ショットランサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショットランサー (Shot Lancer) は、アニメ映画機動戦士ガンダムF91』および漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する架空の武装。

本項では、テレビアニメ機動戦士Vガンダム』で登場した、同武装の射出兵器ジャベリンユニットについても記載する。

ショットランサー[編集]

アニメ映画『機動戦士ガンダムF91』で初登場。作中における主人公の交戦勢力「クロスボーン・バンガード」 (CV) のモビルスーツ (MS) が使用する。

設定上はCVのMSがコロニー内戦闘を想定していたことから開発されたもので、住民保護の観点から敵機を爆発させないための装備として採用された[1]。ショットランサーは先端部分がリニアガンの原理で射出され、ガンダリウム合金製の装甲でも貫通できる。また、穂先は4ブロックから形成されている[2]

ジャベリンユニット[編集]

テレビアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するMSのジャベリンが、背部に換装可能なショットランサー(設定画ではジャベリンユニットとも記述される)を装備する[3]。CV製ショットランサーと同様の手持ち武装ではなく、ガンダムF91のヴェスバーのように腰部からせり上げて使用する独自の形式となっている。

ショットランサーを装備したMS[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『1/100 ベルガ・ギロス』 バンダイ、1991年3月、組立説明書。
  2. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.35 機動戦士ガンダム MS大図鑑PART.5 コスモ・バビロニア建国戦争編』バンダイ、1991年6月、41頁。ISBN 4-89189-157-2。
  3. ^ 『電撃ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダム大図鑑1 ザンスカール戦争編 上巻』メディアワークス、1994年2月、79頁。ISBN 4-07-300765-3。