ショーの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショーの森の悩みは使用されなくなった鉄道やいくつかの道路は森内にあることである。
ショーの森の木材は赤い字で示したルー川を下って運ばれた
アル=ケ=スナンの王立製塩所からのドゥー川も利用した、赤点線のローヌ川ライン川運河によっても運ばれる予定であった。

ショーの森(ショーのもり、フランス語: Forêt de Chaux)はフランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏に所属するジュラ県ドゥー県にまたがる国有森で、フランスでオルレアンの森に次いで2番目に大きな森である。近くの一番大きな都市はブザンソンである。

地理[編集]

ショーの森はフランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏に所属するジュラ県ドゥー県にまたがる国立で、ジュラ山脈の東の平地を占める。面積は20,493ヘクタール(幅約16km、長さ28km)あり、フランスでオルレアンの森に次いで2番目に大きな森である。 [1] 近くの一番大きな都市はブザンソンで、森はそこから南西へ30キロメ―トルの位置にある。 [2]

歴史[編集]

ショーの森の木材の開発は13世紀ごろ始まり、森内のルー川(Loue)からドゥー川ソーヌ川を経由してローヌ川を下り、地中海まで運ばれた。

フランシュ=コンテルイ14世時代の1678年にフランス領となり、木材が海軍に必要ということで王領となった。近くでアル=ケ=スナンの王立製塩所が設立され、森の木材を使って塩水を煮詰めてを取る計画もあった。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ショーの森 (フランス語)
  2. ^ 留学生不明、捜索範囲を拡大…森に加え運河も (読売新聞、2017年1月)