ショベルウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショベルウェアShovelware)は、質や利便性よりも量を追求したソフトウェア・バンドルに対する否定的な隠語[1]

この単語は「元のソフトウェアの質に対してほとんど気にも留めることなく、見境なくタイトルを追加する形で新しいコンパイルやバージョンを作っていく」ソフトウェアの開発者をショベルでかき集めた物を山積みする人にたとえた単語である。また、ソフトウェアの配布方法を示すシェアウェアフリーウェアと似たような方法で新しく作られた言葉である。

この単語が使われ始めたのは1990年代半ばであり、当時はパブリックドメインやオープンソースのソフトウェアや、シェアウェアのデモ版やプログラムといったものがCD-ROMにコピーされることが多く、雑誌広告に掲載されたり、コンピュータのフリーマーケットで売られることもあった[1]

CD-ROMにおけるショベルウェア[編集]

ゲーム雑誌Computer Gaming Worldは、ショベルウェアについて以下のように述べている。

  • 1990年に掲載した「新しいCD-ROMフォーマットを使ったソフトウェアを待ちきれない利用者」に向けた記事の中で、ソフトウェア・ツールワークス英語版アクセス・ソフトウェア英語版が名作を詰めたコレクションの発売を計画していると紹介した[2]
  • 1993年の時点で、過去のソフトウェアをCD-ROMに収録して再発売する手法を「ショベルウェア」と呼んでおり、アクセスから発売されたコレクションについて「思ったよりもほこりっぽいラインナップ」という評価を下した[3]。また、The Software Toolworksのコレクションについては「再販手法の大王」と呼び、その収録作品については、当時最強とされたチェスゲーム「Chessmaster 2000」を除けば「最も売れた時期でも陳腐な存在」とした[3]

低品質のソフトウェアを集めたコレクションはBBSがあったころから存在していたが、ショベルウェアという単語が使われるようになったのは、シェアウェアやパブリックドメインのソフトウェアを収録したCD-ROMが出回るようになった1990年代初頭からである。

CD-ROMの容量はフロッピーディスクの450から700倍[4]であり、パソコン向けハードディスクドライブの当時の容量の10倍から30倍だった。容量が拡大したことにより、ディスクの中身をすべてインストールする者がほとんどいなくなったため、ソフトウェアの販売者は質より量を優先し、ディスクの中に可能な限り多くのソフトウェアを詰め込むようになった。

ソフトウェアのレビュワーたちは品質もばらばらなソフトウェアをただ集めただけのコレクションに落胆し、このような手法は「ショベルウェア」と呼ばれた。

クラウドソーシングによって作成されたプログラムがダウンロードできるようになったことや、ソフトウェア配布の形態として一般的なアプリケーションストアのキュレーションが進んだこともあり、このようなショベルウェアは減少した。

しかし、バンドルプリインストールという形で、品質や利便性が疑わしいソフトウェアがハードウェアにあらかじめ入っているケースも存在する。

コンピュータゲームにおけるショベルウェア[編集]

何も知らないユーザーが手に取ることを狙って売り出された、低価格・低品質のゲームソフトもまたショベルウェアとして扱われる。

ゲーム機の側では質を管理することができないため、このようなショベルウェアは発見可能性の問題を引き起こす。

以下に出典があり内容に検証性が取れる事例を上げる。

  • Data Design Interactive - ヨーロッパ限定で発売したPlayStation 2用ソフトをWii向けに多数発売したことで知られている[5]
  • Digital Homicide Studios - The Slaughtering Groundsなどで知られており、ショベルウェアのわかりやすい例と呼ばれている[6]
  • Silicon Echo Studios - Steamから200以上のソフトを削除され、操業停止に追い込まれた[7]

出典[編集]

  1. ^ a b Definition of: Shovelware”. PC Magazine Encyclopedia. PC Magazine. 2014年7月21日閲覧。
  2. ^ The Maturation of Computer Entertainment: Warming The Global Village”. Computer Gaming World. p. 12 (1990年7月8日). 2013年11月16日閲覧。
  3. ^ a b Forging Ahead or Fit to be Smashed?”. Computer Gaming World 105. p. 24 (1993年4月). 2014年7月6日閲覧。
  4. ^ 前者が2DD比、後者が2HD比。
  5. ^ Kohler, Chris (2008年3月5日). “Opinion: Why Wii Shovelware Is a Good Thing”. Wired. 2014年7月7日閲覧。
  6. ^ Waffles731 (2016年9月22日). “The Digital Homicide Fiasco”. GirlsAskGuys. 2016年9月23日閲覧。
  7. ^ ValveがSteam上から200以上の低品質ゲームを削除、開発会社は操業停止に”. IGN Japan (2017年10月5日). 2017年10月18日閲覧。

関連項目[編集]