ショータ・ハバレーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショータ・ハバレーリ
基本情報
ラテン文字 Shota Khabareli
原語表記 შოთა ხაბარელი
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
出生地 ジョージア (国)の旗 ジョージア
生年月日 (1958-12-26) 1958年12月26日(60歳)
身長 178cm
選手情報
階級 男子78kg級
引退 1986
 
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
柔道
オリンピック
1980 モスクワ 78kg級
世界柔道選手権
1983 モスクワ 78kg級
テンプレートを表示

ショータ・ハバレーリグルジア語: შოთა ხაბარელი ラテン語: Shota Khabareli1958年12月26日 - )ソ連グルジアシダカルトリ出身の柔道家。身長178cm[1]モスクワオリンピック金メダリスト。ジョージア(日本での旧称グルジア)の格闘技であるチダオバで使われているガダブレバ(横崩し)という技を、柔道のルールに合うように改良したというハバレリ(のちの帯取返)という技を盛んに使っていた選手である[2]

概要[編集]

グルジア国立大学体育学部卒。1977年に代表メンバーに選出される。1979年ヨーロッパ柔道選手権大会で銀メダル。勢いに乗ってオリンピックで金メダルを獲得した。

その後も国際大会で何度か優勝したもののロサンゼルスオリンピックではソ連代表がボイコットをしたため出場できず涙をのんだ。1986年2月の大会を最後に現役を引退。一時期はグルジア代表監督を務めていた。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Shota Khabareli Biography and Olympic Results
  2. ^ 「海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム」 青弓社 202頁 ISBN 978-4787233158