ひろたみゆ紀(クライマックスシリーズ開催日のみ)
    • 火曜日 箱崎みどり
    • 水曜日・木曜日 新保友映
    • 金曜日 山本剛士(6月9日まで)、小笠原聖(6月16日から)
    • 土曜日・日曜日 ひろたみゆ紀
  • 2018年
    • 月曜日 ニッポン放送スポーツ担当アナウンサーのみ
    • 火曜日 ひろたみゆ紀
    • 水曜日・木曜日 東島衣里
    • 金曜日 小笠原聖
    • 土曜日 河内孝博
    • 日曜日 くり万太郎

放送時間[編集]

2018年度
  • 毎週月曜日 - 金曜日、日曜日 17:40 - 18:00
  • 毎週土曜日 17:50 - 18:00

2010・2011年度は平日の放送が17:40開始の20分枠であった。また、土・日は2010年度まで17:30開始の30分枠で放送、2011年で17:50からの10分枠に縮小されたが、2013年より日曜のみ元の30分枠に戻った。また、月曜日の放送は2010年度までは試合開催日のみで、試合のない場合は後述の代替番組を放送していた。2017年度より日曜の放送が、2018年度からは平日の放送も10分短縮された。

特記事項[編集]

  • 明治神宮球場での東京ヤクルトスワローズ主催の中継の場合、クラブハウス内にマイクをつないで、スワローズの選手にチーム内の様子を語ってもらう(おおむねリリーフ投手か、その日ベンチ入りしていない選手が担当する。現在ニッポン放送解説者の高津臣吾も現役時代に「123臣吾」としてコーナーを担当したことがある)。
  • 2009年以降、試合開催が予定なしもしくは雨天中止の場合は、「(ショウアップ)ナイタースペシャル GOGOプロ野球!」(2009年度)・「(ショウアップ)ナイタースペシャル まいにちとことんプロ野球」(2010 - 2017年度)・「(ショウアップ)ナイタースペシャル 今こそ!プロ野球!!」(2018年度以降)に題名が変わり、19:00まで放送される。ただ、火 - 金曜の18:00以降はNRN地方局でも放送されるため、タイトルから「ショウアップ」のフレーズが外れる。但し、スペシャルウィーク等でネット局向けの別編成が用意される場合はこの限りではない。またSTVラジオKBCラジオMBSラジオ(火曜-木曜)、ABCラジオ(金曜)については祝日、あるいはセ・パ交流戦などの日程の都合で、月曜にナイターが組まれ、その振替で平日のほかの曜日に試合が予め組まれていない場合にはそれぞれ自社製作の番組に差し替えるため、「今こそ!プロ野球!!」(+ナイタースペシャル、またはサウンドコレクション)のネットがされない場合もある(KBCは雨天で放送予定カードが全試合中止になった場合も同様)。
  • 2009年までの試合開催予定のない月曜は、本番組の代わりに「ショウアップナイターマンデースペシャル」を19:00まで放送していた。
  • 2010年度の試合開催予定のない月曜は「マンデースペシャル」ではなく、前述の「まいにちとことんプロ野球」を放送(19:00からは定時番組)。また、試合開催予定のない日曜は「ショウアップナイターサンデースペシャル」として18:30まで放送(18:30からは定時番組)。
  • 2011年度以降の中継予定のない日曜・月曜は、通常サイズの「ショウアップナイタープレイボール」を放送し、18:00から定時番組となる。
  • デーゲームの実況音源を再生する場合は以下の扱いとなる。
    • 阪神タイガースおよびオリックス・バファローズ戦については原則として月・金曜はABCラジオの、その他の曜日はMBSラジオの音源を使用するが、関東圏の試合(読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズ埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ主催の阪神戦)の乗り込み自社制作での技術協力を、機材および要員の都合から月・金曜日にニッポン放送がMBSラジオに、TBSラジオ(主にDeNA戦)・文化放送(主に西武戦)・RFラジオ日本(主に巨人戦)のいずれかがABCラジオに向けて担当し、かつニッポン放送が素材収録や自社制作での放送を行わなかった場合はMBSラジオの音源を使用することがある。また土・日曜日にMBSラジオが競馬中継などの都合で要員が不足し、素材収録ができなかった場合(主にオリックス戦の一部)は、文化放送と共通でABCラジオの音源を使うことがある。
    • 北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス戦については、TBSラジオの撤退により2018年から西武・ロッテとのビジターゲームにおいてニッポン放送が土・日曜日にHBCラジオRKBラジオへの裏送りや乗り込み自社制作時の技術協力を行っているため、HBCラジオ・RKBラジオへの裏送り音源や、当該局の自社制作音源が使われることがある。その一方、ホームゲームについては、従来通り文化放送と共通でSTVラジオ・KBCラジオからの提供を受けるため、ホームとビジターで扱いが異なることになる。

タイムテーブル[編集]

ナイター中継があるとき[編集]

平日[編集]

  • 17:40.00 オープニング
このオープニングの際、イントロ部分に乗せ過去の音源を混ぜたものを使用し、山本の「FM93、AM1242、ニッポン放送ショウアップナイター!」(2017年度までは「毎日とことんプロ野球! ニッポン放送ショウアップナイター!」)という声が入るが、音源は差し替えとなる場合があり、前日に野球界を賑わすプレイがあった時はそれを使用することがある。
2016年度は番組開始50周年を記念して小林克也による「50th Anniversary! ニッポン放送ショウアップナイター!」(全篇ネイティヴ・イングリッシュ)という声になっている。
  • 17:40.50 中継球場より先発投手(他球場の先発投手)・スタメン発表
クイズトリプルチャンスの予告
  • 17:43頃 ショウアップナイターToday プロ野球12球団情報!
中継カードを含めた全球場の事前情報
神宮球場で開催されるヤクルト主管試合を中継する場合は「クラブハウスマイク」として、クラブハウスにいるヤクルトの選手に直接インタビューする。それ以外の試合の場合は、当日のベンチリポート担当アナウンサーが情報を伝える。
2018年度より情報が簡素化。中継カードの両ベンチ情報を伝えた後、12球団の登録抹消情報を伝え、当日の他の試合の補足情報を軽く伝える程度にとどまっている。
MLB情報、他のスポーツ情報を有楽町のスタジオより放送。中央競馬の情報の場合は日曜競馬ニッポンの告知も行われる。
2015年の月曜日は「パーフェクト・Jリーグ」と題し、J1リーグの最新情報を伝える。
  • 17:56.00頃 5-56 ナイター情報 (「クイズトリプルチャンス」第1問出題、ニッポン放送スタジオ)
この時告知される時刻は「5時56分」を基準にしており、現在時刻ではなく「5時56分を○分過ぎました」と告知する(土・日も同様)。これはこのコーナーのスポンサー・呉工業クレ5-56にちなむ)の関係による。
2014年の月曜日のみ桜林美佐がニュースを担当。
  • 17:59.00頃 中継球場より
ただし、ニッポン放送で他局制作のものをネット受けする際は18:00までニッポン放送より放送し、時報開けから飛び乗って放送する。

土曜日[編集]

  • 17:50.00 オープニング
土曜に関しては時間の関係からイントロをほぼカットして山本アナウンサーの声に入る
  • 17:50.30 中継球場より先発投手、スタメン紹介
デーゲームの全試合の結果(開催されている場合)、実況アナウンサープロデュース・ショウアップナイターToday
  • 17:54.00頃 プレゼント告知(ニッポン放送グッズか精力剤が当たる懸賞を実施)
  • 17:56.00頃 「クイズトリプルチャンス」第1問出題(5-56提供枠、ニッポン放送スタジオから)
  • 17:59.00頃 中継球場より
ただし、ニッポン放送で他局制作のものをネット受けする際は18:00までニッポン放送より放送し、時報開けから飛び乗って放送する。
  • 17:59.57 時報→ショウアップナイターへ

日曜日[編集]

  • 17:30.00 オープニング
  • 17:30.50 中継球場より先発投手(他球場の先発投手)
ホームランプレゼント、クイズトリプルチャンスの予告
  • 17:35頃 中継カードのスタメン・注目プレイヤー紹介(曲: T-SQUARE "SPLASH!")
平日の「イチバンプレイヤー」に相当するが、麒麟麦酒の協賛からは外れており「イチバンプレイヤー」のタイトルは使われない。そのため、ジングルのボイスは異なる(麒麟麦酒が協賛クレジットを中止していた2011年度の平日用のボイスと同一)。当然ながら、イチバンプレイヤーの予想募集も実施しない。
  • 17:38頃 ショウアップナイターToday
中継カードを含めた全球場の事前情報、デーゲームの全試合の結果(開催されている場合)
  • 17:52分頃 スポーツニュース
MLB情報、他のスポーツ情報を放送。
  • 17:56.00頃 5-56 ナイター情報 (「クイズトリプルチャンス」第1問出題、ニッポン放送スタジオ)
  • 17:59.00頃 中継球場より
ただし、ニッポン放送で他局制作のものをネット受けする際は18:00までニッポン放送より放送し、時報開けから飛び乗って放送する。
  • 17:59.57 時報→ショウアップナイターへ

ナイター中継がない日曜日[編集]

  • 17:30.00 オープニング
ホームランプレゼント、次の中継カードのお知らせ
  • 17:38頃 ショウアップナイターToday
デーゲームの全試合の結果(関東での試合では取材担当のアナウンサーと中継を結ぶことがある)、ナイターの事前情報(開催される場合)
  • 17:52分頃 スポーツニュース
MLB情報、他のスポーツ情報を放送。
  • 17:56.00頃 エンディング(5-56提供枠)
ショウアップナイターの次の中継カードのお知らせ
  • 17:59.57 時報→次の番組へ(ステブレレス)

(過去)

  • 5:30 オープニング
  • 5:40 ストロング ストロングプレイヤー!
  • 5:45 ジャイアンツ維新
  • 5:50 12球団駆け巡り
  • 5:53 大リーグ情報
  • 5:56 5-56 ナイター情報

2011年度の平日

  • 17:40.00 オープニング
  • 17:40.50 中継球場より先発投手(他球場の先発投手)
ホームランプレゼント、クイズトリプルチャンスの予告
  • 17:45頃 ラジオリビング(月 - 木:増山さやか、金:上柳昌彦
  • 17:47頃 スタメン紹介、きょうの注目選手は
  • 17:50頃 実況アナウンサープロデュース・ショウアップナイターToday、両チームのベンチ情報
  • 17:56.00頃 5-56 ナイター情報 (「クイズトリプルチャンス」第1問出題、ニッポン放送スタジオ)
この時告知される時刻は「5時56分」を基準にしており、現在時刻ではなく「5時56分を○分過ぎました」と告知する(土・日も同様)。

麒麟麦酒コーナー[編集]

2009年からニッポン放送など一部のNRN系列での麒麟麦酒協賛・企画ネットコーナーとして、2009年度は「キリン氷結ストロング ストロングプレーヤー」、2010年度以降は局により「キリン一番搾りpresents 一番プレイヤー」や「キリンラガービール ガツン!プレーヤー」、「麒麟淡麗presents キレうまプレイヤー」として放送されている。ただし、2011年度は休止した(麒麟麦酒のCMのみクレジットなしで放送された)。いずれも企画趣旨は同じで、プレゼントの商品によって局ごとにタイトルが異なる。
2014・2015年度は「キリン一番搾りプレゼンツ ICHIBANプレイヤー!」でタイトルを統一、タイトルコールや提供クレジット、BGMもすべてニッポン放送のものに統一した。

2013年度の参加局はニッポン放送の他にSTVラジオ東北放送東海ラジオ放送ABCラジオ中国放送KBCラジオの全7局。平日に開催されるそれぞれの参加局で放送されるナイター中継を対象に、その試合の勝利に貢献したと思われる選手をメールかファクシミリにて予想する。中継のない日は野球に関するクイズを出す。なお月曜日はその地域のチームがナイターである場合のみ放送する局がある(ABCなど、雨天中止の場合は元からナイターがない日に準じる局もある)。

試合終了後、番組スタッフがその試合の貢献者を「一番プレーヤー」(または「ガツン!プレーヤー」 2009年は「ストロングプレーヤー」)として選び、翌日の放送(週末分は次週最初のナイター放送日)に発表。それを選んだリスナー(クイズの場合は正解者。当該試合が引き分けの場合は全応募者)、毎日各局1人ずつに麒麟麦酒製品(一番プレーヤーであれば「キリン一番搾り」瓶入り6本セット、ガツン!プレーヤーなら「キリンラガービール」瓶入り6本セット、ストロングプレーヤーであれば「氷結ストロング」の24缶入りケース)がそれぞれ抽選で贈呈される。酒類が贈呈されるコーナーであるため、応募は20歳以上限定となる。

BGMはT-SQUAREの「SPLASH!」を使用。

2016年度以降は実施を見送っている。

ネット局[編集]

★は月曜日も放送。

過去[編集]

この番組には前身があり、1970年代のナイター19時開始の時代から1980年代にかけて「SEIKOプロ野球フラッシュ・ニッポン放送ショウアップナイター最前線」(後期はセイコーが撤退し複数提供となったため単に「ショウアップナイター最前線」だけとなる)が放送されていた。

  1. ^ 松本秀夫のやぎメール『オールスタースタジオ‼︎』(2016年3月15日)

関連項目[編集]