ショムニの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショムニ (テレビドラマ) > ショムニの登場人物

本記事では、テレビドラマ『ショムニ』の登場人物について解説する。原作・映画版の登場人物については『ショムニ』を参照。

目次

満帆商事株式会社[編集]

→ ジョージ&スミス 満帆カンパニー → 満帆商事株式会社[注 1]

総務部庶務二課(通称・ショムニ)[編集]

通称「ショムニ」。原作やドラマのタイトルは「総務部庶務二課」の略称から来ている。地下の旧備品倉庫に社内の落ちこぼれ社員たちが集められた「掃き溜め」的部署。普通、ここに左遷された社員はほとんどの場合4日で自主退職しているが状況によっては解雇処分が下り、リストラされることもある。彼女たちの場合、人一倍正義感が強く会社を辞めることはほとんどない。割り当てられている仕事は、蛍光灯やトイレットペーパーの交換、郵便や名刺の配達、社内行事の取り仕切りなどの「雑用」的なもの。FOREVER終了と共に庶務二課は廃止となったが、第4シリーズ第1話でかつての人事部長だった寺崎の進言で大規模な人員整理を敢行するために復活。

彼女たちは割り当てられている仕事と、自らの欲望に忠実に行動しているだけで会社そのものに愛着はない。会社の危機を幾度も救っているが、それは自らの欲望を叶えるために動いた副産物。人事部の寺崎と野々村[注 2]は人件費節約と自らの出世のため、常にこの「ショムニ潰し」(つまり庶務二課を廃止させること)を目論んでいる。また、「ショムニで○番目の席に座る」と記載されているが、これはショムニに左遷されたのが早い順ではなく、男と付き合っていた人数が多い順という事になっている。なお、第4シリーズの「庶務二課」では課長は存在しない。

主人公[編集]

坪井千夏(つぼい ちなつ)
演 - 江角マキコ
ショムニで1番目の席[注 3]、第4シリーズでは2番目の席に座る。ショムニのリーダー的存在。脚立は自分で持つのがモットーのため、蛍光灯交換の際に脚立を担いで歩くのは彼女の役割である。最終学歴は私立大学卒業。
入社当初は宣伝部に配属されていたが、協調性はゼロ。なおかつ、経費を湯水のように使う問題社員だったが、統率力に長けて実力はピカイチでやがて一目置かれるようになった。「頑張っているね、坪井君」と褒めて尻を触った当時の部長にマイク・タイソン張りの鉄拳パンチを喰らわせ、それがきっかけで庶務二課に左遷されたが、持ち前の口の悪さと自己中心的な発想で庶務二課を自分勝手な課に育て上げる。
彼女についての学歴や、プライベートなどについては一切不明だが、後に庶務二課に在籍する丸橋梅とは小学校からの幼馴染みで、彼女に「泣き虫チーちゃん」「ピーピーチーちゃん」というあだ名を付けられた事など梅に弱みを握られている[注 4]。また、新潟県柏崎市出身の1971年7月1日生まれ[注 5]である事は明らかにされている。
ショムニのメンバーに対しては、年上の徳永あずさでさえ必ず呼び捨てだが、宮下佳奈にだけは「佳奈さん」と「さん」づけし、一目置いている。酒の飲み比べは大の得意だが、歌とボウリングは大の苦手。勤務後は毎晩のように飲み歩き、勤務中は二日酔いで体調が悪いが、アフターファイヴが近づくに連れ、復活する。「西」が付くタレントや文化が好き。
同期入社である秘書課の杉田美園とは犬猿の仲であり、社内で遭遇する度に嫌味を飛ばし合う関係であった。けれど互いに憎しみ合っている訳ではなく認め合っている所もあるようで何度か杉田のピンチを救ったことがある。
第2シリーズ最終話で満帆の社長となった黒川とは幼馴染で子分扱いしていた。彼が社長となった時の金庫の暗証番号は千夏の生年月日。
FINAL第1話で大金持ちの御曹司と結婚し、寿退職したかと思われたが、婚約指輪を質屋に入れたことがばれてしまい、すぐに離婚してしまう。FOREVERで佐和子以外のメンバーが退職した後、2003年11月に満帆カンパニーを退職し、佐和子にショムニを預けて行方を眩ませた[注 6]
第4シリーズでは、FOREVER終了からしばらく行方を眩ませていた後、旧ショムニメンバーから借金をしてアメリカへ渡り、カジノで儲けようとしたが失敗。その後イタリアの企業家をナンパして愛人契約を結び優雅に過ごすが、企業家の妻にバレてしまい追い出されてしまう。その後は手切れ金で起業するための市場調査と建前にビールを目的にドイツ、ワインを目的にフランス、タコスを目的にメキシコ、トムヤンクンを目的にタイ、ウォッカを目的にロシア、サッカーを目的に南米、ライオンを目的にアフリカと世界を転々と放浪する。最終的にインドでカレーうどんを販売している際に「スミス&マハール社」にスカウトされ入社し、「スミス&マハール社」が満帆商事と合併するのに伴い日本に帰国し、満帆商事に派遣され帰還し経営企画室室長のポストに就く。しかし、かつて顔見知りで千夏が満帆商事に帰還したことを知った寺崎と前川に遭遇し素性を暴かれた事と業務提携の失敗によりショムニに左遷された。
フォローウィンドエージェンシーによる買収事件が解決した後、インドの大富豪・ハシムに結婚を申し込まれるが、引き続きショムニに残ることを決断し、結婚の話を断る[注 7]
決まり文句は「女の価値は男の数で決まる」。

第1シリーズ - FOREVER[編集]

なおドラマのストーリー中では、同期入社である塚原と丸橋以外のメンバーの過去の配属先やショムニ送りになった理由などは一切語られていない。

また、6人はスペシャル2終了後 - 第2シリーズ第1話序盤までメンバーそれぞれ別々のところに出向しており、千夏は漁師、梅はファーストフードの店員、佐和子は工事現場の交通整理、佳奈は庭師[注 8]、あずさはゴルフのキャディー、リエはブライダルサロンの相談員になっていた。さらにFINAL最終話では、前川社長の親友で社長代行として登場した富田明と人事部の策略によって一時期他の部署へと人事異動された事もあり、千夏は秘書課、梅は人事部、佐和子は警備課、佳奈は海外事業部、あずさは食堂、リエは受付嬢、井上課長は営業四課になっていた。

丸橋梅役の宝生舞以外のオリジナルの庶務二課メンバーは第4シリーズ第1話にスペシャルゲストとして登場した[1][注 9]。なお、庶務二課メンバーの現在の近況については劇中では語られていない。井上のみ現在の近況について劇中で明かされている。

丸橋梅(まるはし うめ)
演 - 宝生舞
第1シリーズ第3話から登場。ショムニで5番目の席に座る、かなりの頭脳明晰派OL。千夏とは幼馴染みで同じ新潟県柏崎市出身。総合職。また、佐和子とは同期入社。メンバーの中では特にシリーズ毎に髪型が変わっている。最終学歴は国立大学卒業。
当初、海外事業部配属を希望し、受けた入社試験は筆記が歴代トップの100点満点だったが、面接は最悪の15点だったため、経理課に配属される。そこで彼女は海外事業部配属を狙い、緻密な計算を基に「10%経費削減計画」を立てるが、庶務二課によってトイレットペーパーを回収されたことで経費はかさみ、早坂社長は激怒。結局、計画は失敗に終わり、その責任を取らされる形でショムニに左遷される。ショムニに左遷された当初はまだ海外事業部異動に執心していたため、ショムニを嫌っていた。
大学時代には英検1級ほか23種類の資格を取得しており、アラビア語など10か国語をマスターしている。FINALでは15か国語に増えており、16か国語目にインドネシア語を勉強している。さらにFOREVERでは33か国語目をマスターしようとしていた。1度、学んできたアラビア語のおかげで念願の海外事業部に異動したが[注 10]、自分がしたかった仕事ではないことと千夏の言葉で改心し、異動後2、3日でショムニに自ら戻り、晴れて正式なメンバーとなる。
上昇志向がかなり強く、将来は満帆初の女性重役になって[注 11]、満帆商事を超一流の商事会社に育て上げ、雑誌「LIFE」の表紙を飾るのが目標。しかし、2003年9月に退職してからは、外務官、通訳などを経験した後、チャンジェールに移住し、石油会社に就職している。
第4シリーズ第1話でのリエの発言から現在もチャンジェールに住んでいる。今でも石油会社に勤務しているのかは不明。
塚原佐和子(つかはら さわこ)
演 - 京野ことみ
ショムニで最下位の席に座る、パシリOL。処女。最年少。梅とは同期入社。一般職。福島県東白川郡鮫川村出身。最終学歴は短大卒業。
入社当初は営業三課に配属されていたが、上司との不倫疑惑[注 12]で、不倫相手の奥さんが会社に乗り込んできて関係が発覚したため、ショムニに左遷された。
性格は超がつくほど真面目だが、融通が利かないうえにドジで仕事の要領も相当悪い。英語が話せない上何も取り柄がなくて地味で影が薄く存在感がなく、鈍臭い。最もまともな価値観の持ち主で、井上課長と並ぶ無抵抗平和主義者(いわゆる事なかれ主義)。
ショムニに左遷された当初は千夏たちの欲望や行動をなかなか受け入れられず辞めようと思っていたが、共に行動したり、ショムニでの仕事経験を重ねることで自覚を持ち始め、ショムニで仕事を続けていくことを決意する。右京に想いを寄せており、彼と結婚するのが夢(実際ピアノが弾けなくて家柄が釣り合わなくて分不相応)。
特技は歴代女子プロレスラーのチャンピオンの名前が言えること。
FOREVERで退職する右京に告白。塚原の気持ちを嬉しく思うが、財団を立て直すことでいっぱいで交際には至らなかった。その後、ショムニメンバーが次々と退職して井上課長も定年退職するなか仕事をしていたある日、仕事で満帆に訪れた右京と庶務二課で再会して少しは余裕が出来たと食事に誘われる[注 13]
原作では彼女が主人公となっている。
宮下佳奈(みやした かな)
演 - 櫻井淳子
ショムニで2番目の席に座る、社内一の不思議な色気の持ち主で魔性のOL。必殺技は謎の微笑み。入社以前の経歴・学歴は一切不明。
入社当初は営業部に配属されていたが、配属されるや否や営業部の男性社員全員が彼女の虜になり、彼女をオトすために営業成績で争うようになった。その結果、強引で無理矢理な営業にクレームが続出し、その元凶としてショムニに左遷された。
庶務二課の中では千夏やあずさまでもが佳奈「さん」とさん付けで呼ぶなど、一目置かれる存在。入社以来、早坂社長・副社長・川崎専務・鹿島常務・満帆商事会長の10人目の愛人でもあるため、満帆商事重役陣は別名「宮下ブラザーズ」と呼ばれている。会社の合併後に就任した前川社長とも海外で過ごすと(この時に盆踊り大会の件を言い聞かせたらしい)いつの間にか愛人関係になっていた[注 14]。なお、FINAL最終話時点では最後の一線は越えていない。以上の事情から、会社の裏事情に精通しており、千夏たちにネタに提供している。「〜わ」が口癖。
2003年7月、退職後は化粧品メーカーに転職。独立を目指し、各社重役の間を資金調達に奔走していた。
生年月日は1972年5月10日で、社長室の金庫の暗証番号になっている。
徳永あずさ(とくなが あずさ)
演 - 戸田恵子
ショムニで3番目の席に座る、情報通・仕切り屋のOL。最年長。最終学歴は専門学校卒業。
入社当初は経理課に配属されていたが、趣味と実益を兼ねた株式売買で会社の持ち株を勝手に売買したため、ショムニに左遷された。本来なら懲戒解雇なのだが、取引の結果会社は大儲けしたのでショムニ送りだけで済んだ。
趣味は貯蓄で、仕事中にも財テクに精を出し、金にがめつい。昼休みの会議室では女性社員に対し「会員制ブランド品オークション」[注 15]を開催している。ショムニ内に話題を持ち込み、それが騒動に発展することも多い。
仕切りたがり屋で目立ちたがりの性分のため、社内でのイベントのアナウンス及び進行役に徹することが多い。かつてチアガールをしていたらしい。スペシャル1で、元アイドル[注 16]だったことが判明。
第1シリーズでは独身だったが、スペシャル1で結婚。以降は唯一の既婚者となった。夫の赤瀬川友彦は年下でネット上の貸金庫同好会で出会う。初めて顔を合わせた時に結婚を申し込まれるが、早坂社長夫婦の甥である彼には相手が決まっていたので妻のサユリは猛反対。だが危険を省みず赤瀬川の所に行くあずさを見て2人の仲を認めて仲人を申し出た。「ダーリン」「ハニー」と呼び合って、人目をはばからないラブラブさだが、FINAL第8話では赤瀬川がロンドンへの派遣行きが決まったことが原因で離婚危機に至る。けれど赤瀬川が彼女を人一倍愛しているということが分かり、離婚は免れた[注 17]。その後FOREVERで妊娠9か月であることがわかり、後に無事出産。2003年3月、退職後は専業主婦となり、株式運用や娘の英才教育に多忙な日々を送っている。
日向リエ(ひむかい りえ)
演 - 高橋由美子
ショムニで4番目の席に座る、占い師のOL。メンバーの中で唯一、副業を持っている。両親と祖母は自営業。最終学歴は高卒。
入社当初は人事部に配属されていたが、社員名簿を作成している時に名簿に名前が出ている社員の運命が見え、それを口にした。すると、それが全て的中し社内中がパニックになり、見かねた人事部長によりショムニに左遷される。
無愛想で無口で暗い雰囲気だが、ショムニ内での貴重なツッコミ役。また優れた占いの能力を持っている。金属類は霊力が低下するため触らない。占い方法は水晶とタロット。予知もできるので、百人一首大会では読み上げられる前に札を取る圧倒的な強さを見せた。なみに子供の頃のあだ名は「占いさん」。
副業として夜は丸の内にてクリスティーヌ日向という名で占い師をしていて、よく当たると評判である。予言でショムニを救った事も度々(ただし、その予言には相当の体力を消耗するため、連続してやり過ぎると倒れてしまう)。口癖は「それもまた運命です」「運命には従うべきです」である[注 18]。2003年5月、退職後は占い業の傍ら、占い未来日記の執筆を続けている。
井上洸二(いのうえ こうじ)
演 - 森本レオ[注 19]
庶務二課長。
千夏たちの直属の上司ではあるが、威厳も一切なく非常に温和で物腰が柔らかい。塚原と並ぶ無抵抗平和主義者(塚原とは馬が合う)。しかし存在感はあまり無く、仕事内容も庶務二課の自分のデスクで飼っている猫の世話をしているのがほとんど(社内で内緒にしていたがバレていた)であり、自分の部下である千夏たちを一切育てようとはしない。時々発言しても徳永の声に遮られて聞こえない。何の意味もなしに毎日朝8時に出勤しては夜8時に帰宅するため、8時の男と言われる。
既婚者であり娘(第2シリーズ第11話にて登場)が1人いるが、家庭での存在感も薄い。パソコンやインターネットなど、IT関係の知識は皆無に等しい。
基本的に人事部には言葉巧みに利用されている。一方、悪質かつ幼稚な方法でショムニを貶めようとし失敗、早坂社長に断罪されそうになった寺崎と野々村をかばう代わりにショムニを潰さないように取引をしたこともある。
趣味は将棋であり、第2シリーズ第11話では社員全員で休日出勤した際に自身と同様に将棋が趣味の早坂社長とショムニで将棋を指していた。
1度リストラされたが[注 20]、千夏たちの策略によって助けられ晴れて復職し、その後FOREVERにて満帆カンパニーを定年退職した。第4シリーズ第1話では警備課に配属されており、ショムニに異動となった円山詩織をショムニまで案内した。しかし、自分がかつてショムニの課長だったという事は一切言及しなかった。

第4シリーズ[編集]

第4シリーズからはキャストを一新する。庶務二課に配属された当初はそれぞれ退職を考えていたが、シロクマ急便配達員・速水君の存在もあり、会社を辞めることを思いとどまる[注 21]

最終話では満帆商事の買収を企む剣崎昴平の策略によって満帆商事がフォローウィンドーエージェンシーに買収された際、関連会社の「満帆食品」内の豆腐二課(通称・トフニ)に出向させられていた。

三波まどか(みなみ まどか)[注 22]
演 - ベッキー
ショムニで5番目の席に座る、頭脳明晰のOL。メンバーで唯一、ショムニに異動する前の所属していた部署とショムニに異動になった原因は不明。当初はショムニに異動した事で退職しようと考えていたが、表向きにはWi-Fiの入りが良いという理由で会社に残る。デスクにはパソコンを3台常備している。実はマサチューセッツ工科大学卒業の才女。ノートパソコンを常に持ち歩いており、ネットを活用して各分野の情報に精通しており、千夏たちにその情報を提供している。
本人曰く「恋は愚かな人間のシステムエラー」と豪語しているが、第2話で大学の先輩・酒巻と運命的な再会をしたことから、長年彼に片思いしていたことが明らかになる。好きな人に影響されやすい性格なのか、酒巻も好きな野球観戦を趣味としていた。酒巻のユーザーを見下すような本心を知り、「素敵なシステムエラーをありがとうございました」と笑顔で告げて彼への思いを吹っ切った。その後は、他のショムニメンバーとともに積極的に合コンに参加している。酒癖が悪いらしい。
円山詩織(まるやま しおり)[注 23]
演 - 本田翼
ショムニで最下位の席に座る、元棒高跳び選手のOL。処女。最高記録は4m21で、オリンピック出場すら期待される程の技量を買われて満帆商事に入社するも怪我で引退を余儀なくされ、更に所属していた満帆陸上部も廃部になったことで、名目上所属していた業務部だけでなく社内全体での居場所を失ってしまい、自殺を考えるほどに追い詰められていた。陸上以外で何の取り柄もなかったため、ショムニに左遷される。当初は退職を考えていたが、千夏や旧ショムニメンバー、井上との関わりと棒高跳びに再び失敗したことで会社を辞めることを思いとどまる。次期課長が決まるまでの間、休暇届に判を押すための名目上の「課長代理」に就任する[注 24]
天然な性格で何にでも頑張ろうとする努力家だが、空回りして頑張りすぎてしまう。デジカメで何でも記録を取りたがる。
左門に好意を抱いており、何か月も説得し接待をしてきた先方先との事業企画が中止になり落ち込んだ左門にメンタルケア検診を勧めたり[注 25]、半ば強制的に婚活サイトに登録させられた左門を見て、自らも婚活サイトに登録し、左門と相性がいいという診断が出て喜んだり[注 26]、模擬結婚式で新郎役の左門に新婦役に指名されたにもかかわらず前川社長によるゴリ押しで新婦役が変わってしまっても、気にすることなく準備を進めたりするなど[注 27]、彼を一途に想い続けてきた。フォローウィンドエージェンシーの傘下になってしまった満帆商事を取り返すべく左門を説得した際に告白し、一緒に東京スカイツリーに行きたいと話す。しかし左門が自分は高所恐怖症であることを告白したため、想いは届かず恋は終わりかと思われたが、フォローウィンドエージェンシーによる買収事件が解決した後、左門が高所恐怖症を克服すべく脚立に乗っている彼の姿を見て、喜んでいた[注 7]
安倍麗子(あべ れいこ)[注 28]
演 - 安藤サクラ
ショムニで4番目の席に座る、鬼門を語るOL。
元広報課所属。社内報に予言めいた記事を掲載、そのほとんどが実際に起こったため、一時「満帆の恐怖新聞」と恐れられ、部署内で不吉な女として言われショムニに左遷される。
まったく気配を感じさせず、常に人の背後に立って社内の噂を仕入れてくる。その気配の無さは度々騒動を解決する際に発揮される。
休暇には滝行を行うなど、修行を趣味としている。私服は主にTシャツにズボンなど、メンバーの中では最もラフ。
「縁起がいいから」と、自宅では大量の亀を飼っている。
小島美鈴(こじま みすず)[注 29]
演 - 森カンナ(現・森矢カンナ[2]
ショムニで1番目の席に座る、魔性系OL。
元秘書課所属で各部署の有望な社員を誑し込んで骨抜きにし、熱を上げた社員同士で殴り合いのケンカに発展し、その騒動の張本人としてショムニに左遷される。今まで付き合った男の数は千夏が驚愕するほどである[注 30]
熱しやすく冷めやすい性格で、尋常ではなくモテるが、一緒にいる男性は毎回違う。
いわゆる「遊び好き」と思われがちだが、付き合う男性全員に平等に愛情を注ぎ愛している。付き合う男性全員の考えていることに心から共感し、素直で、ある意味器用。
福田益代(ふくだ ますよ)[注 31]
演 - 堀内敬子
ショムニで3番目の席に座る、健康オタクのOL。
元営業部所属。勝手に入荷した健康器具を顧客に売りつけたり、業務中に行う様々なダイエット体操が煩わしいと問題になりショムニに左遷された。ショムニ異動後もロングブレスダイエットや漢方薬など、ありとあらゆる健康法を実践している模様。
プライベートでは年下で高収入なイケメンを狙って日々合コンに明け暮れている。なお、年齢の話題はNGである。
お喋りな性格で、ついつい人の会話に入って口を挿んでしまう。目立ちたがり屋で仕切りたがり。

秘書課[編集]

千夏のライバル・杉田美園が所属する部署。社内一セクハラが多い部署。人事部の次の庶務二課の天敵の一人。こちらは庶務二課と異なり、メンバーは4人しかいない[注 32][注 33]。FINALから美園を除いてメンバーが一新された。また、第4シリーズ第1話序盤までは小島美鈴がこの部署に所属していた。

第1シリーズ - FOREVER
杉田美園(すぎた みその)
演 - 戸田菜穂
千夏のライバルで秘書課のリーダー的存在。秘書課のメンバーの中では最年長でもあるお局。
結婚して寿退職するのが夢であり、佐和子と同様、自身も右京に好意を寄せている。千夏とは同期入社で、またライバルでもある。毎回ショムニの面々と会うときは「あ〜ら、ショムニのみなさん」と嫌味ったらしく言うのが定番。当然社内で千夏と遭遇する度に嫌味を飛ばしあっているが、自分がピンチの際には千夏に助けられたこともあった。他のショムニメンバーによると本当に憎しみ合っているわけではないと話す。また千夏のように早坂や前川などの重役や寺崎に反抗することは少ないが、女性蔑視の言動には不快感を露にしている。そのためショムニメンバーが行動を起こした時には清々した顔をしていることもある。
庶務二課に出向していた時はショムニの仕事はせず、海外事業部の仕事を手伝うも大きなミスを犯してしまう。けれど千夏達のおかげで事なきを得て秘書課に復帰した。その後に嫌がってしなかったショムニの仕事を自分から一度だけした。
FOREVERでは右京が退職したことで右京への片想いを諦め、数年後に総資産額50億円の御曹司と結婚して寿退職した。
持論は「女の価値は男の総資産額で決まる」。
第1シリーズ - 第2シリーズ
水落聡美(みずおち さとみ)
演 - 北原一咲
吉田瞳(よしだ ひとみ)
演 - 田辺綾子
香川茜(かがわ あかね)
演 - 小林瑞貴
上記3名は秘書課のメンバー。庶務二課の梅・佐和子とは同期入社で、全員美園のことを尊敬している。FINAL以降は登場していない。別の部署へ異動したのか結婚して寿退職したのか、詳細は不明。
FINAL - FOREVER
島倉若菜(しまくら わかな)
演 - 北川弘美
中山皐月(なかやま さつき)
演 - 星野有香
上村麗香(かみむら れいか)
演 - 滝沢沙織(FINALのみ)
上記3名は水落、吉田、香川に代わって登場した新たな秘書課のメンバー。美園が寿退職した後も秘書課に残っている。

警備課[編集]

経済学の勉強をする頭でっかちな社員・神谷真太郎が所属する部署。主に社内警備や重役や来客などの警護をする仕事だが、神谷だけはショムニに救われたことでショムニの面々を尊敬するようになり、彼女らのサポートをしている。また、第4シリーズ第1話では庶務二課の課長だった井上がこの部署に所属している。

第2シリーズ - FOREVER
神谷真太郎(かみや しんたろう)
演 - 沢村一樹
2つの大学を卒業した後、大学院で経済学を専攻し、入社後は海外事業部に配属された。社内合理化のプログラムを作成したが、実は人事部の寺崎と野々村に利用されており、後に2人にそのプログラムを悪用されてしまう。当初は退職を考えるも、ショムニの面々によって退職を思いとどまり、その後自分の意思で警備課へ異動した。異動した後も世界の経済状況などの勉強は続けており、FINAL第9話ではその知識が認められて海外事業部に戻されるも、自らの希望と前川社長を救ったことで再び警備課に戻った。自分のピンチをショムニの面々に救われて以来、彼女たちを尊敬するようになり、ショムニの面々をサポートしている。
山形県出身で、興奮すると山形弁が口に出る。

重役[編集]

早坂光宗を筆頭とする満帆商事を支える幹部たち。また、佳奈と愛人関係になっており、別名「宮下ブラザーズ」とも呼ばれる。満帆商事が不況に陥るたびにショムニの面々や右京に救われ、彼女らを信頼するようになる。FINAL第1話でリストラ計画の失敗により、社員の大量解雇の撤回と同時に早坂らが辞任。「ジョージ&スミス社」に吸収合併され、同社社長の前川進が後任の社長に就任し、社名もジョージ&スミス 満帆カンパニーに変わった。

第1シリーズ - FOREVER
早坂光宗(はやさか みつむね)
演 - 久保晶
代表取締役社長。佳奈の虜で愛人の1人。妻の早坂サユリの尻に敷かれる恐妻家。スペシャル1に登場する妻の早坂サユリは「影の役員会」といわれる「満帆奥様会」の代表を務めている。
温厚で物腰が柔らかい性格で時には厳しい態度も見せる。ショムニや右京の良き理解者であり、満帆商事が倒産や買収の危機などで不況に陥るとショムニの面々や右京に助けられており、それがきっかけでショムニの面々や右京を信頼している。また、甥の赤瀬川友彦の手腕に期待しており、将来、満帆商事を継がせたいと考えている。赤瀬川とあずさの結婚後はあずさの舅にもなる。カリスマ性には乏しく今までに二度社員の反乱に遭っており、その度にショムニ以下社員たちの条件を呑まされている[注 34]
趣味は将棋であり、第2シリーズ第11話では社員全員で休日出勤した際にショムニで自身と同様に将棋が趣味の井上課長と将棋を打っていた。
FINAL第1話で、満帆商事が再び不況に陥っていたことや外資系に身売りされそうになったことからリストラ計画を断行するが、千夏の「会社のこと思ってんなら名前より社員のこと考えたら?」という発言に何も言えず、200通の辞表とリストラ計画を撤回し、川崎専務・鹿島常務と共に責任を取るため辞任した。
社長辞任後はしばらく登場していなかったが、FINAL最終話で久々に登場し、ショムニの面々と再会した。現在は屋台を営んでおり、第2シリーズの7話で出てきた「佳奈我が愛」と書かれた掛け軸を飾っている[注 35]。今でもショムニの良き理解者としてショムニの面々を信頼しており、彼女たちの活躍を影から見守っている。
第1シリーズ - FINAL第1話
川崎専務(かわさき せんむ)
演 - 山崎満
専務。佳奈の虜で愛人の1人。下の名前は不明。佳奈以外のショムニの面々には冷たい。専務辞任後の動向は不明。
鹿島安義(かげしま やすよし)
演 - 須永慶
常務。佳奈の虜で愛人の1人。佳奈以外のショムニの面々には冷たい。川崎専務と同じく常務辞任後の動向は不明。
FINAL - 第4シリーズ
前川進(まえかわ すすむ)
演 - 升毅
「ジョージ&スミス社」代表取締役社長。満帆商事を買収し吸収合併させ、早坂から社長職を譲り受けた。そのため、満帆商事が「ジョージ&スミス社」に吸収合併されたことで、会社名が「満帆商事株式会社」から「ジョージ&スミス 満帆カンパニー」になり、ジョージ&スミス 満帆カンパニー代表取締役社長となった。
クールで謹厳実直な筋の通った性格(実際はマザコンであり、第4シリーズ第2話でその事が判明)で、社長になった当初は全仕事を1人で取り仕切ろうとしたその結果、約束の場所と時間を記したFAXを見落としてしまう。その後まだ満帆カンパニーに残っていた井上に助けられ、以後は社員を頼るようになった。けれど、盆踊り大会を経費の無駄と許可を出さなかったり(結局は佳奈に負けたが)、大学時代からの親友の富田の策略で満帆カンパニー存続の危機に陥ると、彼に濡れ衣を着せられた者達を信用しないと社員達と距離を置いていた。何度も助けられた経緯から富田を信頼していたが、ついに疑いを持ちショムニの面々に説かれて計画に乗る。神谷・右京・美園・寺崎達の協力もあって無事社長にとどまる。社員と一線を画し、会社を導いていくのが社長の仕事という考えを改めて、一緒に歩んでいける会社を作りたいと述べた[注 36]
会社名が「ジョージ&スミス 満帆カンパニー」から「満帆商事株式会社」に戻ってからも引き続き代表取締役社長を務めている。FOREVERまでの登場人物の中で千夏を除いて唯一第4シリーズに引き続き、レギュラーで登場している人物である。甥の錦山博之はIT事業部に所属しており、同部署の課長を務めている。
第4シリーズ
専務
演 - 児玉頼信
常務
演 - 平河知宏
秘書
演 - 丸岡真由子
前川社長の秘書。

人事部[編集]

秘書課の次の庶務二課の天敵の一人。「ショムニ潰し」を目論む部署。ただ、目論んでいるのは部長と以下の社員だけである。庶務二課を廃止させることと人件費節約と出世することが目的で、その野望を実現するために毎回ショムニ解体の陰謀をめぐらしたり、ショムニ潰しの作戦を立案・実行したりしているが、その度にショムニの面々に野望を阻止されてしまい、ほとんど失敗に終わっている。FINAL第1話では野々村が海外赴任中のため、海外事業部の岡野が寺崎によって人事部に異動して来る。

第1シリーズ - FOREVER
寺崎寅男(てらさき とらお)[注 37]
演 - 高橋克実
人事部長。自身の出世のため、毎回ショムニ解体の陰謀をめぐらすが、うまくいった例はなく、ほとんど失敗ばかりである。人望がないためショムニに馬鹿にされている。私生活ではバツイチで子供はいない。元々は海外事業部に所属していたが、上司に盾突いたため、自らの意思で人事部に異動した。部下である野々村共々、作中におけるコミックリリーフ的なキャラクター。ショムニを潰しかつ自分たちの利益を上乗せする陰謀を張り巡らすことも多いため社員全員を敵に回すことも少なくない。
第4シリーズ第1話にもスペシャルゲストとして登場。大規模な人員整理を実行するため、廃止されていた庶務二課を復活させ、星野と下落合に助言を与えて実行させた結果、大量の退職者を出すことに成功する。千夏を含む6人も解雇しようとするが、彼女らが会社を辞めることを思いとどまったことや復活した千夏の存在もあり、またしても結局失敗する。失敗後、星野と下落合にショムニは手強いことを教え、ショムニ解体を託した。現在の近況については旧ショムニメンバー同様劇中では語られていない。満帆商事を退社して、他社の重役になっているのか、詳細は不明。
第1シリーズ - 第2シリーズ
野々村課長(ののむら かちょう)
演 - 伊藤俊人
人事部課長で寺崎の腰巾着。自らの出世のため、寺崎と共にショムニ解体の陰謀をめぐらす。
スペシャル1で、かつて「おワン子クラブ」の人気メンバー徳永桃子のファンだったことが判明。
イメクラに嵌り、カリナという女性に入れ込んでいる[注 38]
FINALでも引き続き出演が決まっていた伊藤が撮影開始直前に急死。ドラマでは代役を立てる事なく海外赴任中という扱いとなった[注 39]。その代わりとして、彼の役回りは岡野が兼ねる。
第4シリーズ

過去に満帆商事に勤めていた寺崎のアドバイス通りに解雇したい社員を庶務二課へ異動させたところ、大量の退職者を出すことに成功した。だが、千夏を含む6名の解雇に失敗する。満帆商事がフォローウィンドーエージェンシーに買収された際には関連会社の「満帆燃料」(ガソリンスタンド勤務)に出向させられていた[注 7]

星野ケンジ(ほしの ケンジ)
演 - 安田顕
人事部長。復活したショムニを廃止させるための陰謀をめぐらすことは寺崎と同様。しかし星野は勤務態度の傲慢さが寺崎以上に悪化しており、勤務中に会社のパソコンから閲覧していたアダルトサイトが原因でスパイウェアを侵入させ、社内ネットワークを壊してしまったり[注 40]、社内のソフトウェアで社員が勤務中閲覧しているサイトを監視したり悪趣味な一面もある。制服マニアで、ショムニの制服を復活させたのは彼の趣味であるという噂もある。
下落合耕一(しもおちあい こういち)
演 - 鈴木浩介
星野の直近の部下で星野にゴマをすりつつ共にショムニ解体の陰謀をめぐらしているが、これまでと異なるのは星野の傲慢かつ身勝手な言動に多少とも不信感を持っており関係は必ずしも良好な訳ではない。寺崎にはよく名前を間違えられている。

海外事業部[編集]

エリート社員・右京友弘が所属していた部署。ここに所属する社員のほとんどは皆優秀なエリート社員である。ショムニと同様に会社の危機を救うことが多く、その上その実績が表立っているため、満帆商事を狙う存在からは真っ先にターゲットにされやすい。かつては寺崎が所属していた部署でもあり(第2シリーズ第1話で一時異動)、入社当初ここに所属していた神谷真太郎がFINAL第9話で一時異動している。

第1シリーズ - FOREVER
右京友弘(うきょう ともひろ)
演 - 石黒賢
大財閥の御曹司という超エリートで、美園や佐和子など、女性社員の憧れの的である。東京大学法学部、ニューヨーク市立大学大学院センター卒業。東銀座出身。
ショムニと同様、満帆商事が不況に陥ると自らの腕で会社を救っており、そのことがきっかけで上司たちや早坂社長から信頼を得ている。前川社長からは当初はなかなか受け入れてもらえなかったが、次第に認められていく。自分がピンチに陥るとショムニの面々に救われたこともあり、不況の状況によっては、ショムニと手を組むこともある。千夏とは逆に「東」が付くタレントや文化人が好きである。FOREVERで満帆カンパニーを退職。退職から数年後に佐和子を迎えにやって来て、彼女との関係を深めていった。現在は独立して「右京カンパニー」を設立し、同社の社長を務めている[注 7]
第4シリーズ第1話には昔の写真のみが登場、最終話にゲストとして再び登場した。
三田村英二(みたむら えいじ)
演 - 相島一之
妻子あり。佳奈の虜で彼女の誕生日にはお祝いを欠かさず、「佳奈さんの言う通りです」と言って意見に従ってしまうが、佳奈以外のショムニの面々には冷たい。
仕事振りは真面目で優秀。右京の先輩かつ上司でもあり、仕事では右京と組むことが多い。
岡野玄蔵(おかの けんぞう)
演 - 正名僕蔵
仕事はダメで役に立たずで一言多い、ボウリングだけは上手い。FINAL第1話で野々村課長の海外赴任中に伴い、寺崎の手によって人事部に異動する。野々村に代わって寺崎と共に行動し、ショムニ解体の陰謀をめぐらす。
円谷平吉(つぶらや へいきち)
演 - 市川勇
海外事業部長。一男一女あり。基本的にショムニの面々には冷たい。右京に絶大なる信頼を寄せているため、右京がピンチに陥ると自分までパニックになってしまう。
第1シリーズ - スペシャル第2弾
秋本譲(あきもと ゆずる)
演 - 橋爪浩一
小堺啓介(こさかい けいすけ)
演 - 衣笠友章
FINAL - FOREVER
中林誠(なかばやし まこと)
演 - 櫻庭博道
第4シリーズ
左門大介(さもん だいすけ)[注 41]
演 - 三浦翔平
満帆商事の恋人にしたいランキングでは4年連続トップの社員で、かつては花形だった海外事業部を盛り上げるべく頑張る若手のエリートイケメン。壇上みき率いる経営企画室に対抗心を燃やす。
当初はショムニを見下すような態度をとっていたが、メンタルヘルス検診を勧められたり、婚活サイトでマッチングされたり、模擬結婚式の相手となったことなどを通じて、徐々にショムニを理解するようになり、さらに次第に詩織に惹かれていく。実は高所恐怖症であるが、フォローウィンドエージェンシーによる買収事件が解決した後は、詩織と東京スカイツリーに上るために克服する決意をした[注 7]
三次章治(みよし しょうじ)
演 - 小松和重
波田雄二(はだ ゆうじ)
演 - 隈部洋平
増口秀樹(ますぐち ひでき)
演 - 難波圭一
海外事業部長。バツイチ。

経営企画室[編集]

第4シリーズから秘書課に替わって新たに千夏と敵対する存在。満帆商事と新しく合併した食品商社「スミス&マハール社」から千夏とともに派遣されてきた社員。満帆商事がフォローウィンドエージェンシーに買収された際にはショムニへの異動命令が下り、自身たちが散々蔑んでいた部署に飛ばされる[注 7]

壇上みき(だんじょう みき)[注 42]
演 - 片瀬那奈
経営企画室室長。経営企画室のメンバーの中では最年長でもあるお局。元々は千夏の部下だったが、彼女がショムニに異動した際に室長に昇進した。
美貌と知性も兼ね備えているが婚期を逃した上若さを失い、「ゴージャスな休日」と称して、ひとり牛丼屋でビール牛丼つゆだく、牛皿を食べる孤独な休日を過ごしている[注 40]。毎回ショムニの面々と会うときは「これはこれはショムニのみなさん」と嫌味ったらしく言うのが定番。また、上記の通りショムニに異動した際にも同じことを言って、千夏に「ショムニのみなさんはあんたたちだよ」と訂正されていた[注 7]
三田茜(みた あかね)
演 - 泉里香
柏木アオバ(かしわぎ アオバ)
演 - 高田有紗
恩田ゆず(おんだ ゆず)
演 - 東野佑美
上記3名は経営企画室のメンバー。壇上に比べたら若くてピチピチ。

社員[編集]

受付嬢
演 - 齊木由香(第1シリーズ - FOREVER)、畑中映里佳(現・中江里香)(FINAL・FOREVER) / 菅沢こゆき、市成みゆき(第4シリーズ)
第4シリーズ
舞子
演 - 上地春奈
しん
演 - 植木夏十
演 - 田島ゆみか
上記3名は満帆商事の女子社員。女子トイレで化粧直しをしながら何かと社内の噂話で盛り上がっている。満帆商事がフォローウィンドエージェンシーに買収された際には関連会社の「満帆ファイナンス」へ出向させられ、ポケットティッシュ配りをしていた[注 7]

その他[編集]

屋台の親父
演 - 赤星昇一郎
第1シリーズ第2話から登場。千夏たち行きつけの屋台の親父。
速水君(はやみくん)[注 43]
演 - 工藤阿須加[3]
第4シリーズに登場。シロクマ急便配達員。ショムニに毎日来ることを知ったまどかたちが退職を思いとどまらせる結果を生んだ人物。

ゲスト[編集]

第1シリーズ / ショムニスペシャル第1弾 / ショムニスペシャル第2弾 / 第2シリーズ / 第3シリーズ / ショムニスペシャル第3弾 / 第4シリーズ

複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記 満帆商事及び満帆カンパニー社員は役職名のみ記載

第1シリーズ(1998年)[編集]

第1話「女の墓場庶務二課」[編集]

遠藤
演 - 吹越満
佐和子の当時の先輩社員。
遠藤の妻
演 - 水島かおり
遠藤の浮気を知って会社に乗り込んでくる。

第3話「アミダで!? リストラ」[編集]

経理課長
演 - 徳井優
梅の当時の上司。

第4話「愛と肝臓の再検査!!」[編集]

小中社長
演 - 平泉成
中小企業「小中建設」社長。

第5話「ご懐妊だが父親不明」[編集]

塚原善造
演 - 六平直政
佐和子の父親。

第6話「今夜はHに全員喪服」[編集]

沢田美子
演 - 鷲尾真知子
満帆商事会長の愛人の1人。
弁護士
演 - 矢島健一
満帆商事会長の遺言状を読み上げる。
沢田光
演 - 三觜要介
満帆商事会長と沢田美子の息子で次期社長候補。

第7話「OLの花道寿退社!!」[編集]

加々美虎之助
演 - 宇梶剛士
「加々美グループ」専務。加々美家の御曹司。

第8話「命がけ!! の社内恋愛」[編集]

リエが営む占いの館にやってきた客
演 - IZAM(友情出演)

第9話「女子採用はコネのみ」[編集]

橘紘子
演 - 小橋めぐみ
満帆商事の入社試験を受けにきた女子大生。
石川
演 - ト字たかお
満帆商事専務。

第10話「社運をかけた見合い」[編集]

加藤頭取
演 - 石田太郎
若葉銀行頭取。
加藤梢
演 - 今村恵子
加藤頭取の娘。

第11話「逆セクハラ総攻撃」[編集]

恩田昭二
演 - 鶴田忍
恩田商会社長。スケベじじい。満帆商事の取引相手。

最終話「やっぱり倒産!!」[編集]

鮫島亨
演 - 陣内孝則(特別出演)
「鮫島グループ」社長。成金。腹黒い性格で自己中心的な金の亡者で乱暴で凶暴で傲慢な独裁者。満帆商事の買収を企んだ男。

ショムニスペシャル第1弾(1998年)[編集]

「ショムニスペシャル 社員旅行で結ばれたカップルは一年以内に結婚!? ショムニ最大の敵「満帆奥様会」登場で一生に一度の恋も前途多難…」

早坂サユリ
演 - 野際陽子
早坂の妻で社長夫人・「満帆奥様会」代表で最年長。実子はいない。夫の早坂が佳奈と愛人関係だとは知らない。
「満帆奥様会」会員
演 - 岡まゆみ
「満帆奥様会」の会員で最年少で副社長夫人。サユリの腰巾着で取り巻きの1人。
赤瀬川友彦
演 - 東根作寿英(FINAL第8話にも出演)
早坂夫婦の甥。あずさの彼氏 → 夫。

ショムニスペシャル第2弾「新春ドラマスペシャル」(2000年)[編集]

「ショムニ 2000年の幕開けにリストラ課長が誘拐!? 開運温泉旅行をかけ企業テロVS最低OL達の闘いが始まる…あのショムニが遂に復活!!」

浅見玲
演 - 大塚寧々
満帆商事の極秘データを他社に売ろうとした社員。

第2シリーズ(2000年)[編集]

第2話「男の磨き方教えます」[編集]

山田一郎
演 - 石黒賢(二役)
容姿や顔が右京にそっくりな男。性格は右京とは正反対で弱気な性格。
順風商事社長
演 - 笹野高史
満帆商事のライバル会社「順風商事株式会社」代表取締役社長。
三ツ星銀行頭取
演 - 沼田爆

第3話「出来る女の切り札は」[編集]

永澤秋絵
演 - 細川直美
広告宣伝課社員で出世を目指すキャリアウーマン。
伊集院財団代表
演 - 風見章子

第4話「お局OLの恋愛力!?」[編集]

梅林君子
演 - 深浦加奈子
美園の元先輩社員。

第5話「(秘)社内恋愛のススメ」[編集]

藤原真司
演 - 近藤芳正
営業四課社員で潔癖症系の男。童貞。三流大学の出で英語をろくに話せない上に恥を知らずに海外事業部への転属を希望。
黒田剛
演 - 小木茂光
「順風商事株式会社」人事部長。

第6話「千夏、秘書になる!?」[編集]

中華屋台の親父
演 - 伊藤正之
佃佐平
演 - 二瓶鮫一
レストランのオーナーシェフ。

第7話「会社でダイエット!?」[編集]

西山沙織
演 - 中島陽子
経理課社員。
警備員に変装して満帆商事に侵入していた泥棒
演 - おかやまはじめ

第8話「千夏、マジで怒る!!」[編集]

二階堂隆
演 - 原田龍二
ハッカー。仕事のためにリエに急接近した男。

第9話「ノーと言える会社員」[編集]

和恵
演 - 宮田早苗
寺崎人事部長の元妻。
ワダミエ
演 - 石井苗子
大企業の副社長。

第10話「ダメOLが辞める時」[編集]

満帆商事が実施した社員適正能力試験の面接官
演 - 金田明夫

第11話「休日出勤は命がけ!?」[編集]

井上桜
演 - 山口このみ
井上課長の娘。

最終話「サヨナラ仲間達!?」[編集]

黒川光
演 - 風間トオル
「キングスタービジネス社」社長。千夏の元子分。
中之坊委員長
演 - 山本圭
臨海都市計画委員会委員長。

第3シリーズ「ショムニFINAL」(2002年)[編集]

第1話「千夏が寿退社!?」[編集]

青山
演 - 石丸謙二郎
人事コンサルタント。満帆商事再建のためにやって来た男。
辞表を書かせるために嘘のヘッドハンティングや不必要な研修の乱発などを使って199人の人間を自主退社させることに成功したが、その後全社員が辞表を出したため、計画は成功したかに見えた。が、ショムニの活躍により早坂社長がすべての辞表を撤回させた上、社長職を辞任したため計画は失敗に終わり、頭取からは銀行との無期限の取引停止を命じられた。
赤木
演 - 山中聡
牛丼チェーン店の御曹司。青山の指示で佐和子を自主退職させようとする男。
銀行頭取
演 - 中丸新将
200人のリストラ計画を結果的に失敗した青山に激怒し、無期限の取引停止命令を突き付けて去って行った。

第2話「新社長に玉の輿!?」[編集]

柳沢誠
演 - 清水章吾
満帆カンパニーの契約先の銀行の頭取。

第3話「昔の女にご用心!」[編集]

高見沢玲子
演 - 森口瑤子
海外事業企画開発部社員。右京のニューヨーク市立大学大学院センター時代の同級生。

第4話「夢か男か梅の初恋」[編集]

岩田実
演 - 山本耕史
元卓球部員で人事部によってまわされたゴミ回収係の社員。

第5話「満帆査定ボウル!?」[編集]

山田専務
演 - 田山涼成
東日本製薬専務。

第6話「VSフクニ歌合戦!?」[編集]

君島波子
演 - 宮地雅子
福利厚生二課(通称:フクニ) → 営業一課社員、コーラス部部員。

第7話「遂に美園が寿退社!?」[編集]

樋口亮介
演 - 加勢大周
心理カウンセラー。

第8話「エステで夫婦円満」[編集]

森口グループ社長
演 - 藤田宗久

第9話「OLデカの迷推理」[編集]

榊雅也
演 - 伊集院光
満帆カンパニーに新しく導入された警備システム会社「パーフェクト・セキュリティー社」の営業部社員。実は満帆カンパニーを荒らした張本人。
順風商事社長
演 - 団時朗
満帆カンパニーのライバル会社「順風商事株式会社」代表取締役社長。
森村
演 - 佐々木勝彦
満帆カンパニーの取引先・ABC通信の重役。
建設会社重役
演 - 千本松喜兵衛

第10話「女の価値は男の数」[編集]

東山里奈
演 - 有坂来瞳
営業二課社員で新入社員。通称「営業娘。(エームス)」の1人でリーダー格。性格は幼稚かつ我儘で身勝手で非常識な怖い者知らずの勘違い女。合コン営業しかできない若いだけが取り柄で、仕事もろくにできなくて仕事を腰掛け同然にしか思っていない無能な馬鹿女で給料泥棒。その後仕事で取り返しのつかないミスを犯し全ての責任を取らされた形で自業自得だが人員削滅のリストに一番に載せられた。
営業二課社員
演 - 山口リエ、及川仲、石橋奈美
上記3名は通称「営業娘。(エームス)」のメンバーたち。

第11話「モテる男の大失態」[編集]

山下健二
演 - 井田國彦
「ピースコーポレーション」社員。満帆カンパニーにゲームソフトの契約話を持ってきた男。偽の契約書で右京を納得させた後、自身に有利な契約書と差し替える。しかし、右京や千夏たちの発想により、ゲーム商品のソフト&ハードのセット販売が行われたことで、満帆カンパニーの窮地を救う結果となり、右京にまたしても負けてしまう。

最終話「解散!! 庶務二課」[編集]

富田明
演 - 佐野史郎
前川社長の親友で、満帆カンパニー社長代行。青木記者と手を組んで企業横領を計画し、さらに親友・前川を社長職から退陣させて自分が社長になろうと企んでいたが、千夏たちの策略によって、計画が白日の下に晒され、G&S本社からも辞任を迫られた。また、記者会見に出席した人たちは富田によって無期限出勤停止を受けた社員たちであった。
青木記者
演 - 吉田朝
富田と共に満帆カンパニーの信用を失墜させる。
食堂のおばちゃん
演 - 青木和代

ショムニスペシャル第3弾「ショムニFOREVER」(2003年)[編集]

「今夜ついに完結千夏を襲う絶体絶命の危機・女のプライドを賭けたショムニ最後のおつとめ」

織部満
演 - 村田雄浩
満帆カンパニーに立てこもったかなり小心者の元社員。元々は優秀なエリート社員だったが、病弱な妻の代わりに育児休暇を取ったことでショムニ送りとなり、リストラされた。復讐のため、満帆カンパニーを爆破させるために社長室に立てこもる。鞄の中には圧力鍋爆弾と時限式アラームが繋がれており、爆弾は午後5時に爆発するようにセットしていた。その後ショムニの面々によって改心し、家族の元へと帰る。
織部の妻
演 - 木村多江

第4シリーズ「ショムニ2013」(2013年)[編集]

第1話「復活! 10年ぶりの庶務二課で最強女子坪井千夏が会社斬り」[編集]

佐々木業務部長
演 - 大高洋夫
業務部長。詩織の元上司。とても厳格でしっかりした上司だが、自分の部下である詩織を一切育てようとはせず、陸上の他に何の取り柄もなくて必要ないと思いショムニへ左遷する。
医師
演 - 三富健
満帆陸上部コーチ
演 - 大樹
詩織が所属していた満帆陸上部のコーチ。ある時突然陸上部を廃部にする。
高所窓清掃員
演 - 高橋和貴、村上昇

第2話「恋バナいじりで大騒動早くも仲間割れ」[編集]

坂巻
演 - 眞島秀和
まどかのマサチューセッツ工科大学時代の先輩。マサチューセッツ工科大学卒業のシステムエンジニア。パソコンを私的に使用する社員が多く困っているのであれば、ネット環境やそれ以外の個人情報を監視するトリプルアイシステムを導入すると、良い方向に改善できると星野に提案する。トリプルアイシステムを共同開発したまどかからプログラムの欠陥を指摘されるも、新しいシステムを開発するには金が必要だと話し、まどかの忠告を聞き入れなかった[注 44]

第3話「心がポッキリ! あなたの悩み治します」[編集]

三筋社長
演 - 入江雅人
三筋製作所社長。
池田綿十朗
演 - 古舘寛治
「メンタルクリニック」医師。

第4話「今夜は卓球合コン! イマドキ草食斬り」[編集]

錦山博之
演 - 高橋光臣
IT事業部課長。前川社長の甥。
青柳亮大
演 - 前川泰之
「Give you&Give needs」社長。婚活サイト「マッチング・ラブ」運営会社。

第5話「隠し子発覚! 社内ギャンブル全員クビ」[編集]

東山哲夫
演 - 清水厚男
営業部第1課社員。営業本部長候補の一人で、領収書の改ざんで営業本部長候補から外される。
西川譲二
演 - 織田浩
営業部第2課社員。営業本部長候補の一人で、女性社員へのセクシャルハラスメント行為で営業本部長候補から外される。
南田一喜
演 - 窪田圭志
営業部第2課社員。営業本部長候補の一人で、取引企業への過剰すぎる贈り物を渡し、営業本部長候補から外される。
北見一郎
演 - 工藤俊二
営業部第1課社員。営業本部長候補の一人で、営業本部長に昇進。
五十嵐幸一
演 - 飯田基祐
総務部課長。

第6話「新メンバー空気を読めない男が大暴走」[編集]

梶山太一
演 - 大倉孝二
営業推進部課長。「CONNECTICUT BURGER」の担当者。下落合の同期。空気が読めない言動でショムニへ左遷される。後にある出来事がきっかけで、営業推進部に復帰する。
寺内
演 - 小林隆
満帆商事社屋に侵入した泥棒。
スミス
演 - Don Johnson
アメリカのハンバーガーチェーン「CONNECTICUT BURGER」社長。

第7話「就職難女子 コネ学生に社内危機一髪」[編集]

越智いずみ
演 - 山下リオ
100社以上の入社試験に落ち続けている大学生。麗子の幼馴染で造り酒屋の娘。
四葉光聖
演 - 矢野聖人
満帆商事のインターン研修生。四葉銀行頭取の子息。フランス語が堪能。
本宮里琴
演 - 下宮里穂子
香山悟
演 - 井上尚
上記2名は四葉と同じく満帆商事のインターン研修生。
ロベール社長
演 - Gilles B
満帆商事と取引しているフランス人社長。

第8話「号泣…元カノ現れ、花嫁姿にサヨナラ」[編集]

浦川ナルミ
演 - 佐藤江梨子
ブライダル会社「奈良崎グループ」ウェディングプランナー。左門の元彼女。
吉川部長
演 - 長谷川朝晴
「奈良崎グループ」部長。

第9話「容疑者千夏? コスプレ事件に会社危機」[編集]

剣崎昴平
演 - 戸次重幸(最終話にも出演)
IT企業「フォローウィンドエージェンシー」社長。満帆商事の買収を企む男。船上パーティーを装って満帆商事の買収に成功し、ショムニメンバーや星野・下落合ら正社員を関連会社に出向、経営企画室の面々をショムニへ格下げ異動させる、左門を自分の秘書に就かせるなどの人事を行う。
最終的には価値がなくなった関連会社や満帆商事を売り払った上に全社員を解雇して、次に右京カンパニーの買収に乗り出そうとしていたが、ショムニら満帆商事の社員らと右京の活躍により個人株主の情報をハッキングによって盗んだことを自白した結果、それが映像によって暴露された上、マスコミに知られてしまい失脚。最後は専務・常務共々警察に逮捕された。
古谷専務
演 - 矢柴俊博(最終話にも出演)
「フォローウィンドエージェンシー」専務。
大河原常務
演 - 佐藤祐基(最終話にも出演)
「フォローウィンドエージェンシー」常務。

最終話「千夏さよなら…どうなる? 庶務二課」[編集]

満帆食品工場長
演 - 村松利史
豆腐一課リーダー
演 - 松本じゅん
豆腐一課の社員でリーダー格。豆腐二課に出向させられた千夏たちと敵対する。
豆腐一課社員
演 - 和泉今日子松山尚子、池浦后子
上記3名は豆腐一課のメンバー。
満帆燃料店員
演 - 江畑浩規
星野と下落合が出向させられたガソリンスタンドである満帆燃料の店員。星野より年が一回り以上下である。
コネチカットバーガー店長
演 - 佐藤みゆき
剣崎のSP
演 - 上谷健一、三洲悠暉
ハシム
演 - PANDA BYOMKESH
インドに住む大富豪。千夏に一目惚れしており、千夏の行方を捜していた。フォローウィンドエージェンシーによる買収事件の解決後、千夏に結婚を申し込むが、断られてしまった。
ベンジャミン
演 - MANSOUR DIAGNE
ハシムの部下。
サングラスの男
演 - TARUN、KUMUDU PERERA、FUOAD

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ FINAL第2話から「ジョージ&スミス社」によって満帆商事が吸収合併されたことにより、「ジョージ&スミス 満帆カンパニー(英称:GEORGE&SMITH MANPAN COMPANY 略称:G&S 満帆カンパニー)」に社名変更したが、第4シリーズでは元の「満帆商事株式会社」に戻っている。
  2. ^ FINAL - FOREVERは寺崎と岡野、第4シリーズは星野と下落合。
  3. ^ フジテレビ監修の鈴木俊介著・『小説 ショムニ』(講談社)より1998年10月15日初版発行の16・18ページ参考。第1シリーズ - FOREVERまでの席順は全てこれに準拠する。
  4. ^ 「ピーピーチーちゃん」というあだ名は、小学生時代に千夏が缶コーヒーを飲みすぎてお腹を壊したことから付けられた。第4シリーズではコーヒー牛乳に設定が変更されている。
  5. ^ 第1シリーズ第4話では、8月生まれだと劇中で語られていた。
  6. ^ その後、劇中内では屋台で男たちと遊ぶ場面が描写されている。
  7. ^ a b c d e f g h 第4シリーズ最終話エピソードより。
  8. ^ ただ庭園でお茶を飲んで微笑んでいただけで、実際に何をしていたかは不明。
  9. ^ 丸橋梅を演じていた宝生舞が2010年に芸能界を引退したため、過去の写真のみで登場する。
  10. ^ 第1シリーズ第11話エピソード。
  11. ^ 将来の目標がFINAL以降では満帆初の女性社長になることに変わっている。
  12. ^ 実は不倫の事実はなかった。
  13. ^ 結婚したという事実は劇中内では語られていない。
  14. ^ 早坂社長らと比べると絡みは少ないが、前川の煙草の銘柄やハンカチの趣味など把握していたり、「FOREVER」で佳奈に話を振られる度に「(ショムニまたは佳奈さん)の言う通りだ」と味方をするなどの描写がある。
  15. ^ 年会費は1000円、出品されるブランド品は相場の30%OFF。
  16. ^ 80年代に人気を博していた、アイドルグループ・「おワン子クラブ」の元メンバー・徳永桃子(芸名)だった。
  17. ^ 第2シリーズ後半では戸田のスケジュールが他の仕事とバッティングしてしまい、他の仲間との競演シーンが大幅に減ったため、「競歩競争に出る」「貸金庫に閉じ込められた」等の設定に変更している。
  18. ^ 戸田と同様に高橋もFINAL後半では他の仕事とスケジュールがバッティングしてしまったため、共演者との競演シーンが少なくなってしまい、「高熱を出した神谷をつきっきりで看病(祈祷)する」「予言で見えた黄金がまばゆ過ぎて早退する」等の設定に変更している。
  19. ^ 第4シリーズ第1話では冒頭のナレーションも担当。
  20. ^ ショムニスペシャル第2弾エピソード。
  21. ^ 詩織以外のメンバー。
  22. ^ 旧メンバーの丸橋梅に相当。
  23. ^ 旧メンバーの塚原佐和子に相当。
  24. ^ じゃんけんの勝敗で役職を決めたが、実際は詩織だけが印鑑をすぐに出せる状態で所持していたため(第4シリーズ第3話)。
  25. ^ 第4シリーズ第3話エピソードより。
  26. ^ 第4シリーズ第4話エピソードより。
  27. ^ 第4シリーズ第8話エピソードより。
  28. ^ 旧メンバーの日向リエに相当。
  29. ^ 旧メンバーの宮下佳奈に相当。
  30. ^ 実際に男性と関係を持った人数は本人ですら把握していない。
  31. ^ 旧メンバーの徳永あずさに相当。
  32. ^ 人事部が発令した人事異動によって、千夏が1週間の期限付きで秘書課に出向することになったため、美園は入れ替わりで庶務二課に出向していた(第2シリーズ第6話)。
  33. ^ このエピソードでも千夏は一時期、秘書課に異動していたが、美園は異動することなく秘書課に在籍していた(FINAL最終話)。
  34. ^ 第2シリーズ第1話とFINAL第1話。
  35. ^ FINAL最終話では焼き鳥屋の屋台を、FOREVERではおでん屋の屋台を営んでいる。
  36. ^ FINAL最終話エピソードより。
  37. ^ 第1シリーズのみ、下の名前が「賢治」となっている。現在の名前はショムニスペシャル第1弾から採用。
  38. ^ 第2シリーズ第8話エピソードより。
  39. ^ FINAL第1話の劇中内で語られている。
  40. ^ a b 第4シリーズ第2話エピソードより。
  41. ^ 前シリーズでの右京友弘に相当。
  42. ^ 前シリーズでの杉田美園に相当。
  43. ^ 前シリーズでの神谷真太郎に相当。
  44. ^ 坂巻がまどかにヘッドハンティングの誘いを持ちかけたときに、「いつまでゴミだめのような会社にいるつもりだ」と話していた。

関連項目[編集]